2011年11月26日

古布「縮緬暮らし」

bcde.jpg
縮緬には優しい光が似合います♪


夢二が生きていた頃の布が好きです。

骨董市や東京中の古布屋さんを回り

長年集めてきた布たちの中でも

その時代の縮緬は特別の存在。

近頃は大変高価になってしまい残念です。

b621.jpg
あでやかな大正頃の縮緬

ただ手にとって眺めるだけでも

幸せ感じます。

寒い夜に外を歩いていて

民家の明かりをふと目にしたように

心に暖かな思いが寄せてきます。

時々 創作が好きなのか それとも

古布が好きなのか はっきりしない。。。

きっと両方なんだな〜

新しい縮緬でお細工物など作っても

何故か良い味が出ない。

ポリエステル縮緬なんか論外。

ま、丈夫でいいんですが(笑)

でも私は絶対古布が好きなんです〜。

古布にしろ アンティークにしろ

なぜ人は古いものに惹かれるんでしょうね。。。

きっと色んな時代の人々の

愛情や生活や幸せな気持ちが

そして時には人生の悲哀が

その品を通して感じられるからかもしれません。

多くの人の手で大切にされてきたものが

今 自分の手にあること。。。

4a1d.jpg
大胆な市松に大輪の花

これを着ていた人は

どんなに美しかったのか

30a9.jpg
白椿

何枚かお譲りしてしまったけれど

未だに大好きな布

15,6年ほど前に

目黒の「池田」で一着分買い占めました。

帰り道 懐は寒かったけど

心は満たされていたっけな〜

この布もそろそろ100年近くになるのかな〜。

33c6.jpg
これはどこかおきゃんで可愛い日傘もようの一越縮緬

買った時はみすぼらしかったけど

洗ったら色が冴えてこんな綺麗に。

多くの職人の手仕事による

当時の染色技術のすばらしさが

凝縮された布です。

こちらの布。。。これはもうアートです。
283b.jpg
詩情あふれる春の野の世界

a335.jpg
今見ても新鮮なデザインです。

春風に舞い散る桜に

雛菊、すみれ、たんぽぽ。。。とくれば

もう乙女の夢の世界

これはハサミを入れられないな〜

ところで 縮緬にはシボというものがあり

これが布の表面にえもいわれぬ特有の味を

かもし出しています。

普通のシボがざらっとしているものの他に

ごつい感じのシボの鬼縮緬とか

ぐっと細やかなシボの上品な一越縮緬や

微細なシボでほとんどツルっとした感触の

錦紗縮緬などが代表的ですが

他にも小浜だとか東雲(しののめ)だとか

壁縮緬やお召し縮緬、綸子縮緬などなど

たくさんの種類があります。

なかでも錦紗縮緬は大正〜昭和初期にかけて

子供や女性用の着物に沢山使われたようです。

あ〜この時代に生まれたかったな〜。

でもこんな縮緬が着られたのは

ごく一部のお金持ちや特権階級だったらしい。。。

でもそこはそれ

捨てる神あれば拾う神ありと言うでしょ。

庶民にだって「唐縮緬」(とうちりめん)と呼ばれた

素敵なメリンス(モスリン)があったもんね。

そのお話はいつかまた。。。

(早春に書いた記事です。

やっと投稿できました〜汗)

。。。。。。。。。。。。。。。。

今日もお読みいただきありがとうございます。

いつも沢山のアクセスをいただき感謝感激です。

皆様のブログへ時間のある限りお邪魔するのが精一杯の

この頃なのでコメント欄はただ今お休みさせて

いただいております。ごめんなさいね。

posted by おとめ at 11:16| 布たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

江戸縮緬で春が来た!

3694.jpg
片袖分の江戸縮緬


この布に一目ぼれしてウン十年。。。

未だにハサミを入れられず

時折出しては眺めています。

明治の初期頃のものでしょうか。

山繭でとても柔らかく

せみの羽のように薄い布。

これがすごいんです!

いかなる絵師によるものか。。。

江戸生まれの人だね、きっと。

この小さな一枚に季節感が一杯。

9ebc.jpg
寒雀

掛け軸にもなりそう。。。

5f68.jpg
じゃれる猫と犬

これは鳥獣戯画の伝統に習った

いつの時代にも可愛い図柄。

9cb9.jpg
梅にうぐいす

f413.jpg
桜と鳩ぽっぽ

ほらほら

今の時期にぴったりでしょ。

冬から春への風情に満ち溢れています。

こんなすごいものを

昔の人は着ていたんですね。

この布は襦袢(下着)だったのかな〜?

あなたのご先祖様も

私のひいひいお祖母ちゃんも

着てたかも。。。

普段は絣のモンペかジーンズで

ユニクロのTシャツもヒートテックも

わたしゃ好きですが その一方で

こんな贅沢なもの着ていた昔人には

深い憧れを感じます。

世界のどこ探してもこれほど繊細で

芸術的な布あるでしょか。

大事にしないと

バチがあたるかも。

寒い寒いといいながらも

こんな布を見てると

もうすぐそこに来ている

春を感じて嬉しくなります。

これ着ていた人も きっと

そうだったんだろうな〜♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪





posted by おとめ at 12:10| Comment(12) | TrackBack(0) | 布たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

100年前の縮緬パッチワーク

c4cc.jpg
古布「江戸縮緬のパッチワーク」

こちらは100年くらい前の

明治の縮緬パッチワークです。

下手すりゃもっと古く

1800年代のものかも知れません。
94ef.jpg

パッチワークは日本にも昔からありました。

こちらはすべて江戸縮緬をはいだもの。

江戸末期〜明治時代の布を

こう呼びます。

これが半襦袢 つまり下着だったなんて

けっこう半端じゃなく派手!

昔の人は贅沢なものを着ていたんですね。

いえ当時は贅沢じゃなくて

節約や「もったいない」の心だったんです。
cef3.jpg
こんな小さなハギレも丁寧にはいで。。。

布をいとおしむ気持ちが伝わってきます。

後ろ見頃の下の部分の布は特にすばらしいです。
de65.jpg
琵琶のような楽器にざくろの柄
2aed.jpg
金糸もまだかすかに残っています。

山繭という野生の繭からできた絹なので

羽衣のように薄くはかなげな布です。

これを作っていた人がいかに

この布を愛していたかがわかります。

上部のパッチワークはこの布を

生かすためのいわば引き立て役。

というよりお互いに

引き立てあっていますね。

この部分の布は紅花染めで 紅花は

昔の女性の下着には無くてはならない

天然染料でした。

7ae1.jpg
うっとりするような明治の染め

1c51.jpg
じつに繊細です。

ad19.jpg
あでやか

6483.jpg
昔の布は多くの職人によって染められました。

布を織る職人

図案を描く職人

型を起こす職人

そして染める職人など。。。

すべて手作業です。

そしてもう一人の職人がいます。

それは「時」です。

長い年月によってこそ生まれる

特有の色合い。。。それが

江戸縮緬の最大の魅力。

年々貴重になり 高価になりましたが

今も尚 古布ファンを魅了します。

現代の機械と化学工程で染められた縮緬も

それなりに丈夫で実用的なのですが

特有の色のきつさと堅さ

テラテラした感じがどうも。。。

それに 一度昔の絹を触ってしまうと

その手触り、雰囲気のとりこになります。

やはり一般に着物が着られていた時代の布が

好きです。

これを作った人がもしタイムスリップしたら

着物を着ている人がほとんどいない

現代の町を見て卒倒するでしょうね。

いや、案外Tシャツなんか気に入ったりして(笑)

渋谷の109に入り浸るかも知れません。

それにしても

これを見ていると布の素晴らしさ

布の命、布の扱い方。。。すべて

教えてくれるような気がします。

953a.jpg
タペストリーがわりに

時々飾っては楽しんでいます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪



posted by おとめ at 12:13| Comment(10) | TrackBack(0) | 布たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

古布でシンプルポーチ「うさぎ柄」

*古布でレトロな柄を楽しむ

きょうは昨日に続いて

シンプルポーチのご紹介です〜♪

来年の干支はうさぎ

そこで。。。

うさぎ柄の大集合!

f22b.jpg
可愛いうさぎさんの携帯ポーチ

56d3.jpg
ぞうさんにのったうさぎさんなんて

大正時代ならでは♪

大好きな柄ですが

わりときつい色調だったので

淡い感じの銘仙をあわせたら

ほどよくなりました。

867e.jpg
裏側

こんなのも。。。

55e9.jpg
バネうさぎ??

奇想天外な柄がインパクト一杯。

うさぎのはねるオモチャでしょうか

大正モダニズムの影響が濃い

こんな突拍子もない図柄に

よく出会います。

8aeb.jpg
裏側。ラジオのマイク?

現代の布ではこんなオモシロさは

まず味わえません。

5821.jpg
こちらもオトボケな表情のうさぎさん

ダルマさんとミスマッチ。

2c1a.jpg
裏側 「コドモ」なんて書いてあります。

紙風船やパラシュートなどが時代ならでは。

9d4c.jpg
裏布もちょっと面白い柄で

遊んでみました。

紐先飾りも2色でちょっぴりコリコリ。

こちらは↓

7fcc.jpg
ちょっとそこまでお買い物のうさぎさん

d5e0.jpg
お供はアヒル?

これも強烈な配色の布なので

銘仙が脇役になって大活躍。

脇役あっての主役です♪

うさぎといえば。。。

そう カメさんですよね〜。

PC010943.JPG
うさぎとカメの柄も

昭和レトロな布の定番

原稿用紙に書かれた

童謡がいいですね♪

63f9.jpg
これもうさぎとカメ

bd73.jpg
カメさんに追い抜かれた

うさぎの表情がなんとも。。。

。。。。。

ジャン ジャジャジャジャン

ジャジャジャジャン

ジャジャジャ ジャジャジャ ジャジャジャ

♪じ〜んせい ラクありゃ 

苦〜もあ〜る〜さ〜

くじけりゃ だれかが

さ〜きにゆく〜〜〜

あ〜とか〜ら〜来た〜のに

お〜いこ〜さ〜れ〜

泣くのがイヤなら〜さあ〜ある〜け〜♪

この紋所が目に入らぬか!!

はは〜〜〜〜い

m(_ _;)mオ、オユルシヲ・・・

5dcb.jpg
後ろ側 ゴール?

このカメさんみたいに

なりたかったけど

今年の年の瀬も うさぎみたいに

せかせかして いつの間にか暮れ

いささか 息切れ状態です〜(汗)

でも 何はともあれ

大正〜戦前にかけての

こんな布たちも 今見ると

なかなかどうして 新鮮ですね♪

大正モダニズムには

本当に頭が下がります〜!!

リボン作品のご購入・ご質問などはショップ「乙女小箱」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪

posted by おとめ at 12:53| Comment(6) | 布たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

古布でシンプルポーチ「わんにゃん柄」

*2色使いでシンプルに

PC010941.JPG
鮮やかな昔の子供着物の古布たち

時々ふと思います。

この世に色彩というものが無かったら

どんなに寂しく

味気ないことかと。。。

冬の東京の街を歩いていると

黒っぽいコートが目立ち

(そのくせ自分も黒いダウンで)

何か気分まで灰色になりそう。。。。

そんなとき心慰めてくれるのが

上のような可愛らしい布たちです。

なかでも動物柄やお人形柄が大好きです。

PC010942.JPG
うふん 目の中に入れても。。。って感じ♪

犬や猫のわんにゃん柄は子供着物に多いです。

先日のスカートでもご紹介した

こんな昭和レトロな布たちで

ごくシンプルなポーチを作りたい!

でもそのままでは

まるで芸がありません。

そこで!

引き立て役の布が必要になります。

たとえばこんな布↓

PC010940.JPG

子供着物とは対照的に

おっかさんや大人のお姉さま達が着ていた

地味な小紋柄や大島紬など

シックな布たち

一見何の変哲も無いこうした布こそ

2色使いのポーチなどで大活躍!

まるでゲームみたいに

相性の良い二つの布を

あわせて遊び

↓今まで作ったわんにゃんポーチたちです〜

61da.jpg
子猫の携帯ポーチ

これは反対色がきき色になって

猫柄が一層ひきたっていますね。

17a5.jpg
うら側

もう一つ反対色の例を↓

3d4b.jpg
大事な大事な子猫ちゃんの布も

ペパーミントと暗いモスグリーンの

地味な格子柄をあわせて

53fc.jpg
猫の表情も生き生き  

なんてかわいいんでしょ

乙女〜な猫さん!

a923.jpg
裏側は薔薇の花

ちなみに口金はバネになっていて

こんな風に片手で開きます。
b236.jpg

こんどはわんちゃんの

デジカメ入れです

1b09.jpg
こちらは大島をつかってみました

851a.jpg
いたずらっぽい顔がたまりません♪

大島と犬の柄のダークな色調が

一層犬のしぐさをひきたててくれました〜。

ループエンドはブルーグレーの絞り布。

時にはむずかしいこともありますが

配色遊びをしていると

不思議と たくさん作りたくなります♪

がんばっちゃいましたよ〜

8a63.jpg
これは花柄の可愛い木綿友禅が

ほんのちょっぴりあったので

無駄なく使いました。

f08b.jpg
可憐な表情の猫さん

7b59.jpg
裏側は手まり

メガネケースです。

キルト芯が入っていてふっくら。

そして一番のお気に入りは。。。

bd47.jpg
子供達と猫

こちらは藍大島の端布を合わせました。

40eb.jpg
大正時代の子供も

こんな風に猫と遊んでいたんだな〜

d2e2.jpg
裏側は木馬で

少年の夢が一杯♪

。。。。。etc.etc.

心をうんと和ませてくれる古い布たち。。。

じっくり味わいながら作りました。

リボン作品のご購入・ご質問などはショップ「乙女小箱」
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪

posted by おとめ at 06:44| Comment(4) | 布たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

古布・昭和レトロな子供着物でスカート

♪おうまのおやこはなかよしこよし

いつでもいっしょに

ぽっくりぽっくりあるく〜〜〜♪

。。。。。。。。

。。。。。。。。

えっ? やっぱ古い?(^^;)

だって 私は

レトロな乙女ですもん〜。

今も昔も変わらない子供達。。。

f196.jpg
戦前(1930〜40年頃)の古布。モスリンです。

ビンテージ(Vintage)布というのでしょうか。

アンティークとまではいかないのですが

こんなレトロで可愛い布が大好きです〜。

特に子供の柄や

動物柄など。

ほとんど大正〜戦前頃(1920〜1940)

の子供着物の布ですが

見ると買わずにいられません。

一杯集めました〜。

その中から特に大切な布たちを

パッチワークしてみました。

たとえば。。。

こんなのや

ae77.jpg
大好きな猫や犬 それに

夕焼けこやけの

童謡の文字が見えますか?

b916.jpg
こんなのも。。。

ぬいぐるみのトラがいいですね♪

229a.jpg
水遊びの子供達もかわいいでしょ。

好きな布をつなげて

798c.jpg
つなげて。。。

eb63.jpg
ほつれたところや

汚れなどは

アンティークのレースや

リボンで隠しました。

それが

ついでに可愛いアクセントにも。。。

実はこれ

afcf.jpg
スカートでした〜。

8fb4.jpg
反対側

なんだか とっても

幸せな気分になれるスカートです。

子供着物を服にするのは

ちょっとむずかしかったのですが

どうしても作りたくて。。。

裏地もつけて 

一年中着用できるようにしました。

色をシックに抑えたので

なんとかこの年でもはけるかな〜?(笑)

🎀作品のご購入・ご質問などはショップ「乙女小箱」
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

posted by おとめ at 22:41| Comment(2) | 布たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

落ち込んだときは その2

*自分の世界で遊ぶ〜レトロで可愛い布たち

ヘロヘロ人形メガネポーチ.jpg
グッド(上向き矢印)ヘロヘロ人形のメガネケース。

口金はパックンと片手でひらくタイプです。

ふっくらキルト芯が入っています。
。。。。。

人生なんだかんだと思い通りには

いかないものですが。。。

落ち込んだとき

皆さんはどんな解決法を

実践なさっていますか?

私が思うに 時間のゆとりがあれば

好きなことをするのが一番かな〜?

要するに道楽ですね。

別にお金持ちじゃなくても

人間には何かしら道楽って必要では

ないでしょうか。

お酒、煙草、スポーツ、旅行

お洒落する、ブランド品を買う

習い事をする、本を読んだり映画を見る

ギャンブル。。。

おっとそれはやばい

宝クジくらいにしておきましょう。

私にはこういうものが一番:
Cam_7663.jpg
グッド(上向き矢印)昭和の初め〜20年代の布たちです

可愛い子供着物を解いたものばかりです。

特にお人形柄が好きで集めています。

貧乏な私でも買える値段のものが多いですし(笑)

右側の布は:

Cam_7673.jpg
グッド(上向き矢印)こちらはLUNCOで買ったもの

「オモシロ柄」で有名な蘭子さんのお店は

目白のひっそりしたたたずまいの中にあります。

蘭子さんはとても陽気で楽しい方。

以前は人形の老舗「たけひ」で

よくお見かけしました。今はお忙しくて

なかなか。。。

あ、「たけひ」の社長さんもとても面白い方です。

お人形は高くて買えませんが(笑)

古物免許とった直後は

お世話になりました。〜これは

業務連絡です〜(笑)病気になってから

仕入れに行ってません。ごめんなさ〜い。

業務放送終わり〜。

Cam_7674.jpg
グッド(上向き矢印)同じ布。こちらはヘロヘロ人形

ヘロヘロ人形というのは言わば

文化人形のミニチュア。

大正〜戦前生まれの方には特に懐かしい

お人形だと思います。

なんか完成されてない 描き殴ったような

お顔がまた可愛いんですよ〜

Cam_7668.jpg
グッド(上向き矢印)私のヘロヘロ人形たち。

椅子に縫いつけられたままなんです〜(;;)

デッドストックだったのかな。

はずすのも恐いし、そのまま(汗)

手編みのストローハットやバッグはペルーのもの。

そして忘れてならないのが。。。

乙女な世界の極めつけ!

Cam_7664.jpg
グッド(上向き矢印)中原淳一デザインの布

これでも着物の布です。

最近中原淳一が見直されていますが

私が乙女の頃は内藤ルネさんとともに

本当に憧れの世界でした。

背伸びして「それいゆ」なんて見てました。

いつかご紹介した:

乙女〜なバッグ.jpg
グッド(上向き矢印)乙女〜なバッグになった布です。

こんな風に好きな布を眺めていると

だんだん心のカサブタもとれてきて

癒されます〜。

いい年をして。。。と思われる方も

いらっしゃるかもしれませんが

(そう思うのも当然だけど)

私にとっては大事な大事な

心の道楽場 なのです。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

posted by おとめ at 16:02| Comment(8) | 布たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする