2013年10月07日

古布・ブローチ「江戸の粋な女たち」

1006100304257.jpg
古布・ブローチ「江戸の粋な女たち」です〜♪

粋な女性が熱心にお稽古をしたり

語り合ったりの素敵な古布で作りました。

。。。。。。。。。。。。

「雀のお宿」

壮大な宇宙から見たら

一瞬のまばたきにもならない人間の一生。。。

そんな中でも 誰でもそれぞれの小さな

銀色に輝く砂時計をもっていて 

砂のひとつぶひとつぶが

貴重な経験でできている。。。

どんな小さな砂粒のような経験でも

最後にはそれが集まって

一人の人間の銀河になる。。。

無駄な粒は一粒も無いのです。

そんな気がします。

またまた昔話で申し訳ないのですが。。。

これは私がはるか昔に見た

そんなちっぽけな砂粒の一つ

「雀のお宿」のお話です。。。

。。。。。

あのバブルなんていうものが

誰の頭にも浮かばなかった時代

私が貿易会社で秘書をしていた頃のお話。

秘書というと聞こえがいいですが

要するに雑用係りです。

国際電話の応対や貿易書類の作成

出荷の為の船や飛行機の手配、

テレックスでの通信

(まだパソコンなど影さえも無く)などといった

通常の貿易業務の他に、お茶汲みや使い走り

簿記から はたまたトイレ掃除まで 

ありとあらゆる事をやらされました。

でも若くて健康だった私は

その仕事が大好きでした。

ある日社長命令で

海外からのお客の接待を

おおせつかりました。

大事な大口のお客なので

まずは歓迎ディナーの用意から。

「料理が美味しくて 

外国人が泣いて喜びそうな場所で

予算は〇〇万くらい。。。」

難しい注文でした。責任重大です。

お客様は二人のイギリス人とオランダ人が一人

それぞれ奥方を連れておいでです。

初めての経験だったので不安で一杯でしたが

電話帳で私は必死で探しました。。。そして!

ついに見つけました。老舗の日本料理屋を。

大黒屋さんという名前でしたか、

料金もまずまずで、なんと芸者さんも呼べるとの事。

場所はたしか浅草に近い三筋あたりでした。

ところが! 実際に行ってみると 

大正時代の焼け残りか?

と思えるほどの廃屋に近いような

古い古い一軒屋で。。。

まだまだレトロブームは先の話なので

洒落た店構えの小奇麗な料理屋さん

を想像していた私は思わず絶句しました。

もう冷や汗ダラダラ。。。

ぎしぎしと薄暗い階段を昇って

社員数名とお客達が2階の座敷へ上がり

私はどんどん不安になってきました。

「こんな古い家で。。。大丈夫かな〜」

そのうちにお料理が運ばれてきました。

美しく飾られたお膳。。。口取りに美酒。。。

味はとても良かったので少しほっとしました。

お客達もレトロな室内が

かえって気に入ってくれたようです。 

私は「サムライハウス」とか何とか言って

ごまかしてました〜(笑)

宴もたけなわになってきた頃 ついに

現れました〜〜〜!粋なお姉さんたちが!

間違いなく年配のどっしりとした芸者衆

だろうと想像していたのですが

なんとなんと

輝くばかりの妙齢の綺麗どころがお二人!

三味のお姉さま方もご一緒に。

まだお酌さんなのか。。。

半玉修行を終えたばかりのような初々しさ。

京舞妓のような振袖姿でした。

揺れる花かんざし。。。

「ウソだろう〜っ!?」というような殿方達の表情を

私はしっかりと見ましたよ。

あでやかな絹ずれの音と共に

三味に合わせて優雅に踊るは 歌うは

その麗しいこと!

まるで竜宮城の浦島太郎か はたまた

スズメのお宿のじい様気分で

みんな大喜び!

そして始まる芸者遊びは。。。

あんなに楽しいものだとは知りませんでした。

要するにみんなで遊ぶゲームです。

女性もいるのでハメは外しません。

とても上品な遊びで笑い声が絶えませんでした。

立ったり座ったり けっこう動作も入るので

早く酔いが回るようにはなってますww

あとにも先にも私の芸者遊びはあの時だけ(笑)

そして思ったのは あの若さでプロとして

見事に外国の客をもてなす芸者さん

その偉大さです。。。

だいぶ脱線してしまいました。

100610054610.jpg
写真はそんな芸者衆。。。あるいは

遊女さんかもしれません。ともかく

粋筋の女性が描かれた古い羽裏地

と帯地などで作ったブローチです。

大好きな布で大事にしていました。

江戸時代の遊女や芸者衆の中には

下手な学者よりも博学の方がいたそうです。

そんな人達はやはりそれなりの素敵な旦那衆に

尊敬され、大切にされたのでしょうね。

後日談ですが、昼間会社で殿方が商談中に

奥方様達の東京案内をおおせつかり

私はあの芸者さん達に負けないよう

ホテルのだだっ広い部屋へ迎えに行き

張り切ってあちこちお連れしました。

銀座のデパートでは見ること、買うこと!

あの頃の日本のデパートは最高でしたもの。

木村屋の二階で一息ついて色々お話もしました。

夜は殿方達と待ち合わせをして

高級な鉄板料理を。。。私も遠慮なく。。。

経費で。。。すみません。。。

その後数週間たって お客から

大口の注文が入りました〜。

その時テレックスで交信していた私は

狂気しましたっけ。社長も大喜びです。

あれから何十年もたって 懐かしくなり

あの料理屋を探しましたが 見つかりません。

今だったらあの廃屋のような家も

かえって人気が出るだろうにと残念です。

今ではあれはひょっとすると

幻の雀のお宿だったのかな〜

なんて思います。良い時代でした〜。

誰もが上向きの日本を信じ 

希望に燃えていました。

時代も まだまだバブル期のような

なんでもお金。。。ではなく

どこかに日本の心がかすかに残っていました。

それからバブルになり 友達や知り合いの

株や土地の持ち主が「アンタどしたの?」

と言いたいくらい天狗になっちゃって。。。

と思うまもなくシャボンははじけ

年功序列が崩壊し 苦しい時代を迎え

私の弟や友人もリストラされました。

まあ〜なんとかやってますが。。。

あれからなかなか回復しない日本

国際化やグローバル化に食傷気味になって

でも流されて いじけ気味の日本。

戦後すぐ何にも無い時代に生まれた私達と

「何でもアリ」の時代に生まれ大きくなった若者達

(そのワリにはしっかり者も多いようですが)

その世代間の軋轢も怖いです。

先の大震災の後遺症や原発問題

追い討ちをかけるように消費税が上がり。。。

経済面の事をだけを考えると

回復はまだまだかも知れませんが

「人が幸せを感じる国」 なら

ひょっとしたら。。。

まだなんとかなるかも知れません。

いや、必ずなってほしい。。。

世界を見回せばそういう国はたくさんあって。

日本だってかつては。。。たとえば

貧乏国であっても庶民はみんな笑顔で

気品があり、人には思いやりを忘れなかった

江戸末期の日本。。。外国人をびっくりさせた国

またそんな国になって欲しいと 願わずにいられません。

がんばろうね、日本!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
長々とつまらない思い出話を
最後までお読みいただいたあなた
本当に良い方ですね〜!

ありがとうございました。m(__*)m

お陰さまで以前よりは更新ができるようになりました。
これからもどうぞ宜しくお願いします〜。



posted by おとめ at 08:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

古布・絽の髪留め

052616142127.jpg
古布の髪留め 絽です。
アンティーク着物にはぴったり。


そろそろ衣替え。。。

単(ひとえ)の時期です。

紗あわせや絽縮緬

夏結城に夏大島などから始まって

盛夏には小千谷縮み、上布、絽、紗。。。

日傘をさしてはんなりと。

あ〜いいなあ 着物の世界は。

昔の人は夏でも着物を着ていましたが

明治34年生まれの祖母でさえ

夏はアッパッパがいい〜と言って

ネグリジェを加工したようなムームードレスを着て

着物はあまり着なかったものです。

大正〜戦前頃の夏の着物が、色といい柄といい

どれもこれも格段に素敵なのは

絶えられない酷暑でも着物を着せようという

織り手や着物製造者、はたまた

呉服問屋の魂胆だったのじゃないかという気が

しないでもありません。

だって素敵な布が多すぎます。

特に絽は柄も撫子、蜻蛉、秋草、流れに蛇籠などなど。。。

浪漫あふれる意匠が一杯。

絽の手描き友禅などはもう芸術品です。

ともかくそんな大好きな夏の着物地の代表「絽」

で作った髪留めです〜。

大正浪漫な花柄にはちょっと刺繍をして

透明な色合いのビーズもつけて

お化粧してあげました。

周りは古い時代の絞り(もちろん手絞りの)を

コード状にして縁取りにしました。

ここはちょっと神経を使います。

0526160842483.jpg
裏はクレープ地のような夏の正絹黒地を貼ってさっぱりと。

昔は細かい押絵を施したものや色んな髪留めを

たくさん作っていましたが、

久しぶりに作れてとても楽しかったです。

着物の時もいいですが、私は普通の洋服でも

気軽につけています。

日本ならではの季節感を手軽に味わえて

私のような万年ロングヘアーでもさっとまとめて

優雅に見せてくれる優れものです〜。

ショップにアップさせていただきました♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
今日もお読みいただきありがとうございます。

季節の変わり目、皆様どうぞご自愛下さいね♪

posted by おとめ at 22:22| 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

おみやげ作り

PB130811.JPG
古布つなぎのストール

主人のことではご心配ばかりおかけして

なんだか心苦しく。。。

本当に申し訳ありません。

でも~

一晩寝て朝日をあびたら

また元気が出てきました〜♪

皆様の暖かい励ましと応援のおかげです〜!

この辺で気分を入れ替えて

気分を一新して針仕事です〜。

明日スーとまた会うので

彼女へのおみやげにこんなもの作りました↑

古布の小さなハギレをつないだストール

時間のあった時に少しづつつなげて

いつの間にかできました〜。

外国人の友達には いつも

古布で手作りのものと決めています。

小さな小さなハギレで作れば

お金もかからないし

とっても喜ばれます〜。

PB130812.JPG

黒い錦紗に色とりどりの古布が

とても綺麗です〜。

できあがったらあげるのが惜しくなっちゃった(笑)

PB130814.JPG
一枚一枚見るのも楽しい。。。

PB130813.JPG
なかなか良いです〜♪

彼女今日はなんと あ、あの

コシノ・ジュンコさんと打ち合わせ!

それを聞いて思わずのけぞった私。

女優業から監督業へと転換中のスー

新しい映画を企画中で

コシノさんの衣装を採用したいとか。

ヨージ・ヤマモト イッセイ・ミヤケなどの

ファッションショーに出ていたスー

コシノさんと言えば

モデル時代には雲の上の人だったのに

今は立場が逆転の様相に。

ハリウッドはコシノさんにとって

またとない市場かも。。。

「会っていただけるんですか?!」とコシノさんに言われ

腰の(コシノ?)低いスーは思わず

「もちろんですとも〜!!!」と本音が出たそう。

夫はこのニュースを聞いて喜んでいましたが

私はなんだか身近に感じていたスーが

だんだん遠い存在になってしまうようで複雑。。。

あのスーがねえ。。。

誕生日のパーチーでは

鼻の頭にクリームをくっつけて

無邪気にケーキを食べていたっけ

酔っ払うと「てか〜〜〜」を連発!

底抜けに明るいスー

ペルー人のボーイフレンドが亡くなったときも

ミサではきちんと挨拶をして

気丈に振舞っていたスー。。。

私が元気無いとき

スパイシー・チキンとサラダの

手作りのディナーを作ってくれたスー

。。。。。。。。。。。。。

色々思い出しながら

小さな小さな布をつなぎました。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。












posted by おとめ at 22:10| Comment(4) | 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

錦紗のブレスレット

Cam_0731.jpg
グッド(上向き矢印)この上なく柔らかな錦紗で作ったブレス。

*売約済みです。ありがとうございましたm(_)m

。。。。。

日本のアンテイーク布はすばらしいですね♪

ブレスレットが好きです。

アクセサリー作りでもブレスレットをつい作ってしまいます。

それは

ブレスレットはどのアクセサリーよりも

つけた時おしゃれな感じがするからです。

どこか粋な感じにもなります。

普通のジーンズとセーターの服装でも

ちょっとしゃれたブレスレットをすると

たちまちおしゃれ度が増します。

外国に行くとおばあさんが

とても可愛いブレスレットをしていて

見とれてしまうことが何度もありました。

いくつになっても自分流のおしゃれがしたい!

という意気込みで

良い物をつくりたいな、と思います。

.......................................................

いつもお読みいただきありがとうございます。
posted by おとめ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

明治の帯地でブローチ

Cam_2569.jpg
グッド(上向き矢印)明治の帯地でブローチです。アンテイークビーズがアクセント。

このところアクセサリー作りが続いています。

細かい作業なのでなかなか沢山作れません(^^;)

アンテイークビーズは17〜18世紀の

アフリカのものです。赤いのはカーネリアン、

金色のものは真鍮でいい味わいがあります。

アフリカのビーズと日本の布で

以外な出会いです。
Cam_2570.jpg

明治の帯は金糸、銀糸がふんだんに使われ豪華です。
Cam_2571.jpg
グッド(上向き矢印)裏もちょっと凝って、江戸紅花染めの手織り布を使いました。

シックで大人っぽいブローチです♪


.......................................................

いつもお読みいただきありがとうございます。
posted by おとめ at 21:22| 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

押し絵・お人形のブローチ

Cam_2551.jpg
グッド(上向き矢印)小さなお人形のブローチ。お洋服は古い錦紗です。

ずっと前に作った押し絵のお人形のブローチです。

押し絵のブローチはほんの僅かな布でできるので

貴重な布をムダにせず生かす事ができます。

押し絵をする時間は

最高に楽しいひとときです。

昔遊んだお人形を思い出して、「おばあさんになっても

お人形遊びやおままごとしたいな〜」なんて

思いながら作りました♪

.......................................................

いつもお読みいただきありがとうございます。
posted by おとめ at 17:31| 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

古布のアクセサリー・羽織ひものブレス

Cam_2508.jpg
グッド(上向き矢印)アンテイークの羽織ひもと古布のブレスレット


ただ今アクセサリー制作中!

羽織ひもってすてきですよね。

私はよく古布の服のアクセントなどに使います。

写真のブレスは羽織ひもに古い帯地や縮緬を組み合わせ

19世紀のアンテイークビーズや木ビーズ

アジアの銀ビーズなどをあしらってみました。

古布と以外に相性がいいようです。

縮緬は本当に小さなはぎれを細かくつなぎました。

他にも何点か制作中なので

数がまとまりましたら

近くショップの方へアップさせていただきます。

お楽しみに♪

。。。。。
*売約済みです。ありがとうございましたm(_)m

........................................................

いつもお読みいただきありがとうございます。
posted by おとめ at 22:42| 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

押し絵の髪飾り

Cam_2328.jpg
*古い縮緬の押し絵で作った髪飾り

。。。。。。。。。。

押し絵というのは色んな使い道がありますが、これは髪飾りにしてみました。

アンテイーク着物にとても良く合います。

かんざしほど大袈裟でなく気軽に着物ヘアが楽しめます。

シニヨンにしなくてもおかっぱ風の髪の方でも左右の髪を後ろで止めると

可愛らしい感じで着物に合います。

右は和菓子のような色合いの菊紋に銀糸で松葉を刺繍したもの。

緋縮緬の濃い赤がとても目立ちます。

左はおかめとひょっとこを押し絵しました。

ちょっと粋な感じの縞銘仙などのアンテイーク着物に合います。

いろんな図案で押し絵のアクセサリー作ってみたいです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
今日もお読みいただきありがとうございます。

いつもたくさんの応援をありがとうございます!

posted by おとめ at 16:16| 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

古布で手作りイヤリングその2

Cam_0535.jpg


先日に引き続き古布のイヤリングです。

古い帯地と和紙、姫竹、ウッドビーズ、金糸などでできています。

和紙は樹脂コーテイングしてますので雨の日も大丈夫。

古布の服などを着たとき良いアクセントになります。

もちろん

普通のお洋服にも合います。

つけていると「めずらしいわね」

とびっくりされます!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日もお読みいただきありがとうございます。

いつもたくさんの応援をありがとうございます!

posted by おとめ at 00:00| 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

古布で手作りイヤリング

Cam_0532.jpg
古い帯地で作ったイヤリング。
earrings made from washi and antique obi


。。。。。。。。。。。

古布の服にはもちろんドレッシーな装いにも似合います。

裏は文字散らしの和紙を貼り、樹脂コーテイングしました。

こんなどこにも売っていないアクセサリーを手作りするのも

古布ならではの楽しみです♪

。。。。。。。。。。。。

今日もお読みいただきありがとうございます。

いつもたくさんの応援をありがとうございます!

posted by おとめ at 22:34| 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

古布「手作りのかんざし」

Cam_2243.jpg
古布の手作りかんざしです。

左からつまみ細工の小菊のかんざし、

真中はおめでたい松形に小さな小さなくくりざるをつけました。

右は曲げた籐のつるにべんがらを塗り、お魚とビーズを下げました。

季節に応じて色々なかんざしを手作りするのも楽しみ。

アンテイーク着物やゆかたの時はもちろん、

洋服の時もかんざしをつけています。

古布の服やジーンズなどに以外に合うんですね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

posted by おとめ at 12:45| 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする