2008年05月23日

豆腐百珍

Cam_3270.jpg
グッド(上向き矢印)「豆腐百珍」新潮社

今日は「冷奴のブローチ」のところで

ご紹介できなかった本、200年前の

ベストセラー、「豆腐百珍」です。

とても小さな本ですが、内要は

よくできた豆乳のように濃い〜〜です。

タイトル通り100種類の豆腐料理の

オンパレード。簡単なものからちょっと

手のこんだお料理まで紹介されており、

この新潮社の版では、著者たちが

実際に作った写真と味わった感想なども

書かれています。ざっと名前だけでも

あらかね豆腐、はんぺん豆腐、梨豆腐、

なじみ豆腐、冬至夜豆腐、ふわふわ豆腐

鞍馬豆腐、つぶて豆腐、カステラ豆腐。。

などなど。。。見てみたいと思いませんか?

ね、ね、思うでしょう?

あの四角い、ただのお豆腐が、

とてもめずらしく面白い料理や

高級料理に変身してしまうんです♪

毎日毎日めんどくさいから冷奴ばかり

食べていた私は穴があったら

入りたくなりました。たとえば、

「ぶっかけうどん豆腐」これはうどんのように

細く切った絹ごしをゆでて、めんつゆを

文字通りぶっかけて、花かつおと

ねぎをのせていただくもの。簡単で

おいしそう。そういえば、最近

スーパーなどで「そうめん豆腐」の

ようなものを見かけますが、あれは

このうどん豆腐がルーツだったのかしら?

「空蝉(うつせみ)豆腐」はぽろぽろに

なるまで炒ったお豆腐に桜でんぶ、

麻の実、粉山椒をふったもの。

彩りと名前がとてもきれい。田楽も

普通の木の芽田楽だけでなく、さまざまな

種類が紹介されています。

「蓮豆腐」なんていうのもあります。

すりおろしたレンコンと豆腐を

美濃紙に包んで蒸し、ごまの風味を

効かせた白味噌でいただくもの。

びっくり仰天は「あられ豆腐」

さいの目に切った豆腐をざるに入れて

水の中で振るとコロンコロンに丸く

なるんだそうです。それを揚げたもの。

呑べえさんはビールがほしくなるような料理。

(あ、江戸時代はビールはなかった!)

これからの季節作りたいのは

「青豆豆腐」〜枝豆が入っていて

翡翠色がとてもきれいです。

ほんとに昔の人の想像力の豊かさといったら!

その工夫、名前の風流さ、などにも

本当に感心します。お豆腐は

健康に良いので、この本を参考に

色々作って、200年前の雰囲気

味わって見ませんか?

Cam_3271.jpg
グッド(上向き矢印)昔の版の目録。カタカナも混じってます。

Cam_3272.jpg
グッド(上向き矢印)私が1番食べてみたいのはこれ。でもちと作り方が複雑なような。。。(^^;)。。。誰かが作ってくださったら、「かたじけない!」なんて言いつつ、いただきたいです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
いつも応援ありがとうございます。
posted by おとめ at 12:47| すてきな一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

お人形遊びの本

Cam_3229.jpg
グッド(上向き矢印)マリア書房刊「緑青・人形あそび」

今日は人形あそびの本のご紹介です。

この本は人形好きにはたまらない本です♪

とにかく掲載されているお人形の

数の多さといったら!その写真の綺麗さ

といったら!じっと見ていると全部

自分のコレクションのような

気がしてくるくらい、写真が生き生きと

しています。本の中で青山恵一さんが

子供達と人形についてとても興味深い

文章をつづっておられますが、その中で

市松人形、特に安価だった「手遊び市松」

に触れ、「我々が現在でもきれいに保存された

当時の立派な市松人形を見ることができるのも、

手遊びいちまがこどもたちのお相手を

してくれたおかげといえよう」と

お書きになっておられます。

一種の消耗品でもあった手遊びいちまさん、

壊れたり手足がちぎれたりして

完全な形で残っている物はごく僅か。

私もそんな手遊び市松にひかれます。

立派な名匠の手になる市松人形も

大好きで憧れますが、それは昔から

大切に眺めるものでした。決して子供が

おんぶしたり化粧や髪をカットして

遊ぶ物ではなかったのです。

じかに子供がだっこして、話しかけ、

一緒にお布団に寝たであろう、そんな

作りも荒く積み上げて売られていた

お人形たち。その表情はどれも

生き生きとしていて、その瞳は

時代の流れを、子供達の成長を

じっと見つめてきたに違いありません。

お顔の汚れを綺麗に拭いて、着物を

縫ってやったり、抱っこして可愛がったり

そんな楽しみが気軽にできるのも

手遊び市松ならでは。。。です♪
Cam_3231.jpg
グッド(上向き矢印)ビスクドールの写真もとても素晴らしい。う〜ん、可愛い。。。

Cam_3233.jpg
グッド(上向き矢印)後ろは昭和初期の人形遊びをしている少女の絵の掛け軸。手前の人形達は私の手遊び市松さんたちです。エプロン縫ってあげました♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

いつも応援ありがとうございます。
posted by おとめ at 12:20| Comment(2) | TrackBack(0) | すてきな一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

ちりめん細工の教科書(明治)

Cam_3171.jpg
グッド(上向き矢印)明治42年 大倉書店刊 「裁縫お細工物」「続裁縫お細工物」
伊藤文子他著

皆さんこんにちわ。

東京は今日はあいにくの雨です。

きのうに引き続き今度は明治へタイムスリップです。

同じく母校でコピーさせてもらった

明治のお細工もの(ちりめん細工)の教科書です。

当時私はお細工ものに夢中で、

研究というとおこがましいですが、勉強したくて、

この原本を見つけた時は狂喜しました♪

もう25年ほど前になりますか、故・望月葉瑠さんという方が

「ちりめんの手芸」という本を出されました。

そのいわば元になったのがこれです。望月さんは

忘れられかけていた縮緬細工のブームの火付け役として

あまりにも名高い方ですね。

古布の店「池田」でお見かけしたこともありますが、

一時代を作った方として尊敬しています。

望月さんの本で紹介されている花や蝶や

鳥の形の琴爪入れなどのほか

今日の縮緬手芸本には必ずのっている

金魚袋や椿袋、梅袋、ほうずき、鶴、にわとりなど

おなじみのものはすべてこの教科書が原点。

はしがきには、女性としてのたしなみとして

手芸することの意義や布を大切にする心をとき、

この本を各学校の女子教材にすると書いてあります。

作り方はとても親切・丁寧に書かれており、布の選び方や

配色の仕方まで本当に勉強になります。また

お細工物だけでなく実用的な巾着や

子供の下着なども載っています。

今更ながら、この本をしたためた

共立女子大の先生方の創造力の偉大さに

頭が下がります。(当時は共立女子職業学校でした)
Cam_3172.jpg
グッド(上向き矢印)色々な琴爪入れや小袋。デザインの豊富さには驚かされます。

私も見ながら沢山作りましたが、

人にあげてしまったりで現在はほとんど残っていません。

今はこの教科書どうりをマネるだけでなく

もっと現代的な自分なりのものを作るよう

心がけていますが、でも。。。(;;)

なかなか良いものを作るのは難しいです。

もっと年をとって時間にゆとりができたら

また琴爪入れ作ってみたいな(^^)

Cam_3173.jpg
グッド(上向き矢印)型紙。原寸大ですぐに使えるようになっています。左は菖蒲袋、
右は貝袋です。



いつも応援ありがとうございます。
posted by おとめ at 10:26| Comment(4) | TrackBack(0) | すてきな一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

大正時代の手芸本

.
グッド(上向き矢印)大正12年刊行「母の手芸」津田敏子著

写真は婦女会社から発行された大正時代の手芸本です。

母校の女子大へ遊びに行った折

ふと立ち寄った図書館で見つけ、

許可をとってコピーさせていただきました。

これもかれこれ20年以上前のこと。〜〜いつも

古い話ばかりでごめんなさい。(^^;)

婦女会といえば蕗谷虹児などのそうそうたる画家達の

挿絵でも有名ですね。

この本もカラーでお見せできず残念です。

どうかすると見逃してしまうような

可愛らしい本でしたが。。。中身はなんと

洋裁を始め、編物、刺繍、などとても充実、

子供服や学童用の身の回り品、おもちゃ

そして大人のバッグ類や「洋風お寝巻き」まで

いろんなものが載っています。すべて細かい

作り方つき。帽子などもとても素敵なものが

紹介されています。

昔のお母さんは本当に何もかも手作りしていたようです。

また、長じゅばんに刺繍をして

オリジナルなものを作りましょう〜〜

なんていうのも出ています。

針をもつことがご飯を食べる事と同じに

当たり前のことだったのですね。

Cam_3144.jpg
グッド(上向き矢印)なかでも目をうばわれるのは少女服の可愛らしさ。

裁断は直線断ちでシンプルですが、

刺繍などで可愛らしい味わいを出しています。

Cam_3145.jpg
グッド(上向き矢印)手提げバッグのいろいろ。ビーズ刺繍などが目立ちます。

ビーズのこと当時は「南京玉」と言っていたようです。

美しい刺繍の手提げはどこか「タイタニック号」に出てくる

着飾った女性達を思い出させます。

この本は私の大切な宝物です。

いずれおばあさんになったらゆっくり味わいつつ

作ってみたいと思っています♪

・・・・・・・・・・・・・・・

いつも応援ありがとうございます。
posted by おとめ at 10:38| Comment(2) | TrackBack(0) | すてきな一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

おもちゃ博物館「女の子の玩具」


昔の子供のおもちゃを網羅したシリーズに

「おもちゃ博物館」というのがあります。

全24巻でアンテイークのお好きな方なら

一度は目にされたことがあると思いますが、

その中の「女の子の玩具」という一冊が

とくに私のお気に入りです。

明治から昭和までの女の子の色々な遊び道具や

玩具が紹介されています。

その可愛らしいこと!

何度見てもあきない本です(^^

Cam_3038.jpg
グッド(上向き矢印)おもちゃ博物館「女の子の玩具」京都書院刊 表紙

Cam_3039.jpg
グッド(上向き矢印)昔のいろんなおはじき。自分が遊んだのもあります。なつかしい。

Cam_3043.jpg
グッド(上向き矢印)明治30年代の女の子のおもちゃ箱から出てきたおもちゃ。

明治30年代というとちょうど私の祖母が幼い頃なので

とてもひかれる写真です。

Cam_3044.jpg
グッド(上向き矢印)これは私のおもちゃ箱です。大切な小さなものが入っています。

偶然ですが、何となく昔のものと雰囲気が似てますね♪

Cam_3045.jpg
グッド(上向き矢印)昔のままごと遊びの家具。手前は私のささやかなコレクション。

「おもちゃ博物館」

チャンスがあったら是非ご覧下さい。

どなたでもきっと昔遊んだことのある玩具に

必ず出会えるはずです。

絶版かも知れませんが、

図書館ならたいていあると思います♪

....................................................

いつも応援ありがとうございます。
posted by おとめ at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | すてきな一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

ノスタルジーの中の少女

Cam_2550.jpg
グッド(上向き矢印)人形遊びをする少女「キンダーブック」昭和七年刊

夢二や蕗谷虹二、加藤まさをなどの叙情画が好きです。

特に着物姿の乙女達の絵は

自分が扱っている古布たちが

実際に着られていたところを想像して

ときめいてしまいます。

また一方で

子供の世界を描いた挿絵も大好きです。

写真の絵は「キンダーブック」というシリーズ絵本の中にあった

人形遊びをする少女たちの絵です。

上の絵は一人で切り紙遊びに夢中な少女。

そばにはお人形が。

下の絵は針仕事をするお母様のそばで

女の子がはぎれをもらって何かを作ろうと

しています。

ここにもお人形。

いつの時代もお人形たちは少女の友達でした。

切り紙遊びの少女のお人形の顔が

なんともひょうきんです。

Cam_2549.jpg
.......................................................

いつもお読みいただきありがとうございます。
posted by おとめ at 23:09| すてきな一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

20年前も今もアンテイーク着物が好き!

Cam_2305.jpg

これは二〇年前(1986年)のアンアン着物特集号です。何回も見たので端っこがびりびりです。(^^;)

こうして改めて見ると、この雑誌の斬新さがよくわかります。今見ても少しも古さを感じさせません。

それまでの時代、若い人の着物といえばピンク系などのいわゆる女の子色が中心だったのが、ここではすでに若い人にも似合う渋い色系をすすめています。
また購入し易い価格の着物を紹介し、その代表としてアンテイーク着物を紹介しています。(それまでにもアンテイーク着物は少しづつ取り上げられていましたが)

着物、帯などそろえて少なくとも30万はかかった時代です。
一万円前後で手に入り、その上1点ものということで一大アンテイーク着物ブームが起こったのでした。

また、パッチワークのブームで古布が使われるようになったり、昔のお細工ものが紹介されたのもこの頃です。

また洗えるポリエステル着物も大きくとりあげています。

以下の写真では先日の記事に書いたような昔と今の着物の着こなしの違いを詳しく説明しています:
Cam_2306.jpg
Cam_2307.jpg
posted by おとめ at 10:52| すてきな一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

小さきもの

Cam_2184.jpg

Cam_2185.jpg

「なにもなにも、小さきものは皆うつくし」

という清少納言の言葉が帯に書かれた本があります。

「和の小さくてかわいいもの」鈴木梅花著

中はとにかく小さくて可愛いものが満載なのです。

ねつけからマメ本、箸袋やポチ袋など

思わず吸い寄せられるように見てしまいますよ。

もうひとつは「江戸千代紙」青幻舎刊

これを見ると明治の千代紙って

古布の縮緬の柄そのものなんですねえ。

魅せられます。

「くるみちゃん」などの

昭和レトロな千代紙も載っていて面白いですよ。

病院で順番を待っているときなんかお世話になってます。

Cam_2186.jpg

。。。。。。。。。。

今日もお読みいただきありがとうございます。

いつもたくさんの応援をありがとうございます!

posted by おとめ at 00:00| すてきな一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする