2014年08月14日

アイスクリームのブローチ

CIMG1996.JPG
アイスクリームはいかが?

おいしそうな縮緬を見つけるのに

苦労しました。

ミントや抹茶、ストロベリーやバニラ

マンゴーにフランボアーゼもあるよ!

コーンカップは夏の着物地の縮みです。

ナッツも散らして。。。あ〜食べたくなってきた。

「アイスクリームのお風呂に入りたい」って

いつかアイスクリーム好きな友人が言ってました。

入ったら涼しいでしょうね(笑)

このブローチ、私の定番作品で20年以上も前から

作り続けていて、ちっとも飽きません。

作ればつくるほど色んなフレーバーを試してみたい。

無心にこんなの作っていると楽しいです。

裏側↓
CIMG1998.JPG
大好きなコケシ柄。

昭和30年代の子供着物です。

さて、アイスクリーム屋さんに行こうっと!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
いつも沢山のアクセスありがとうございます。m(__)m

このところ涼しかったのですがまた暑さぶり返すと思います。
皆様くれぐれも熱中症に気をつけてくださいね。

posted by おとめ at 07:42| 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

古布・押絵髪留め「お山のうさぎ」

CIMG0396.JPG
古布縮緬・押絵の髪留め「お山のうさぎ」

♪う〜さぎ うさぎ

何見てはねる〜 十五夜おっつきさ〜ん

見てはっあ〜ね〜る〜♪

台風が去って急に涼しくなりましたね〜。

明日は十五夜。。。早いものです。

先日のうさぎはよだれかけをしてましたが

このうさぎさんはお山のうさぎ

古い古い100年以上前の布

江戸縮緬で作りました。

高価な布なのでとっても小さなハギレでも

私のようなビンボー人には

切るのは勇気がいります。

お山の部分にはほどよく色褪せた

紅花染めの絞り布をポイントに。

お空は大好きなぼかし染め

まんまるお月様には

銀の粉を散らしました。

うさぎはいろんなポーズで

たくさん描いたのですが

とりあえずみっつ作りました〜。

ブローチも作る予定です。

どこにも売ってないこんな髪留め

私にとっては最高のおしゃれ〜

のつもりです♪
CIMG0397.JPG
裏側です〜。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
今日もお読みいただきありがとうございます。
<(_ _*)>

毎日とても沢山アクセスいただいております。
本当に嬉しく感謝で一杯です。
おかげ様で今月はいつもより更新できました〜。
これからも宜しくお願いします〜♪

posted by おとめ at 07:43| 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

古布・押絵「枯葉のブローチとバレッタ」

CIMG0454.JPG
古布・押絵「枯葉の髪留めとブローチ」です。

ずっと以前にバレッタだけご紹介しましたが

ブローチとお対で新たに作り直しました。

バレッタはだいぶ以前になりますが

委託のお店に色んな配色で7個ほど出し 

すべて里子に行かせていただきました〜。

東京には私を含めて8人 このバレッタの

所有者がいるんですね。

。。。。。。

8人の枯葉のバレタリアン。。。

。。。。。。

いえ、その。。。あの。。。

枯葉じゃなくて落ち葉

(同じだってば!)

ご、ごめんなさい〜〜〜

いや、枯葉は私だけです。

誓います。

殴らないで下さい。

いや、冗談はともかく

皆様とても素敵な女性です。

まだ健康だった頃は

よく一緒にお食事したり

飲みに行ったりしたお客さん達です。

皆さん大好きですよ〜♪

(話題を変えよう)

今回の新作も 

江戸縮緬の微妙な暈し染めを生かした

秋らしい作品になったかと思います。

ついでにここで 押絵のアクセサリーの

お手入れ法なんかを書いておきますね。

革製品と同様、水洗いはできませんので

マメにガーゼなどでカラ拭きしたり

金具部分は市販の滅菌ティッシュなどで

時々ぬぐっておきます。

裏地部分は色落ちする場合があるので

アルコール無しのウエットティッシュで

さっと優しくなでなで。。。

これでいつもさっぱり使えます。

特にバレッタは夏の汗ばむ時期の使用は

極力避け 時たまのお洒落にします。

もちろん

洗い立ての綺麗な髪につけることは

言わずとも当たり前ですね。

押絵のアクセサリーは以外に長持ちするんですよ。

10年 20年前のものでもびくともしません。

どうりで100年前の明治大正の押絵が

今だに出てくるワケですよね〜♪

なんだか嬉しいな〜

CIMG0083.JPG
裏側も秋らしい錦紗です。
(右の二つが新作です)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
今日もお読みいただきありがとうございます。
<(_ _*)>

いつも沢山のアクセスと応援にただただ感謝のおとめです〜♪
これからもいろいろ作り続けて行きますので
どうぞ宜しくお願いします〜。

posted by おとめ at 17:57| 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

古布押絵・ブローチ・「赤まんまと露草」

CAM_9584.JPG
古布・押絵「赤まんまと露草のブローチ」です〜。

この頃はなんだか野の花にひかれます。

年のせいでしょうかね〜。

若い頃は大好きだった西洋風の派手な花より

路傍で残暑に耐えながら 可憐な花を開いている

露草やら赤まんま(イヌタデ)を見ると

つい摘んで来て レトロなコップに生けて

束の間 ぼんやり眺めていたり

スケッチしてみたりします。

そんなわけでできたブローチです。

露草は「蛍草」(ほたるぐさ)とか「月草」

はたまた「藍花」なんていう

風雅な別名をもつ それこそ露のように

はかなげな花です。

目の覚めるような青い花ですが

早朝につむと あららっという間にしぼんじゃう。

この花びらを集めてできた染料は

昔の染物の下絵に使われたそうです。

水洗いすると消えるためだとか。

幼い頃やった色水遊びなどにはぴったりの花。

一方 赤まんまは 昔からままごとのごちそうでした。

これをしごいて小さなお皿や葉っぱに乗せて

「お赤飯です。さあ、どうぞ」と

遊んだ方も多いことでしょう。

私が住む大都会の真ん中では

目をこらして探さないと年々少なくなりつつある

こんな可憐な野の花。。。

小学生の頃、野原や江戸川べりを

毎日駆け回っていた時は

当たり前のように咲いていた花たち。

その価値が今わかったような気がします。

あの頃の思い出を胸に飾りたくて作りました〜。

CIMG0401.JPG
ぎりぎりアップです〜。

バックの暈しの布は苦労して探しました。

まわりをシックな絞りでふちどって

小さなビーズで玉の露を。。。

CIMG0400.JPG
裏側です。

黒の錦紗縮緬を丁寧に貼りました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
今日もお読みいただきありがとうございます。
<(_ _*)>

超マイペースな更新にもかかわらず
毎日沢山のアクセスと応援に
本当に励まされ 頑張れます。
これからもどうぞ宜しくお願いします。

posted by おとめ at 20:27| 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

古布 押絵かんざし「恋文すずめ」

CIMG0019.JPG
古布・押絵のかんざし「恋文すずめ」です〜♪

浴衣にさりげなくつけられる

可愛いかんざしが欲しかったので

すずめの押絵で作ってみました。

すずめはすずめでも

「ふくら雀」でもなければ

「稲すずめ」でもありません。

恋しいあの方へ恋文を届けてくれる

「恋文すずめ」!

この乙女ワールドにしか

棲息していない雀。。。

あ〜せめてウン十年前のあの日あの時に

こんな雀がいたならば。。。

今となってはもう遅い。。。

愛しい彼氏とデートの際にも

何気に恋心を伝えられそうな。。。

そんなお年頃にぴったりですが

な〜に、色気より食い気になって久しい

この私だって 一本髪にさせば

「それなりに」 そこはかとなく

いい雰囲気になる (かも) 知れません。

これ、シンプルですけど

雀の下絵は何度も納得行くまで

描きなおしました。

使う布によって可愛らしくも

シックにもなりますね。

アンティーク着物にもいいです。

結び文ってすごく日本的だと思います。

文紋も着物の柄には沢山あって好きです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
いつも沢山のアクセス本当にありがとうございます。

(すみません。消すと言いながらうっかり

コメント欄そのままでした。

でもいただいたコメントとても嬉しかったです。)

皆様の応援、励ましのおかげでこれからもがんばれます。

<(_ _*)>













posted by おとめ at 08:00| 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

古布押絵・ブローチ「昭和30年代のお弁当」

0617092054595.jpg
古布・押絵ブローチ・昭和30年代のお弁当
お弁当箱は古い古い江戸縮緬で表現しました。

ディスクデフラグのように なるべく

あいてる時間の隙間を作り、創作にあてています。

お陰様で色々更新できそうです〜。


なので今回もこんなヘンなブローチできました〜。

普通の伝統的なお細工物からはずっとずれていますが

私にはとても可愛いブローチなんです♪


ずっと以前、バブル時代のはるか前から

昭和の食べ物シリーズというのを古布で作って

委託のお店に出していて好評でしたが

バッジサイズで比較的大きく作っていました。

GジャンやTシャツなんかにも可愛いですが、

古布の服、ことに絣の服にとても合うんですよね。


同時に縮緬ミニチュアも作っていましたが

そのミニチュアをそのまま胸につけたい!

というお客様もけっこういらしたのを思い出して

小さな小さなサイズでやってみました。

しかし!

金時豆。。。5ミリはきつかったな〜。


この頃はこんなレトロなミニチュアを

樹脂やプラで作って秋葉原などで売っているのを

見かけるようになりました。

材質はフエルトやポリ縮緬でもいいんですが

でも私はずっと昔から大好きな

古布の縮緬で作っています。

時の流れで色褪せた

布の優しい風合いが そっと

楽しかった思い出を運んできてくれます。

。。。。。。。。

小学校の低学年ではまだお弁当があった気がします。

ダルマストーブで暖めた記憶があるからです。

お昼時になるとみんなのお弁当からただよう

海苔の匂いや煮物の匂い。。。あ〜たまらん。

私は確かチューリップ模様の 赤い

アルマイト製のお弁当箱をもっていました。


母親はまず底に薄っすらと均等にご飯を詰めて

醤油をまぶしたかつぶしを載せ その上に

びったりと海苔をのせ またご飯を詰め

またかつぶしと海苔を載せ。。。三段重ねにします。

これがうわさの下町伝統の味 「海苔弁」!

お弁当の蓋をあけると 「真っ黒」!!

わはは。

隅っこに沢庵またはきゅうりのおこうこがのってます。

お金持ちの友達のお弁当はもっとすごかった。

たらこが一腹デン!とのっかっていたり、

あの頃はまだまだめずらしかった

チーズ(私には石鹸としか見えなかった)が

入っていたり。。。今思うと

母親が朝から商売で忙しい我が家は

機嫌の良いときに(たぶん)作ったであろう

お醤油と砂糖で味付けしたいり玉子くらいが

精一杯だったけれど 私はとにかく

この赤いお弁当箱のお弁当が楽しみでした。

魚肉ソーセージや揚げ物なんかも入るようになったのは

ずっと後、昭和40年代に入ってからの気がします。

なので、今回作ったようなお弁当は

ぜいたくなことこの上なし。

塩鮭でしょ、梅干にゴマをかけたご飯、

煮豆にひじき、だし巻き玉子にほうれん草の胡麻和え。。。

となりのトトロに出てくるさつきちゃんのお弁当より

ずっと豪華ですね〜。さつきちゃんのように

煮豆やでんぶと小魚くらいのも普通でした。

あの頃は煮豆を必ず食べましたね。


とは言ってもこのブローチのおかず、考えてみると

今ではコンビニ弁当にフツーに入っている物ばかりです。

でも!あの頃はこんなに入っているお弁当はめずらしかった。

それにぜんぶ日本でとれた日本製の食材だった

というところが今と全く違いますね。

けっしてチリの養殖鮭じゃないんです。

中国の梅じゃないし、かつぶしだって

シャカシャカ手で削ったもの。

海苔は埋め立て前の東京湾でとれた

正真正銘 江戸前の浅草海苔!

そして。。。あの頃の私の夢が一杯つまっているんです。


お弁当のあとはこんな乙女なデザート
061709253930.jpg
いかがでしょうか。

寒天はビニールを切ったものです。

こればかりは縮緬ではムリでした〜ww
0617092650647.jpg
裏側も可愛い布を貼りました。

大きさ比較のためレモンを置いています。

私と同じレトロな思い出のある方の

お目にとまれば本望です。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
今日もお読みいただきありがとうございます。

沢山のアクセス毎度感謝に耐えません。これからも

手作りを続けていきたいと思っています。

どうぞ宜しくお願いします〜。


posted by おとめ at 19:37| 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

古布押絵・縮緬細工・文化人形のかんざし

0606081630260.jpg
古布押絵で作った文化人形のかんざしです〜♪

何かこう毎日せわしないと

精神的に落ち着くものがほしくなる私です。

そんな時まっ先にイメージするのが

少女時代の楽しかった思い出。

ことに一緒に遊んだお人形はいくつになっても

心の片隅にちょこんと座り続けているのです。

文化人形もそんなお人形たちの仲間。。。

着せ替えや、美容院ごっこができる

ミルク飲み人形やカール人形ちゃんにくらべると

多少マイナーなイメージではありましたが、

(それに遊んでいるうちに手や足から

木毛が出てきちゃうのがイヤでした)

素材も安い薄絹やテラテラの人絹でできていました。

でも何故か今思うと一番懐かしいお人形ではあります。

夢見ちゃんが作るような本格的な文化人形に

憧れますが。。。

とりあえず私らしいミニマムサイズということで。

小さなお子ちゃまにもいいですが、

大人の女性にもいいですよ〜。

キッチュな銘仙なんかに合わせたり

浴衣にももちろん目立つことうけあい。

帯の間にはさんで帯飾りにしてもお洒落〜。

あ〜 この私もせめて今より〇X年若返ったら

これをつけて朝顔市や花火大会へ行くのに。。。

キャピキャピ楽しげな自分を想像して作りました♪

0526160414969.jpg
両面押絵なので後姿も可愛いでしょ。

素材も文化人形で遊んでいた頃の

昭和20〜30年代の少女の着物地です。

今回は2つ作って。。。くたびれました。

なので超限定品ですww

量産の既製品ではできないお洒落。。。いいですね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
今日もお読みいただきありがとうございます。
いつも沢山のアクセスびっくり感激です〜。
超亀なブログ更新で申し訳ありません。



posted by おとめ at 08:14| 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

古布押絵・縮緬のうたた寝ウサギさん

Cam_4990.jpg
グッド(上向き矢印)おや〜!枯れ葉の陽だまりにウサギさんがいますよ〜。
花の帽子も重たげに、うたた寝をしています。

。。。。。。。。

細切れの時間をつなげて

小物作りをなんとかこなしています♪

ウサギさんのブローチできました〜。

陽だまりでうとうとしているところです。

小春日和→陽だまり→うたた寝ウサギさん

と楽しく連想ゲームです。

これから動物たちには厳しい

冬将軍がやってきます(;;)

それまでの

束の間のあたたかさ。。。

楽しかった春の野原の夢を

見ているのでしょうか。

Cam_4947.jpg
グッド(上向き矢印)これは裏側にピンをつけているところ

Cam_4948.jpg
グッド(上向き矢印)夢路をたどるうさちゃん。何の夢を見てるのかな〜?

使った布は明治〜大正時代の古い縮緬です。
柄違いで5種ほど作ろうと思います♪
(ブログ容量の都合により2008年の記事の書き直しです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もお読みくださりありがとうございます。

posted by おとめ at 00:00| Comment(14) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

古布押絵・りんご好き その1

Cam_7565.jpg
グッド(上向き矢印)りんごのバレッタです〜。

りんご好きなのは赤ちゃんの時から。

私がぐずって泣き止まないと

母親は丸ごと1個の林檎を私の手に

もたせたそうです。

するとぴたっと泣き止んで

ニコニコしながら齧ったそうな。

(まだ歯がないからかじるマネですが)

そんなことを思い出しながら

林檎のバレッタ作りました。

りんごは丸かじりするのが一番

おいしいと思いますが、この頃は

農薬の問題で皆さん皮をむく人が

多いですよね。

なんかもったいない気もするけど。。。

仕方ないかな。

Cam_7566.jpg
グッド(上向き矢印)裏側です。泥大島を貼りました。

この次は(できれば明日)林檎を使った

超かんたんでお金もかからないケーキ

ご紹介しますね。

お楽しみに!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。


今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

posted by おとめ at 23:19| 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

古布押絵・縮緬のお雑煮

カメラ写真はクリックすると拡大します
お雑煮ブローチ.jpg
グッド(上向き矢印)お雑煮のブローチ♪

ちょっとお椀の色がブルーがかっていますが

本当は綺麗な紫色です。
お雑煮ブローチうら.jpg
グッド(上向き矢印)裏側はおめでたい笹の葉
。。。。。

三日食う 雑煮で知れる めしの恩

。。。。。

な〜んて昔の人はうまいこと言ってますが。

私の小さい頃は三が日お雑煮を

ひたすら食べさせられました。

それでも大好きでしたね。今でも我が家では

下町風のお雑煮を作ります。

トリガラと昆布でダシをとった

濃い目のおつゆに こんがり焼いた角餅と

ザク切りの小松菜を入れて さっと煮ます。

かまぼこ、ニンジン、椎茸なども入れますが

絶対欠かせないのは小松菜です。

他は省略してもいいですが 小松菜だけは

必ず入れなくちゃ。

そしてこれが一番おいしい小松菜の

食べ方かな〜なんて思っています。
お雑煮.jpg
グッド(上向き矢印)下町風お雑煮 ゆずの香りが。。。

さすがにお正月は元日くらいしか

食べませんが でもたまには

私も主人も お雑煮は一年中食べたいくらい

だ〜い好きです♪

各地にはいろんな味のお雑煮があって

楽しいですね。

皆さんはどんなお雑煮を食べましたか〜?

でもね。。。

そろそろカレーライスとかも

食べたい頃よね。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

posted by おとめ at 18:06| 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

古布押絵「縮緬の天使」クリスマスその2

Cam_7237.jpg
古布押絵ブローチ「二人の天使♪」 

寒そ!(笑)

。。。。。

♪だあれも いないと 思ってみても

どこかで どこかで エンゼルが

いつでも いつでも 眺めてる

ちゃんと ちゃんと ちゃんと ちゃんと

ちゃちゃ〜んと 眺めてるう〜〜♪

。。。。。

古っ!

(;´▽`A``

昭和30年代頃のラジオで

よく流れていたコマーシャルソング

覚えている人。。。 いるかな〜?

。。。。。

いてほしい〜

(>▽<;;


エンゼルというと

すぐこの歌=森永のミルクキャラメルを

思い浮かべてしまいます。

。。。。。

真っ暗な部屋を

手探りで入ってくる人影。。。

長〜くのびたそのシルエットを見て

私はぼんやりと

映画「足長おじさん」の

ワンシーンを思い出していました。

幼稚園の頃に母親と見たけれど

全く理解できなかった映画。。。

ただ長い足の影がのびるシーンだけは

頭に残っていたのです。

その人物は 私の寝ているそばまで来て

背広のポケットをさぐり

何かを出して 枕元へそっと置きました。

。。。。。

その人物とは

祖父でした。

祖母の家に泊まった幼い頃

夜中に酔っぱらって

抜き足差し足で帰ってきた祖父が

そおっと枕元に置いてくれたのが

あの黄色にエンゼルの

森永のミルクキャラメルの箱だったのです。

まるでサンタさんみたい。。。

祖父はお酒が大好きでしたが

祖母は酔った人が大嫌いでした。

なのでいつも 

抜き足 差し足なのでした(笑)

でも子供ってけっこう

そんなことも全部わかっていて

無意識のうちに

波風がたたないようしていたのか

私は目が覚めていたのに

隣に寝ている祖母を起こさないよう

寝たふりをしていたものでした。

私をこの上なく可愛がってくれた祖父は

私が小学校へ上がった年に

亡くなりました。

キャラメルの箱を見るたびに

あの夜のことを思い出します。

キャラメルの味のように

切なく甘い思い出です。。。

。。。。。

ど古い話しはこの辺で。。。

クリスマスといえば

やっぱり天使!

ですよね〜

縮緬で二人の天使作ってみました〜

綺麗な肌色を出すために

紅茶やコーヒーやハーブなど

いろいろ動員して染めてみました。

お尻のぷっくり感出すのが

ちょっと大変だったかな〜

二人の天使といえば

スキャットのこの曲もいいですね〜

♪シャバダ〜シャバドウンダバダ〜バ〜

シャバデイドユンダビバ〜♪

っとっとっと。。。

舌噛む前に(笑)

天使の音楽をご一緒に

聞きませんか?↓

http://www.youtube.com/watch?v=jKm6uqYo_MQ

Cam_7239.jpg
グッド(上向き矢印)でこれもブローチになってます。

何となく一緒に連れて歩きたくて。。。

ベレー帽とかにつけたら

可愛いかな〜

Cam_7236.jpg
グッド(上向き矢印)壁にも飾れるようにしました

ハート形の土台を作り

真っ赤な縮緬に綿をほっこり入れて

アンテイークレースで。。。

バレンタインまで使えそうで

エコノミーですね(笑)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

posted by おとめ at 23:25| Comment(8) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

縮緬・押し絵でクリスマス その1

Cam_7246.jpg
古布縮緬押絵のテデイベア♪

毎年12月が近づくと

そわそわ。。。

わくわく。。。

だってクリスマス大好きなんだもん!

気分がいいときは

1年中クリスマスソングを歌って

夫に煙たがられてます(笑)

それに とりわけ あの赤と緑の

元気一杯の配色がいいですね。

というわけで

あれこれクリスマス小物の下絵

というか 落書き状のものを

例によって 描きなぐってみました〜↓
Cam_7198.jpg

古布好き 縮緬好きとしては

クリスマス小物でさえも

押し絵なんかで作っちゃおうかな〜♪

ということで

まずできたのが

上にある縮緬のデデイベア

手の平にのってしまう小さなクマさんは

ブローチにもなります♪

ちょっと昔懐かしい

セルロイドのようなピンクで

縮緬のボウを結んでおしゃれに。。。

どことなくレトロなクマさんになりました。

暖かい赤いハートをあなたに♪

というメッセージをこめて。

テデイベアの歴史は古く

その昔ドイツのマルガレーテという

手足が不自由なご婦人が

自分のハンデイを克服して

縫い物をマスターし 

さまざまな縫いぐるみを作るうち

ついにテデイべアが

世界中で大ヒットしたとか。

これが有名なシュタイフ社。

ちょっと素敵なお話ですね〜

それから

定番の靴下↓
Cam_7247.jpg

お菓子が一杯入ってます。

ジンジャーブレッドマンや

キャンデイステイックは

ものすごく小さくて作るの苦労しました〜

でもできあがってみると

けっこう可愛いかも。。。

で、これもブローチなんですよ。

セーターなんかにちょこっとつけて

クリスマスムードも高まります♪

皆さんはクリスマスに

どんな手作りをしますか〜?

さてと。。。お次は何を作ろうかな〜

Cam_7245.jpg
グッド(上向き矢印)裏側です。可愛い子供着物の布で。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日もお読みいただきありがとうございます。

posted by おとめ at 23:31| Comment(4) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

押絵・古布・睡蓮のバレッタとブローチ

バッド(下向き矢印)睡蓮のバレッタとブローチ。
Cam_3695.jpg

水辺の植物が好きです♪とくに睡蓮は大好きなので

縮緬で作ってみました。

葉にたまった水滴を表現するためにビーズを

いくつかつけました。バレッタの裏は夏着物の

黒い縮みを使いました。

ところで、私はかに座のA型です。水の宮なので

水辺が確かに好きです。海辺は特に。。。

かに座の守り星は月で月のようなイメージの

真珠やムーンストーンなどがお守りになるそうです。

大衆的な星座だそうで、母性的、博愛精神、家庭的、

芸術的感受性、女性的などがかに座のイメージです。

とここまではカッコ良いんですが。。。

同じ星座の有名人をさがしてみると。。。

瀬川英子〜

( ▽|||)サー

中村玉緒〜

Σ(▼□▼メ)、

久本雅美〜

(|||_|||)ガビーン

ミヤコ蝶々。。。

llllllρ(   )lllll まっくら〜。。。

。。。。。

え〜!家庭的?女性的?

ウッソ〜〜〜って感じですよね。

男性だと久米宏、筑紫哲也、関口宏など。。。

(???)かに座って司会座なの?

(それに他のかに座の男性ってなんとなく

カッコ良いというより

ずっこけイメージの人が多い)(><)

家庭的という面では大阪の橋本知事もかに座です。

確かに子沢山ですものね。男性でもどこか女性的な人が

多く、ウエットだそうです。(そういえば泣いていたっけ)

私自身は自分のことはずっと超ドライ人間だと

思っていたのですが。。。

ドライアイ、ドライマウス、ドライヘア、ドライスキン。。。

あ、そのドライじゃないか

なんか。。。みじめ。。。そこで!

一生懸命カッコ良いかに座をさがしてみました。。。

生きて行くためには不可欠です

ところが。。。いないんですよ!

あまり好かない人ばかり。かろうじて、

ヘレンケラー(博愛主義者?)、ダイアナ元妃、

フリーダカーロ、シャガール、モジリアニ、レンブラント

など好きな方々の名前がやっと出ました。

あ〜よかった。これで生きる支えが、なんとか。。。

o(*^▽^*)oエヘヘ!

と喜んでいたのも束の間。。。

京唄子!〜{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ〜〜〜〜〜

かに座って厚化粧座なの?

さらに、桂三枝(゚_。)?〜西川きよし〜(?_?)

明石屋さんま〜!!!(゚ロ゚!(゚ペ?)???

かに座は関西のお笑い座なの?

。。。。。星占いは永久に私の人生から追放。。。

しようと。。。思う!

ちなみに血液型はAですが、これほどあたらないものは

占星術以上です。。。だって私は必ず人に会うと

いわれるのが、「B型ですか?」

なんです!

「A型です」というと「ウッソ〜」とか

「自分でA型だと思いこんでるだけじゃないの」とか

言われたりしてさんざんです。よく聴いてみるとなんだか

みんなB型の人=変人という意味で使っているみたい

なんですよね。するとB型としょっちゅう言われる私は

変人といわれているのと同じということですかね〜?

―(T_T)→ グサッ!!!


。。。。。。。。。。。。。。。
いつもご訪問いただきありがとうございます。m(__)m
posted by おとめ at 11:29| Comment(11) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

古布押絵「枝豆と空豆」

Cam_3531.jpg
グッド(上向き矢印)古布縮緬の枝豆・空豆のアクセサリーたちです♪下にひいたのは機織につかう筬(オサ)です。七夕ですものね(0^-')b

「お暑うございます」

「今日はいい塩梅(あんばい)でございますね」

こんな挨拶を聞かなくなって久しいです。。。

四谷のお屋敷に奉公していた祖母は

下町住まいにもかかわらず言葉遣いがお上品で

よくこんな挨拶をしていましたっけ。べらんめえ風の

母とは対称的でした♪

塩梅。。。といえば、今年は梅をつけられなくて

心残りでした。今年は体調もいまいちだし、

まあ鬼が笑う時期にでも(来年)ということで。。。

明日があるさ(笑)

ところで、写真のような

お豆さんたちのアクセサリー作って見ました。

それというのも。。。

Cam_3499.jpg
グッド(上向き矢印)こんなに沢山の空豆や自家栽培のお野菜いただきました!

。。。からなんです。ご近所の優しくて面白いお友達が

よっこらさっと持ってきてくれました♪あとで

追加も。。。ありがたや、ありがたや!

この空豆とても肉厚で歯ごたえがあって最高でした。

豆は夫の大好物、ペルーでは空豆をゆでたら

岩塩とガーリックパウダーを一振りして食べます。

これも一層風味があっておいしいですよ。

にんにくがお嫌いじゃなければぜひお試しくださいね。

夫にはほぼ毎日国のお袋の味である、豆の煮込み、

トマトチリ味の「フレホーレス」を食べさせています。

これがないと夜も日もあけない人なんです。これは

「チリコンカルネ」ともいい(英語では「チリコンカーン」)

とてもポピュラーな料理です。大豆やうずら豆などを

チリソースで煮込むだけですが、大鍋に作っておき

残り少なくなったら、トリガラスープでのばして

ミネストローネにしちゃいます。「チリコンカーン」なんて

なんだか「鐘が鳴りますキンコンカン」みたいですね。

(▼ω▼)?!

(古っ)。。。昭和何年だか?。。。

。。。(^0^*オッホホ(ごまかし笑い)

ちなみにスペイン語でニンニクは「アホ」、牛肉は

「カルネデバカ」又は「バカ」なので、牛肉のスープ

ニンニク風味などは「バカとアホのスープ」となります。

。。。(▼ω▼)?!

豆のアクセサリーはもうだいぶ前に

近所のお店に出して好評だったもので、先日もう

古びてしまったのを未だにご愛用して下さっている

お客様をお見かけし、少しデザイン一新して

リバイバルさせてみました♪

首や耳にお豆がぶら下がってるって最高です(笑)

(ネックレスもあります)

楽しい人生お約束します!ヾ(・・ )ォィォィ(大げさ)

。。。。。。。。。。。。。。。
いつもご訪問いただきありがとうございます。m(__)m
posted by おとめ at 12:11| Comment(8) | TrackBack(0) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

古布押絵・昭和レトロ「フルーツパフェ」

Cam_3178.jpg
グッド(上向き矢印)恒例の縮緬ブローチ。今日はフルーツパフェです♪これはプリンアラモードに近いですね。いえ、プリンアラモードそのものでした。(^^;)
ほんのちょっぴりづつのフルーツがクセモノです。


大好きな食べ物のナンバーワンが果物です。

昔は「水菓子」といっていましたっけ。

その大好きな果物と、これまた大好きな

アイスクリームや生クリーム、プリンなどが

一緒になった天国の食べ物がフルーツパフェ。

おまけに使われているフルーツが、当時は

普段食べられなかったようなものばかり。

メロン、バナナ、桃、さくらんぼ。。。

これを最初に食べたのはいつ頃だったか

記憶が定かではありません。おそらく

日本が高度成長期に入り、自分でお給料を

稼げるようになってからだと思います。

日本で始めてフルーツパフェをはじめたのは

不二家だか中村屋だかその辺の詳しいことは

不勉強なのでわからなくて残念です。

でも確かに私が小学校〜中学校までは

あまり縁の無い「夢の」食べ物だったのです。

高度成長期以後に物心ついた方には、なんで

フルーツパフェがそれほどインパクトが

あるのか想像もできないかも知れませんね。

でもまあ、憧れがあったというのは

それだけ幸せ度が深かったわけです。

ありがたいと思わなくてはバチが

当たります。

時代は移り変わり、バブルを経て、

なにもかもが満たされて、お金を出せば

何でも手に入り、世界中のめずらしい食べ物も

スーパーに並び、TVをつければこれでもかと

グルメ番組ばかり。。。ちょっとでも他と違う

めずらしい料理の紹介に躍起になっています。

そして。。。いわゆる行列のできる店!

食べるまで必死に並ぶ人達。。。

あれを見るたびになんだか心配になってくるのです。

どうして心配なのかわからないけれど、

とにかく心配なのです。私がおかしいのかも

知れませんが。。。

私は時々画面を見ただけでお腹が

一杯になり、スイーツ食べ放題の

ホテルの紹介や、相撲取りのようにお菓子を

大食いする可愛い女の子や、あきらかに

太り過ぎのタレントが体を犠牲にして

高カロリーの食べ物を頬張るのを見るたびに

自分のかつての幸せな夢や少女の心の

ときめきが、淡雪のように溶け去り、

ちっぽけたフルーツパフェへの憧れが

なんだか、小さくしぼんでしまった気がして

悲しくなるのです。

モノが何でもかんでもあったら幸せ度は

低いんじゃないのかな?

モノが無いから憧れる その憧れから夢が生まれる

それが人間の幸せなんじゃないかと。。。

でも、やはりフルーツパフェは今でも

私の心の中では、昭和の良き時代の

すばらしい食べ物なのでした♪

Cam_3179.jpg
グッド(上向き矢印)近くから見たところ。メロンの皮そっくりの縮緬とキーウイ色の絽縮緬がこれを作ったきっかけでした。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

いつも応援ありがとうございます。
posted by おとめ at 22:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

古布押絵・昭和レトロ「クリームソーダ」

Cam_3186.jpg
グッド(上向き矢印)縮緬のクリームソーダのブローチ。紗をかけてグラスの感じを出しました。ストローをさしてるように見せるのがちょっと苦労しました。。。出てるかな?感じ。泡は刺繍です♪

幼い頃クリームソーダは憧れでした。

特別なとき、たとえばデパートへお買い物へ行って

「大食堂」でお子様ランチを食べる際、

親のご機嫌が良ければついでに注文

してもらえるような、そんな飲み物でした。

普段は三ツ矢サイダーか、ぶっかき氷を

やかんに入れて、かき氷用のシロップ

(もちろん果汁なんてゼロです)

を注いで混ぜたシロモノ。でも

あの頃、半端じゃない夏の暑さには

とってもおいしかったです。

やはり機嫌の良いときには、母はよく

サイダーをグラスに注ぎ、上に最中アイスの

最中をはがしたものをのせて出してくれました。

「ほら、クリームソーダだよ」と言って。

幼い年子の弟と私は飛びあがって

喜んだものです。半世紀以上もたって

こんな事をまだ覚えているのは、きっと

母親の手作りがそれだけ子供には

意味深いものだということかしら。

何気なく作った、どんなに簡単なおやつでも

それが手作りされる時、作る母親の姿からも

子供は愛情を感じます。

出来たものの質じゃないんですね。きっと。

逆にとても立派なお弁当を作っても

それが母親にストレスになっていたら

子供にもストレスになってしまうのかな〜?

なんてふと思いました。るんるんと

簡単に、楽しく作ったら

何よりでしょうね。(^^

子育てって大変ですね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

いつも応援ありがとうございます。
posted by おとめ at 10:06| Comment(8) | TrackBack(0) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

古布押絵・昭和レトロ「ブリキの金魚」

Cam_3183.jpg
グッド(上向き矢印)ブリキの金魚(通称ブリ金)をイメージして作ったブローチです。
小さい方は本物のブリキのブローチ。昭和30〜40年代のデッドストックです。かわいい♪この他にもこけしのブローチとかあります。

突然ですが、夫が私につけたあだ名が

「金魚」です。目がデカくてデメだから

だそうです。「オイ!」とか「コラ!」

とかいうかわりに「キンギョ!」と叫ぶので

時々頭にきます。幸い家の中だけのことなので

大いなる幸いです。ところが。。。

甥っ子が小さい頃よく遊びに来ましたが、

このあだ名をマネしてしまい私を

「金魚のおばちゃん」と呼ぶようになって

しまったのです。それもちゃんと発音できず

「チンじょ」(珍女?)のおばちゃんとか

「キンジョ」(近所?)のおばちゃんなんて

呼ぶのであせりました。トクに「近所」で

買い物に行くとき連れていくと

「キンジョのおばちゃん、あれ買って〜」

という具合。。。懸命にお店の人に

「いえ、甥っ子です〜」(^^;)と私。。。

懐かしい思い出です。子供を連れていくと

色んなお店でおまけをくれたりしましたっけ。

今ではその子も長身の立派な青年に。。。

金魚の図柄はアンテイーク着物にもたくさんあり

大好きです。明治のお細工物の本にも

金魚袋は紹介されています。

これまで金魚は何回か飼ったことがあります。

たいてい金魚すくいの産物でしたが、

けっこう長生きしてフナのように

大きくなってびっくりしました。

金魚をじっと眺めているといつしか

時間が流れ、夢見ごこちになりますね。。。

催眠状態に近いのでしょうか、とても

リラックスします。

いいな、こういう何もしない時間て。。。

たまには。。。金魚のようにスルリと

障害物をかわし、奔放に泳ぎ、ゆったりと、

優雅に生きてみたい。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

いつも応援ありがとうございます。
posted by おとめ at 10:17| Comment(13) | TrackBack(0) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

古布押絵・冷奴のブローチ

昨日は100回目記念祭(大げさデス)に皆様

起こしいただき、お祝いのコメントまで下さって

感謝感激です!シャンペンは抜けませんでしたが、

何かホームパーテイの後のように

心が暖か〜くなって、興奮して眠れませんでした♪

本当にありがとうございました!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日はどんどん気温が上昇中。

冷奴日和?そこで。。。
Cam_3191.jpg
グッド(上向き矢印)縮緬の冷奴で〜す(?▽?)/

これ、多分、いや絶対売れないだろな〜と思いつつも、去年

何個か作ったんですけど、意に反して全部売れて

しまいました。あるお客様が古布の

ワンピース(絣)につけて見せて下さいましたが、

とても可愛かったです♪

冷奴大好きです。というより

食べ易いです。膠原病だと、もさもさした食べ物は

つかえて食べられないんですが、こういう

ツルッとしたものはいいですね。玉子豆腐とか。

。。。?というかお料理したくないんじゃないの?

ジャ〜ン、その通り。

ていうか、料理は好きですよ(幾分冷や汗)

毎日料理はします。(^^;)

確かに好きですが、ただ。。。

人様のこしらえたものはもっと好き、

なだけです。(^▽^)/...それに

後片付けが苦手。

料理しなくても立派な一品、冷奴さんの

ファンです、マニアです、追っかけです〜?!

「豆腐百珍」という本があって

100種の豆腐料理の本があります。

江戸時代の本ですが、とても面白いのでご紹介

しようと思って図書館へ行ったら閉まってました(^^;)

今度(忘れなかったら)ご紹介します。ご存知の

方もいらっしゃるでしょうが。。。

子供の頃は夏にはよく冷奴が出ました。

三丁目あたりでおやじさんがちゃぶ台を

ひっくり返していた頃の話ですが。

これに、みょうがやナスや胡瓜のぬか漬けと

味噌汁くらいでおいしくご飯が食べられたものです。

台所で母が胡瓜を切るとと家中に初夏の香りが

広がって、幸せ気分でした♪

おいしかったな〜あの頃のお豆腐は。

懐かしいな〜あの頃の食卓が。

〜〜〜四角四面は豆腐屋の娘

色は白いが水っぽい〜〜〜(トラさんより)

あっ!思い出にふけってブログ書いていたら

お昼休みをとっくに過ぎてしまいました。ヤバイ。

それではこの辺で今日は失礼しま〜す。

ところで

今日の晩御飯は冷奴じゃなくて

マーボ豆腐と春雨サラダです。

これもいいかな〜♪

Cam_3192.jpg
グッド(上向き矢印)裏側で〜す。

いつも応援ありがとうございます。
posted by おとめ at 13:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

古布押絵・昭和レトロ「ペコちゃん」

Cam_3199.jpg
グッド(上向き矢印)縮緬押絵のペコちゃんで〜す。色々スキャンダルはあったけどペコちゃんに罪はないよね?ミルキーはママの味♪


母の日ですね〜。

私はけっこう寂しい日です(笑)

母親は高齢ですが 遠方の

兄弟の元にいます。母の日には毎年

何かしら贈りますが、電話をするとすぐに

昔話になります。。。。。

。。。。。はるか遠い日。。。。。

私が物心ついた頃は隣は親戚がやっている

お菓子屋でした。(ラッキー!)

それで、ペコちゃん人形で

よく遊ばせてもらいました。首振りの

卓上サイズの可愛いペコちゃんに

私は夢中でした。

昭和20年代の始め頃のことです。戦争の匂いは

まだごく僅かに残っていたけれど、おいしいお菓子も

すこしづつ売り出されていった時代。

ざっと思い出すだけでも、不二家のミルキーや

フランスキャラメル、カバヤのバナナキャラメル?

森永ミルクキャラメル、明治のサイコロキャラメルや

クリームキャラメルなど、子供のおやつの主流は

キャラメルでした。そのせいか

今でもキャラメル味が大好きです。

叔母はペコちゃん人形に触らせてくれながら

私に言いました。「○○○ちゃん、お歌を

歌ってくれたら、ミルキーをあげるよ〜♪」

それで私はいつも何回も、島倉千代子の

「この世の花」を歌わされました(~~;)

。。。。。

♪赤く咲く花 青い花

この世に咲く花 かずかずあれど

涙にぬれて つぼみのままに

散るは 乙女の

初恋の花♪

。。。。。

そして叔母は一緒に歌いながら

涙を流していました。叔母には

ついに添い遂げられなかった

恋人がいたのでした。

小さな心中未遂事件にまで発展したことは

ずいぶん後になって知りました。

よほど心に決めた人だったんでしょうね。

でもその後、なんとか立ち直り、

サザエさんにでてくるマスオさんみたいな

人のよさそうな方とお見合いして

幸せになりました。

めでたし、めでたし。。。。。

以上、ほんのつまらない

古い、古いお話でした。

皆様、どうぞ楽しい母の日、お過ごし下さいね♪

島倉千代子の「この世の花」を聞いて

昭和レトロ気分を味わいたい方はこちらへ:
http://www.youtube.com/watch?v=ahr-zF1XLkU&feature=related

Cam_3200.jpg
グッド(上向き矢印)裏側はレトロなお人形の柄。
(ペコちゃんには著作権がありますのでこちらのお品はお譲りはできません♪)
posted by おとめ at 12:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

古布押絵・昭和レトロ「あんみつ」

Cam_3198.jpg
グッド(上向き矢印)縮緬押し絵の白玉あんみつ。


マクドナルドなど影も形も無かった

昭和30年代の終わり頃?かな〜

いつもお腹が空いていました。

あの頃の食卓は今とちがってぐっと低カロリー

そのせいでしょうか? なにしろ

サザエさんのマンガでも、お母さんのフネさんが

「今夜はおみおつけぐらいにしときましょうか?」

なんていうシーンがある時代。とても質素でした。

中学〜高校時代、いつも親友と三人で

学校の帰りはバスに乗らず、長い距離を

おしゃべりしながら帰りました。そのせいか

駅につくとお腹ペコペコ。駅前にあった

小さな甘味処に入りびたっていました。

本当は学校に禁止されていた行為です♪(ペロッ)

そこでよくあんみつを食べました。

あんみつを食べるとこんどはさっぱりと

ところてんが食べたくなり注文→すると

またお腹が空いて→次はおしるこを注文、

それでも足りずに、のりを巻いてこんがり焼いた

磯辺巻きでしめる!なんてことも

めずらしくありませんでした。

黒蜜と、きなこたっぷりの葛もちや

三つ葉とゆずをそえたあっさりのお雑煮

なんかも食べました。

ああ、おいしかったなあ〜〜〜あのお店!

それでも不思議に太らなかったのは

何故だろう?今もってナゾです。

今同じ事ができないのはナ〜ゼ?

ああ、知りたい、このナゾが!

ああ、あの頃の胃袋に帰りたい。。。

いつか先生と店内でばったり鉢合わせ!にらまれたっけ。

でも向こうもバツが悪かったのか

あまり怒られませんでした。

ともあれ、あの頃の三人は

一緒に旅行し、ビートルズに夢中になり

卒業後はそれぞれの人生を歩み、

母となり、妻となり、お互いさまざまな挫折も経験し

今もって親友です。忙しくてなかなか

会えないけれど、いつもお互いのことは

忘れないのはわかっています。

(今月会える事になりました♪ヤッホ〜)

Cam_3182.jpg
グッド(上向き矢印)裏側は可愛い布を貼りました。

いつも応援ありがとうございます。
posted by おとめ at 10:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

古布押絵・ハンバーガーのブローチ

Cam_3176.jpg
グッド(上向き矢印)縮緬の押し絵でハンバーガー。ポテトは縫いぐるみ。
Gジャンやバッグにつけて楽しみます♪

先日のだっこちゃんに続き、懐かしい物や

好きなもの、レトロなものなどを

エピソードを交えて書きたいと思います。

今日はハンバーガーです。

食いしん坊なので気がつくと

食べ物の絵を描いていますが、

ハンバーガーってなんだかとっても

絵になるんですよね。これは

チーズバーガにして、レタスやトマトやピクルスも

はさみました(^^ ちょっと欲張り??

押し絵だとなんでもやりたい放題ですね♪

縮緬のしぼしぼ感?でお肉の感じも出せました。

ポテトは焦げた感じを出すために

染物用の絵の具で彩色しました。

どうでしょうか?おいしそうに見えるかな?

はじめてハンバーガーを食べたのは

銀座のマクドナルド第1号店で。

卒業して三越のすぐそばにあった会社に

勤務していたのでお昼にさっそく食べて見ました。

ポパイのマンガで(白黒TVで)ハンバーガーを食べる

おじさん(ウインピー?)をよく見ていて憧れていたのです。

それが現実に目の前に現れて

皆びっくりしたものです。それまでは

お肉といえば魚肉ソーセージか

鯨のステーキくらいだった時代。

それがビーフ100%というのですから。

あれからもう35,6年経ったでしょうか。。。?

あの頃を境に、急に皆の食生活も

豊かになってきた気がします。子供の頃の

貧しい食卓を経験したものから見ると

まさに夢の食べ物でした。

今は逆にちょっと食べ過ぎで

メタボ問題にもなっていますので(~_~;)

ほどほどに食べましょうね。

できれば。。。(笑)

Cam_3177.jpg
グッド(上向き矢印)白い絽の布が玉ねぎそっくりになりました♪

....................................................

いつも応援ありがとうございます。
posted by おとめ at 10:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

古布押絵・昭和レトロ「だっこちゃんのブローチ」

Cam_3184.jpg
グッド(上向き矢印)押し絵でだっこちゃんのブローチつくりました♪顔と耳がけっこう難しかったです(^^;)

昭和30年代に一世を風靡した

だっこちゃんブーム。。。私は小学校の

4年生くらい、だったかな?もう

ほしくてほしくて、親にねだったのですが、

「あなたはもうお姉ちゃんだから、ガマン

しなさい」と言われて、最愛のだっこちゃんは

9才年下の妹が買ってもらいました。あの時の

残念な気持ちはまだ覚えています。だって

大人のお姉さんたちが綺麗なドレスを着て

腕にだっこちゃんを巻きつけて歩いているのに

何故?どうして?妹はまだ赤ちゃんだし

私はまだ子供なのに、

とずっと思っていました。

妹は末っ子で、次から次へと

色んなおもちゃを買い与えられ、

私はガマンさせられることが多かったです。

でも今思うとそのことがかえって

私に良いクセをつけてくれたようです。

そして私は一つのおもちゃを、たとえば

カール人形を大事に大事にすることを覚えました。

そのせいか根気だけは今でもあります。

悪く言えばしつこさ、それが

物づくりにも役にたってくれるようです。

ほどなく妹はだっこちゃんに見向きもしなくなり

ブームもいつのまにか去り、あのだっこちゃんは

どこかへ行ってしまいました。

今こうしてはるかな年月の後、

自分の手でだっこちゃんを

作ることができて、幸せです〜〜〜

Cam_3185.jpg
グッド(上向き矢印)裏も可愛い布を貼りました


....................................................

いつも応援ありがとうございます。
posted by おとめ at 16:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

古布押絵「野いちごの髪飾り」

Cam_3119.jpg
グッド(上向き矢印)野いちごの髪飾り(バレッタ)

Cam_3120.jpg
グッド(上向き矢印)(裏側はこんな感じ)

さて、連休で各地へおでかけの方も多いこの頃

野山でよく見かける野いちごのバレッタ作りました。

赤い実は古い絞りの布、葉は縮緬の押し絵。

野山でなくても育つ野いちごがあります。

「ワイルドストロベリー」というイギリス原産の

ハーブの一種で和名では「蝦夷へび苺」

なんだか洋名の方がいいですね(^^;)

プランターに植えておくとどんどん増えます。

そのまま食べても、ジャムにしても

おいしいですよ(^o^)V




....................................................

いつも応援ありがとうございます。
posted by おとめ at 09:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

古布押絵「縮緬のキューピーさん」

Cam_0501.jpg
グッド(上向き矢印)縮緬の押し絵で作ったキューピーさん。ブローチです。


アンテイーク着物でも思いがけず

モダンな柄がありますが、

写真のブローチの土台に使った布。

これも昔の縮緬なんですよ。

どうみても洋服地。

ブルーグレーと白のストライプが可愛いので

キューピーさんの押し絵がぴったり。

まわりのレースも違和感ありませんね。

写真が無くて残念ですが

裏側も可愛いんですよ。

おもちゃ柄で凝りました♪

和風にこだわらず

自由な押し絵が好きです(^^

....................................................

いつも応援ありがとうございます。
posted by おとめ at 22:05| Comment(5) | TrackBack(1) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

古布押絵「ピザのブローチ」

Cam_2638.jpg
グッド(上向き矢印)ピザのブローチ。古い縮緬の押し絵で。

東京は今日も良いお天気です。

さて、今日はご覧のブローチです。

いたずら心で作りました♪

タバスコもつけちゃいましたよ〜

楽しみ方はGジャンにつけたりバッグにつけたり。。。

もっと色々な具のがあったのですが、

(バジル&トマトとか生ハムとか。。。)

でも写真で残っているのはこれだけです。

また作ろうかな♪

.......................................................

いつもお読みいただきありがとうございます
posted by おとめ at 14:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

りんご好き・ブローチとミニチュア

Cam_2324.jpg
古びた縮緬の色合いを活かした押し絵でりんごのブローチ

りんごが大好きです♪

この頃は農薬の心配があるので皮をむきますが、本当は丸かじりが好き。

まだ赤ん坊の頃、私が泣くとすぐりんごを丸のまま一個もたせると泣き止んだと母が今だに言うくらいのりんご好きです。

そのままも好きですが、サラダに入れたりアップルパイにしたり。。。

「りんごが赤くなると医者が青くなる」と言われるくらい健康に良いりんご。

たくさん食べたいものですね。

Cam_2212.jpgこちらは子供の頃のおべんとうに良く入っていたうさぎりんご。小さな小さなミニチュアです。豆市松さんにぴったり。
posted by おとめ at 12:34| 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

古布押絵・縮緬の犬「雪やこんこ」

Cam_2188.jpg
元気に走り回る犬のブローチです。

古い縮緬の押し絵でつくりました。

♪雪やこんこあられやこんこ〜

犬は喜び庭かけまわり

猫はこたつでまるくなる〜〜〜♪

なんて小さい時歌いましたね。

個人的には猫派なんですが、

犬もきらいじゃありません。

ただ犬が私を嫌いらしいのです。

怪しい者じゃないのに。。。(..;)

押し絵の時は猫よりむずかしいかも。

表情うまく出てるかしら。。?
posted by おとめ at 15:41| 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

古布押し絵・犬張子

Cam_2158.jpg
古布縮緬の押絵で犬張り子のねつけを作ってみました。

犬張子の起源は古いそうですね。

平安時代に狛犬をもとに、いつの間にか

子供のお守り犬となったとか。

よくでんでん太鼓がつきますが

裏表のない良い子供に育つおまじないなのだそうです。

安産のお守りにもなり、またザルをかぶったものは

子供の鼻詰まりのお守りですって。

面白いですね。

ザルは竹でできており、竹+犬で「笑」

つまり明るい子供に育つようにとの願いもこめられています。

こんな小さなものにもさまざまな歴史や

エピソードがあるんですね。

Cam_2166.jpg
こちらは帯留めにしました。

。。。。。。。。。。

今日もお読みいただきありがとうございます。

いつもたくさんの応援をありがとうございます!




posted by おとめ at 17:45| 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする