2018年06月01日

レトロなポーチ制作中

CIMG6577.JPG
定番品の制作中。

下町言葉で言うと「しっちゃかめっちゃか」状態(笑)

ヘタすると自分の座る場所も無くなります。


レトロなポーチはしばらくご無沙汰だったので

また作り始めました〜。


これがね〜あ〜た、もう大変なんですよ。

まず布探しでしょ、押入れをしっかきまわして

(ひっかきまわして)痛い腰をさすりながら

布探検で三日費やしました。


なにしろ人間が住んでいるのか布が住んでいるのか

わからない家だもんですから・・・


やっとこさ好みの布をチョイスしてアイロンかけ。

洗ってないものは手洗いします。


柄合わせをして布カット。

次に〜片っ端から接着芯、キルト芯を貼るんですが

これも一日がかりの作業。もう肉体労働じゃ。


いえ、こんなの肉体労働なんて言ったら、こちらでは

裏の畑を耕してる私より一回りも二回りも年上の

ご先輩たちに叱られちゃいますけどね。


まあ〜こちらのお年寄りのお元気な事!

同じ人類とはとても思えません(笑)


ともかくこの作業は絶対手を抜けませんね。

簡単なデザインほど実はごまかしがきかないのです。


ここで丁寧に芯張りをすることで、古い布をいたわり

長持ちさせるし、また、その時傷みや破れなどが無いか

点検します。


傷みがあれば繕ってから裁断します。

お値段は安くなっちゃいますけど私は傷みや汚れの

ある布もこうしてできるだけ使います。


ミシンで縫うまでに一週間かかります。

でも好きなことですからね〜。


可愛いレトロな柄を見ていると癒されますし、

色の組み合わせを考えるのは楽しいです。


でも売る時になるとこれがまた大変。

小学生で祖母に教わり初めて縫物をして以来

ミシンを踏んで半世紀、古布にたずさわって30数年の

このあたしでも、値段付けには苦労します。


大体ショップやヤフオクには1000円〜2000円台で

出しておりますが、レトロ生地って高いんですよう!

儲けなんて出ませんが、まあ自分も楽しんでますからね。


ヤフオクは私はたまにしか出しませんが、現在完全に

買い手市場で、手作り出品者さんは皆さん大変苦労

されていると思います。


中には本当に道楽人のような方が、けっこう

手の込んだ「作品」を物凄く安く売っていたりね。


とは言ってもね、中には生活かかって必死で

やってらっしゃる方もいるんで、あんまりべらぼうに

安くしてもその方たちにも気の毒だと思いますね。


なので私は高くもなく、安くも無い値段で

お願いしておりますよ〜。(買ってね)


それから著作権なんかの問題もあって、

ネットショップでは問題ないですが、ヤフオクでは

作家名ではなくIDで出品しますからね。

雑誌に発表されたデザインはその旨表記してます。


これは自分の著作権を守るというよりは

雑誌に載っているデザインを私がコピーして

販売していると思われない為なんです。


以前「和布くらふと」さんで小物やポーチを

数多くご紹介いただいたものですから。


誰だってない頭を振り絞って考えたデザインを

コピーされて金儲けされたくないですが、

それ以上に気を遣う事もあったりします。


CIMG6578.JPG

うふん、また可愛いのできました〜。

左は口元をかがった巾着でツバメのお母さんの柄。

右はバネ口金のポーチ。大好きな猫さんの柄です。

この柄ももうあと僅かです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いつもお越しいただきありがとうございます。

色々置いていますのでどうぞ。



posted by おとめ at 11:23| Comment(0) | 古布バッグ・ポーチなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]