2018年04月16日

乙女なブローチの世界

みなさんこんばんは〜♪

なたね梅雨で雨が降りがちなこの頃・・・


小さい頃、雨降りで家の中にいる時は

たいていぬりえやお絵描きをしていました。


そんな昭和レトロな昔を思い出していたら

またお絵描きがしたくなって、そこらへんの

ボールペンやサインペンで・・・

CIMG4580.JPG
ぬりえ風のいたずら描きをしていました。



昭和30年〜40年代に一世を風靡した

きいち風や少女漫画風など気の向くままに描いて

懐かしんでいたら、ふとこれを使えないかな〜

と思いまして。


パソコンで縮小プリントしたんです。

そしたらこれがまあ、面白いのなんのって。


もうハマりましたよ。

さっそくこれを「部品」にして、あれこれの材料を

ひっかきまわして作ったのがこれ↓


CIMG4404.JPG
手描きのイラストを縮小すると

ブローチに丁度のサイズになりました。


ベースに古布を貼り、その上にコラージュしました。

雨にぬれても大丈夫なように「ラミネートフィルム」

でしっかりと閉じ込めたレトロな乙女の世界です(^^♪


まわりはおフランスのアンティークレースで囲み

ビンテージ風のペーパーやお花のパーツなどで

可愛く飾ってあげました。


うらはこんな感じで↓

CIMG4405.JPG
合成皮革を貼ったのでしっかりとしてます。


CIMG4407.JPG
こちらは大正風の女の子。

まわりに錦紗縮緬とアンティークレースでトリミング

そして小さな小さな押絵をアレンジ。


CIMG4421.JPG
キューピーちゃん💛


こんなのも↓

CIMG4427.JPG
明治の女性が猫を抱っこしてます。

切り抜きの文字は夢二の詩の一節。

背景は贅沢にも江戸縮緬です。


巾着やバッグ、帽子につけたり、シンプルな

手編みのセーターやデニムの服につけたりと

色々楽しめそう。


その昔のまたむかし、これでも中学の頃は

牧美也子や千葉てつやなどの漫画家にあこがれて

描き方を自己流で勉強していたことがあったんです。


もちろん夢は破れましたけど、今はこんな

楽しみ方ができてとても嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもご訪問ありがとうございます。


お譲りもしています。

posted by おとめ at 21:33| 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする