2017年10月06日

レトロなお弁当

CIMG8915.JPG
小さな小さな縮緬のお弁当
Tiny OBENTO with chirimen silk


懐かしい昭和のお弁当を作ってみました〜。

まだ小学生の頃は学校給食が始まったばかりで

週に何日かはお弁当を持って行った記憶があります。


冬の寒い日はダルマストーブのまわりに金網の棚があり

そこでいっせいにお弁当を温めたもんです。

お昼近くになるとぷ〜んとお弁当の匂いがただよい

腹の虫が頼みもしないのに泣いたっけ。


CIMG8917.JPG

当時のお弁当箱って女の子用はこんな花柄で

アルマイトっていうアルミの一種でできてました。

ただただ懐かしいです。


こちらのおかずはえ〜と、ごはんの上に梅干しのっけて

ゴマを散らしてあとたくあんでしょ〜

それから焼いた塩じゃけとヒジキの煮つけ

あとは大好きな玉子焼き〜〜〜〜


CIMG4861.JPG
こっちは蓋の無いバージョン作りました。

当時の定番だったうずら豆の煮ものも入れました。


今海外では日本のOBENTOが大人気。

私はちょっと食欲が無いときなどわざとお弁当箱に

おかずとご飯を詰めてみます。

そうすると同じ物でもぐっと美味しく感じるんですよ。

不思議ですね〜。


母親が商売をしていて忙しかったときなど

お弁当箱をあけるのが怖かったんです。

何故かって?

蓋をとると「真っ黒け」なんですよ。


べったり一面に海苔がのせてあって

あいだに醤油をからめた花かつおが

サンドイッチみたいにはさんであって

上にちょこんとたくあんが載ってました。


その時はもう恥ずかしくて恥ずかしくて

まわりのお友達の具沢山なお弁当が

心底うらやましかったです。


でも、今思うと忙しい中そうやって

正統派?ののり弁を作ってくれた母親に

感謝で一杯になります。。。


CIMG4862.JPG
裏側も可愛い子供着物の布で。

CIMG8916.JPG
こっちは猫さんの柄です。

食欲の秋。。。食いしん坊の私は

またおいしそうなものを続々作りそうです(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いつもたくさんのアクセスありがとうございます。

ご質問、ご意見、コメントなどありましたら

ネットショップのお問い合わせより

お願いいたします。

Please feel free to leave comments 

from here.
posted by おとめ at 10:13| 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする