2013年10月15日

古布ポーチ/パッチワーク
「晴れ着の少女たち」

お知らせ:
このところまたちょっと事情でパソコンに向かう時間が減りそうです。
創作は続けていきたいので、ひとまずあし@、ワノコト、blogramなどから退会させていただきました。

今までせっかく応援していただいたのに本当に申し訳ありません。心からお礼申し上げます。

あし@でのお友達の皆様やお気に入りの皆様へのご訪問はこれまでどおりさせていただきますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

十月二十九日
おとめ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

CIMG0562.JPG
古布パッチワークのポーチ。
晴れ着を着て嬉しそうな顔の少女達です〜。
四人そろって「若草物語」?

このところなんだか憑き物のように

江戸時代づいてしまい

京極夏彦さんのミステリーに出てくる

古本屋のあるじ「拝み屋」さんに

憑き物落としをしてもらいたい(笑)

纏のバッグだとかサムライだとか

国芳をパロったお江戸猫が出たと思ったら

はたまた遊女などなど

妙に本来の大正浪漫や昭和レトロな

乙女路線から脱線して

勝手に組んでいた「お江戸特集」

(国芳の絵を見すぎたせいかも)

人間長くやっていると時には

全く違う事もやってみたくなるもんです。

よね〜〜?

話は違いますが、この京極夏彦さんの

一連のミステリー(俗にレンガ本と言われる)

分厚い本に今年の夏はとりこになりました。

7月、8月と主人が入院続きでしたが

遠くの病院へ行くときも

電車内で読みふけってしまい

あわてて降りる事もしばしば。

おかげで病院へついてもニコニコ顔で

主人と対面できました〜。

心配事で胸がふさがれそうな時は

何か夢中になれるものに没頭するといいですね。

探偵の榎木津礼二郎の大ファンでして

いつもミステリーを読むと登場人物にどうも

俳優の顔をあてはめてしまうクセがあって、

この榎木津礼二郎にぴったりなのは

絶対阿部寛さんだな〜と勝手に思ってました。

そしたら! なんと!

実際に映画で出演なさっていたんですよ〜。

それも誰あろう榎木津礼二郎の役で!

いや、映画は全然見てないし知らないし

本当なんですよ。もうびっくりしました。

で何だか嬉しくなっちゃって ますます

京極作品にのめりこんだというわけです〜。

乙女心を刺激する作品が多くて。。。

おっとまた話がそれちゃった。

そんなワケで

私はいくつになってもやっぱり

乙女でいるつもりです〜。

お江戸はひとまず置いといて

この辺で軌道修正です〜。

やっぱり可愛い乙女はいいな〜。

自分本来にもどったようで嬉しい。

こんなポーチを作っていると

本当に幸せ気分になりますもの〜。
CIMG0440.JPG

CIMG0561.JPG
顔は手描きで、着物はぜいたくな

古布錦紗や縮緬です。

本物の頬紅でほんのりお化粧も。。。

その昔 晴れ着を着せられて

ぬぐのがイヤだとだだをこねたっけ。。。

子供心にも 絹の柔らかな肌触りが

心地よかったのでしょう。

寒い時期で そのまま

火鉢のそばでうたた寝していたら

錦紗の袖を焦がしちゃって。。。

その着物の柄もはっきり覚えています。
CIMG0563.JPG
うしろ姿

携帯やデジカメを入れて

バッグから下げられるように紐を

つけました。

七五三にもたせても可愛いかも。

紐の一部はまたまた

大好きなアンティークの羽織紐!

いいな〜素晴らしい日本の手仕事を

こうして生かせるのは最高!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
今日もお読みいただきいつも沢山のアクセスに

本当に励まされ、感謝感謝の毎日です。

これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます〜。




posted by おとめ at 08:03| Comment(19) | 古布バッグ・ポーチなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おとめさん、こんばんは!
先日は元気になるメッセージを頂いて、ありがとうございました。お陰様で目覚めて、また手作りを始めています。
そして、今日のブログを拝見して、すごく感動しました。可愛い!前も後ろも手がかかっていて、お顔もビューティフル!アイデアがいいですね。
おとめさんの想像力を見習って、私も頑張りたいと思いました。
直に見ると、どんなに素敵でしょう!

元気と夢をくださって、ありがとうございます。また、来ますね〜!!
Posted by 夢見 at 2013年10月15日 22:55
夢見さんおはようございます〜♪

こちらこそ励みになる言葉をありがとうございます。やっぱり私には乙女な世界だな〜と
つくづく思いました。

最近また夢見さんががんばっているので本当に嬉しいです。お母様ももちろん見守っていらっしゃいますよ。

人間誰でも生まれたら良いことより辛い事の方が多いですから頑張るしかないですもんね。良いことなんてほんのちょっぴりです。

でも自分の世界があればちょっとしたコツでそのほんのちょっぴりがとても多くなるんですよね。

夢見さんは一流の人形作家になれる方だと信じています。これからもずっと応援していますよ。

それにしてもあのタグは可愛いな〜♪
Posted by おとめ at 2013年10月16日 08:51
こんばんは
何度見ても可愛い四人の女の子 
本物のほほ紅をさしているんですね。
子供のころ晴れ着を着て飛び跳ねていて転んだ
ことを思い出しました。
全く知らない土地に主人の転勤で来まして
突然夫は、遠くへ旅立ってしまいその一年後に娘まで・・哀しい人生ですねって云われるのが、もっと辛いです。友達二人の親身な助け舟が、無かったら生きていられなかったかも知れません。
長く生きているといろんなことが、ありますね。 現在は、前向きに明るく生きています。

Posted by monarda at 2013年10月17日 18:40
コメントありがとうございます!
これは素敵ですね。
日本の手仕事物には目がない私です。
顔が難しいのですが非常によくできていますね。
Posted by やらいちょう at 2013年10月18日 08:09
Monardaさん、コメントありがとうございます。

いつもブログを拝見して、抜けるような清涼感と深い優しさを感じていましたが。。。そうだったのですか。。。

人にはさまざまな苦労がありますが、中でも愛する人との別れが一番しんどい苦労だと思います。

主人の妹も一人は立て続けに二人の子を亡くし、もう一人の妹はお腹の子の父親を結婚寸前に亡くしました。今はとても明るく生きています。人間て強いものだな〜とつくづく思います。

Monardaさんもとてもお強いですね!よくぞここまで来られました。

人が苦労するたびに天使がその人に優しさのベールをかけてくれます。
そのベールは苦労を重ねるたびにその人のまわりに積もり、最後には限りない優しい光となって周りの人を照らす。。。そんな気がします。

Posted by おとめ at 2013年10月18日 08:53
やらいちょうさん、こちらこそありがとうございます!

もう笑いすぎてお腹の筋がどうにかなってしまいそうですわ。。。罪なお方(笑)

「乙女心よいつまでも」と並んで、「猫と笑いは人類を救う」が私のキャッチフレーズですが、まさにぴったりのブログで嬉しくなってしまいました。

私もあの居酒屋に行って「ふろしき大根」や「かつおの肩たたき」注文したいですにゃ。
Posted by おとめ at 2013年10月18日 09:03
本の掲載作品も素敵ですが、
こちらも. . . !!
いやいや、拝み屋さんにはらってもらっては困ります。
このままの作品を作られる
乙女さんでいていただきたいです。

京極さんのご本は、何冊か読んでいるのにちゃんと記憶してないーーー。記憶力の問題が。(汗)中禅寺さん、榎木津さん、関口さんは覚えてるのですが。乙女さんのイメージピッタリの役者さんが演じていらっしゃったなんて、京極さんと同じイメージなのかも。
魍魎の箱は覚えています. . . あとなんだろう。私はもともと百鬼夜行というものが好きで、家の中にも河鍋暁斎の百鬼夜行絵巻のコピーを飾っているくらいなんですよ。
そして、京極夏彦さんも絡んでいらしたかな?荒俣宏さんとか. . . の、百鬼夜行のフィギュアを一生懸命集めました。(笑)小説とはちょっとずれてますね. . .
Posted by めんまねえちゃん at 2013年10月19日 19:34
めんまねえちゃん様!

嬉しいな〜ねえちゃんにそう言われると。
もう日々試行錯誤なので何を作り出すかわからない状態が続いています(笑)

そうか!ねえちゃんも読んでいたんだね!おまけに荒俣宏ときた!いいね〜。趣味がますます合いますね〜♪

百鬼夜行絵巻!あの絵面白いよね。飾っているとはね〜。参りました。フィギュアもあるの?すごいね〜。

今のところ魍魎の箱が一番面白かったかな〜印象に残る作品ですよね。箱の中の美少女!
でもミステリーって読んで結末がわかればおしまいだからストーリーはすぐ忘れちゃいますね。

本当に榎木津=阿部寛にはびっくりしたな〜
別に阿部寛さんのファンでもないんですが、あの人の出来すぎた綺麗な顔が榎木津にはやっぱりぴったりかな〜って自然に浮かんできたのよ。でも榎木津のキャラが好きなのに阿部寛まで好きになったらどうしよ〜。
Posted by おとめ at 2013年10月19日 21:01
こんばんは、
とても可愛い小物に癒されます。

14歳になる 愛猫 手術を迷って迷って 決心しました。
これから先も可愛がって行きたいと思います。

心のこもったコメント
本当にありがとうございました。

Posted by るん at 2013年10月20日 22:27
こんばんは、

おとめさん
昨夜 コメントを書いたはずなのに (つд⊂)ゴシゴシ無い???

すみません
…ありがとうございました。<(_ _)>
Posted by るん at 2013年10月22日 00:05
るんさんコメントありがとうございます。

ごめんなさい!承認後の表示になっていましたので、コメントがすぐに反映されないで。
ちゃんといただいてますので大丈夫です♪

口がきけない、訴える事ができない、ただじっと耐えているペット。。。その具合が悪いのは本当に辛いものです。

まして目に入れても痛くないくらい可愛い存在ですものね。

息子さんもお優しい方ですね。これからもお大事になさってくださいね。
Posted by おとめ at 2013年10月22日 09:49
こんにちは
寒くなってきました。
先日26日コメントをいただきありがとうございました。 返信欄に書いていましたが、
足ともさんになって頂いているのにそのマーク
が、何故かついていない事。

そして今日気がついたのですが、削除されて
います。  なにかお気にさわる事が、ありましたらごめんなさい。 済みませんが、今一度
先日のコメント返信を読んで頂きたくお願いに
伺いました。
Posted by monarda at 2013年10月28日 16:09
Monardaさん!

ごめんなさ〜〜い!

色々ご心配おかけしました。あとでご挨拶に伺うつもりだったのですが、実は色々考えましてあし@ならびにワノコトなどを退会させていただきました。

そのために表示が出なかったのだと思います。気にさわったなんてとんでもない、あし@は退会しましたが、これからもブログにはずっとお邪魔させていただきますので宜しくお願い申し上げます。

Posted by おとめ at 2013年10月28日 17:53
おとめさん  
ごめんなさい。  こちらこそ気をまわし過ぎてしまい申し訳ありませんでした。
おとめさんに足ともさんになって頂いてとても嬉しかったのです。 
ご主人さまの事が、何より一番大事です。
治療の方にお力を注いでください。
早く良くなられますようお祈りいたしています。お忙しいでしょうお体には十分お気をつ
けてくださいね。 これからも宜しくお願い
致します。

Posted by monarda at 2013年10月28日 18:55
あしあとなどのツールはどなたが来てくださったかがわかってよろしいのですが、時間がない時にはご訪問できないことが気になってしまって負担に感じることもしばしば。
あしあとやコメントがなくても心のつながりがなくなるわけではないですものね。
時々でもブログを更新されて新しい作品にお目にかかれたらうれしいです。
どうぞ無理のないようにご自分を大切になさってくださいませ。
Posted by ビタースイート at 2013年10月29日 07:25
monardaさん、お優しいお言葉をありがとうございます!こちらこそお友達になって下さって本当に嬉しいです。

これからもブログに伺って一緒に野山の空気を吸った気分を楽しませていただきますね。

おかげ様でがんばれます♪
Posted by おとめ at 2013年10月29日 10:29
ビタースイートさん、ご訪問ありがとうございます。退会したとたん、今日は何故かヒマです(笑)

そうなんですよ〜その通りなんです。さすがお察しがいいビタースイートさん!
お友達へのご訪問は楽しいのですが、アフィリ系の方とかあまりに考えのかけ離れている方とかへは。。。ちょっと毎日はきつくて。

ワノコトはマイペースで創作ができなくなりそうなので。。。それに全部和ばかりというのも鼻について来ました。。。ワガママな私です。

こんな私ですが、これからもお見捨てなきよう宜しくお願い申し上げます。

Posted by おとめ at 2013年10月29日 10:36
こんばんは。

乙女さん、あし@を退会されても、
私には乙女さんの更新がすぐにわかります (^-^)/

アメブロを持っていると、
アメブロ以外のお気に入りブログも登録できます。
乙女さんのブロクはそこでチェックしてるので、
更新されたらすぐにお邪魔してますよ♪

いつまでも一緒!(^^)!
どうぞよろしくお願いしますね。
Posted by 箱入り嫁 at 2013年10月29日 23:02
箱入り嫁さん!わ〜い嬉し〜〜!

こちらこそずっと宜しくお願いしますね。

元祖「今日も元気だイエイイエイ教!」は脱会しないからね〜(笑)これからも頼りにしてます、教祖さま〜♪
Posted by おとめ at 2013年10月30日 08:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]