2010年11月15日

泣いてたまるか

PB110777.JPG
夫は検査中

ここで結果をじっと待っていました〜

そう。。。昨日はついに検査結果が出る日でした。

結果はやはり

再入院でした。(><)


♪天が泣いたら 雨になる

山がなくときゃ 水が出る

俺が泣いてもなんにも出ない

意地が涙を・・・泣いて泣いて

たまるかヨ 通せんぼ♪

。。。。。。。。

。。。。。。。。

。。。。。。。。

てな心境ですね(^^;)



主人の負担にならないようにと

おとといはアネットが

美味しいお菓子と一緒に

我が家に来てくれ

久しぶりに楽しく過ごしました。

PB130820.JPG
ワーフルハウスのホームメイドワッフル

神戸のオランダ人のお友達がやっているそうで

食べ応えのあるワッフルです。

ラベルはご自身のお子さんがモデル。

ほっぺた落ちそうでした〜。

検査日の前日だったけれど

彼女のおかげでだいぶ気がまぎれました。

会えば必ず出る昔話や

古布に目が無いアネットなので

その話をすればきりが無く。。。

目黒の池田にも行ったそうです。

おみやげに手縫いの巾着あげました〜。

それから

自分でもスカーフ縫いたいと言うので

古布も何枚か二人で選んだりして

とても楽しかった〜。

fbab.jpg

最後に

床一杯に散らかった古布を

一枚一枚いとおしそうにたたみながら

籠に戻すアネットでした〜。

「日本の絹は特別ね」と言ってました。

「昔の絹はね」と私。

独特のとろけるような肌触りは

今の絹にはありません。

アネットがくれた手作りプレゼント↓

PB130815.JPG
なんと海で拾ったガラスのかけら

長い年月波にさらされ

なめらかになったガラスは

どんな天然石より輝いて見えました。

なんともアネットらしいプレゼント!

こんなガラスになれたらな〜

荒波をくぐり

魚につつかれ

岩にぶつかりながらも

岸辺にたどりついたガラス

。。。。。

。。。。。

アネットの無言のメッセージが

こころに沁みます。

。。。。。

それにしても

またもや手術の主人

予想していたとは言え

ただの炎症かもと

ちょっぴり期待もしてしまったので

けっこう辛いものがあります。

。。。。。

。。。。。

♪海は涙の 貯金箱

川は涙の 通り道

栓をしたとてだれかがこぼす

ぐちとため息・・・泣いて泣いて

たまるかヨ 骨にしむ♪

。。。。。

。。。。。


病院では結果を聞いて

急激にテンションダウンしていた私達の前に

入院の時にお友達になった

日本人のSさんが現れました。

主人と同じ60代半ばくらいの

とても穏やかで健康そうな方なのに

膀胱摘出、狭心症、糖尿

などでご苦労なさっていらっしゃいます。

同病相哀れむで

色々と世間話をして

なんとなく気持ちもなごんで来ました。

お互いがんばるしか無いということで

7回目の入院は12月の中旬

それまでは

ぼちぼち やっていきますので

皆さんこれまで通り

応援宜しくお願いします〜。

m(__)m


♪上を向いたら キリがない

下を向いたら アトがない

さじをなげるは まだまだ早い

五分の魂・・・泣いて 泣いて

たまるかヨ 夢がある♪

(渥美清 「泣いてたまるか」)より


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

posted by おとめ at 08:35| Comment(6) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夫さんの再入院...
でもでも、あまりに無理なさらないで、
なけるときは、泣いてもよいのかもって
思います。
泣かずにいられるなら、それもいいけれど...
どこかに負担がきてしまうならば、
私は、泣いちゃっても、叫んじゃっても、
つらいよーって時に愚痴を言ってもいいかしらなんて
甘えたことを思います。へへへ。

父も、入退院、大きな手術も込みで、
カウントし忘れちゃったほどありました(二桁は確実。)けれど、
本人が一番、「いやーちょっと静養に」くらいの
明るさがあって、それは病気の細かいところを
知らされてないがゆえでもあったわけですが、
...夫さんが、落ち込んで免疫が下がらないことを、
そして乙女さんも、7回って、お世話する家族にとっては
本当に大変ですが、とにかく、わーって泣いたとしても
できるだけ、落ち込みやストレスをためたままで
いないように、なんとか、楽しいことがたくさんありますように。
また、メールいたしますね!って
とろいから遅いかもしれないです...(汗)
Posted by めんまねえちゃん at 2010年11月14日 19:06
めんまねえちゃん様!

やっぱ元長女の影響か、それとも日頃私がラテン系で夫がウエットな日本人の生まれ変わりらしく、私が泣いたら全部終わり。。。みたいな感があるんですよ〜。

だもんで、泣くになかれぬ状態。てか、もう涙なんか出ないですもんね。ははは。
でもねえちゃんの優しいお言葉ありがとうございます。すごく慰めになってます。

ねえちゃんもお父上のことでは並大抵のご苦労ではなかったですもんね。やはり。。。
ご本人が明るいのはかえって周りが辛いかもしれなかったですね。。。

その点では夫はけっこう甘えん坊なので私は逆に助かっているかもです〜。

私もねえちゃんにメールしなきゃならないと思いつつ、このところの来客ラッシュの対応に追われて二の足踏みっぱなしです。

落ち着いたらロングメール書きたいな〜♪
Posted by おとめ at 2010年11月14日 21:29
乙女さん^^*
私が一番辛いとき
いつも心の中で繰り返していた言葉。
『病人と一緒になって苦しんではいけない』
私が一緒に苦しんでも夫はラクにはならない。
なら、心を鬼にしても苦しまない!!
その代わり、
私にできる限りのことを夫のためにする。
夫の苦しむ姿を見るのは苦しかったけど
焦点をあわせるのは自分のできることだけにしました。
泣いてたまるか・・・
苦しんでたまるかの箱入り嫁でした。
ご自愛くださいね(o^-^o)
Posted by 箱入り嫁 at 2010年11月15日 16:38
おとめさ〜ん 御主人様のこと、私には計り知れないほどショックだったことでしょうね。

実は、私の姉も今年の春、甲状腺に癌が見つかりリンパ腺に転移していたので全部摘出しました。身内で初めてだったのでとてもショックでした。
でも本人が一番大変なんですよね。

おとめさん、私は頑張ってて言わないことにしているのですが、今回だけは頑張ってほしい。御主人様の力になってほしい(十分力になっていると思いますが・・・)

今までもいろいろ乗り越えてきた乙女さんだから今回も絶対に大丈夫♪
ぜ〜たい大丈夫だからね♪
Posted by うさぎ家 at 2010年11月15日 20:19
箱入り嫁様〜!

>『病人と一緒になって苦しんではいけない』
私が一緒に苦しんでも夫はラクにはならない。

これはまさに私もいつも考えていることです。本人が辛いのは無論なのですが、それによって私が苦しむのは本人にとって一番やりきれないことだと思うのです。私が元気でリラックスしているほど安心するみたいです。

自分のせいで人が悩むほど辛いことはありませんものね。

なので苦しさが全く無いと言ったらうそになりますが、私もあまり深刻に考えない癖がだんだんついてきました。
もちろん「イエイイエイ教」のおかげもだいぶありますが〜(笑)本当に良いものを伝授していただきました!

なるべく気がまぎれるように、時間が許す限り縫い物をできるだけやったりして自分を落ち着かせるようにしています。(^^


Posted by おとめ at 2010年11月16日 21:57
うさぎ家様〜〜〜!

そうですか〜!うさぎ家様も大変でしたね。
さぞご心配なさったことと思います。

私達はガンや成人病にならないよう昔から食事など気をつけていたつもりですが、なる時はなってしまうものですね。

それにしてもこの頃ガンが多いですね。
最近はあちこちで耳にします。
でも治療も格段に進んでいるのは事実です。

負けずに主治医の先生を信じて治療に専念したいと思います。いつも応援心強く感謝に耐えません。

本当にありがとうございます!
Posted by おとめ at 2010年11月16日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。