2010年02月06日

落ち込んだときは その1

*猫に学ぶ〜ノラの哲学

子猫ポーチ(椿).jpg
グッド(上向き矢印)シンプルなポーチ。

子猫が2匹。。。何かを見つけました。

虫かな〜チョウチョかな〜

こんな風に遊んでいるうちがハナだわね〜♪

。。。。。

お正月から主人の検査が続いており

不安から不眠に。

それで連日夜中の三時に目が覚めて

時間がもったいないので

へたなミステリーなど書いて

(あ、その節はたくさんのアクセス

ありがとうございました!)

自分を鼓舞しておりましたが。

どうやら雲行きはあまり良くありません。

昨日病院で先生からお話が。

別の臓器にまた新たに腫瘍が見つかりました。

来週検査入院します。

10月にはな〜んにも無かったというのに。

進行が早いということでしょうか。

最悪の場合 片一方の

臓器摘出ということだそうで。。。

ノー天気な私もさすがにやられました。

でも 人間自分の身に起こったことは

受け入れなければどうしようもありません。

猫から学んだ哲学です。

落ち込むたびに 猫に救われています。

猫はすべてを受け入れて生きているからです。

主人も淡々と受けとめています。

文句一つ グチ一つ 言いません。

猫みたいに立派です(笑)

サムライみたいというべきか。

そして相変わらず 雨だろうが雪だろうが

365日 欠かさず

近所の野良にエサをやりに行きます。

不妊手術をしたのを2匹めんどう見ているんです。

近所の人も皆で可愛がっています。

一匹はくーの母親ですが、野良性が強くて

とてもマンションでは飼ってやれませんでした。

名前はミミといいます。

もう一匹はモモと言って ちょっとドジですが

ものすごく人なつこく可愛い子です。

始めはモモコと呼んでいたのですが

オスとわかって急きょモモに。。。

先日も噛まれて顔が3倍くらいに腫れたので

抗生物質を飲ませたらなんとか治りました。

この2匹も引き取れるように 一軒家に住もうと

家さがしをしていた矢先に

主人の再入院となってしまいました。

くーちゃんの去勢手術もさきのばしに。

計画どおりに行かないのは世の常ですね。

まあ、こんなものかな〜

子猫ポーチ(椿)2.jpg
グッド(上向き矢印)ポーチの裏側です

大正時代の子供着物の布で作りました。

白椿が2輪 くるくる回る独楽。。。

昔の布は可愛いです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

posted by おとめ at 09:42| Comment(2) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

臓器摘出したとしても、
今はいろいろと医学も進んでいますし、
先生が前におっしゃったのは、
本人が前向きであると、治っていく確率も
高いってことでした。
乙女さんも、パートナーさんも、どちらも
素敵です。いい方向に向くように祈っています。
そして外猫のごはんも、ご苦労様...
うちは、めんまの母の家は、ずーっと、2年近く
めんまおかあさんを見てないのですが、
まれに妹や弟を見たりできて、(あまりに野良なので
そばには寄れません。ちらっとみるだけ)
そのときは幸せです...

くうちゃんのお母さんたちも、すごく恵まれていますね。
Posted by めんまねえちゃん at 2010年02月07日 18:58
めんまねえちゃん様
こんばんは!
いつもご心配かけてごめんなさいね。
ありがとうございます。
そう言って下さると随分安心して樂になります。

そうですよね。何より本人が前向きにならなくては治るものも治りませんよね。

ノラ達のおかげで主人はだいぶ救われているみたいです。
ネコ達の力ってすごいですね。

めんまちゃんのお尻力もすごいです。あれを思い出すだけでハッピーに笑えます♪
Posted by おとめ at 2010年02月08日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。