2012年03月21日

古布バッグ・大正浪漫・コラージュ
「真夜中洋裁店」

P3192329.JPG
古布コラージュバッグ「真夜中洋裁店」

大正浪漫な春色コラージュバッグできました〜♪

「マヨナカヤウサイテン」

オソラニ オホシサマガ

ナンキンダマノヤウニ ヒカルコロ

オカアサマハ コベヤデ チヒサナ

ヤウサイテンヲ オヒラキニナリマス。

アサッテ オトウサマト ヒビヤヘ

オカイモノニユクノデ

ユキコサンノ アタラシイ

オヤウフクヲ ヨナベデ シアゲテ

イラッシャルノデス。

オカイモノノアトハ スキヤバシヘデテ

ヤウショクモ イタダクヨテイデス。

P3192325.JPG
オカアサマハ トテモモダーンナカタデ

カミモ ダンパツニナサッテ

オキモノヨリ オヤウフクガオスキナノデス。

ユキコサンガ ウマレルヨリズットマヘニ

ガカノオトウサマトゴイッショニ

パリーニ イラシタコトガアルタメデセウ。

ソノトキニカワレテ タイセツニシテイタ

キレイナ レエスヲ エリニオツケニナリマシタ。

ユキコサンハ アタラシイオヤウフクト

ピンクノエナメルグツヲ ハクノガタノシミデ

ナカナカ ネムレマセンデシタ。。。

。。。。。。。。。。。。

ざっと大正時代風に

書いて見ましたが。。。

読みづらいでせうね(笑)

いつかご紹介した大正時代の手芸の本

白黒のコピー原稿だったけど

そこに出ている少女の服の作り方が

なんか可愛らしくて

何かできないかな〜とイメージを膨らませて

作ったバッグです〜。

ちなみに「ナンキンダマ」とは

今で言う「ビーズ」のことです♪

ナンキンタマスダレ じゃありませんよ〜!

レトロな型紙を布に写して

大正〜戦前の木綿や銘仙などと

コラージュ風にパッチ

P3192327.JPG
少女の好きなお菓子や本

小さなクマさんは手足可動♪

靴やバッグ、帽子は古縮緬の押し絵で作り

でもって、ヒミツはねえ〜〜

見えるかな小さい香水瓶。。。これね、へへ

なんと100均ショップで見つけた生地(ナイショ)

「おパリ〜」のアンチックレースなどと

ミスマッチング

大きな布花(これ作るの一番大変だった)

がポイントの愛らしいバッグです〜

P3192326.JPG
バッグ裏側

断髪のお母様やレース、お星様。。。

こんな風に和と洋が混ざった感じ

大好きです♪
P3192331.JPG

椅子の上にあるのは昔の少女雑誌です♪

P3192332.JPG
そこに出ている大正〜昭和初期の子供服

直線裁ちでシンプルなデザインがいいですね。

こちらの作品は昔の印刷物を使用しているので

著作権がありそうでお売りする事はできません。

春らしいバッグが欲しくて作ったけど

でもやっぱこのバッグ自分には

ちょっと派手だったかな〜

トホ。

相変わらず 外見と願望との板ばさみ〜

なおとめでした〜〜〜♪

。。。。。。。。。
P2122242.JPG
🎀ミミも春色です♪
けっこううるさいイビキかくのよね(笑)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

あまり更新できないのにいつもびっくりするくらい沢山のご訪問本当にありがとうございます!
ビビりながらも心から感謝しております。

posted by おとめ at 11:10| 古布バッグ・ポーチなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

古布・縮緬細工「すみれとさくらの手つなぎ袋」

Cam_2788.jpg
古布縮緬
グッド(上向き矢印)すみれとさくらの精の小さな巾着
A tiny bag of cherry and violet fairies
made from antique silk fragments.


きのう少し遠くまで用事があってでかけました。

外は春の息吹でいっぱい。

開き始めた沈丁花、満開の梅。。。

そばを通るとその香りが衣服にまで染み透るようで

思わず立ち止まって匂いをかぎました。

タダでアロマーテラピーです!

春の香りは人を幻想へといざなうようです。

写真の小さな巾着も

そんな春の精たちです。

すみれとさくらの柄の古い布を見たとき

これを作るしかないと思いました。

特にさくらの柄は江戸縮緬なので

くもの糸のように細い山繭で織られたせいか

とてもはかなげでした。

これが着物だったとは信じられないくらい。

すみれの方は濃い紺色地に浮かぶ春の花が

とてもめずらしい布でした。

帽子もそれぞれの花の形につくり、

顔はうっとり夢見る表情です。

ここには何をしまうのでしょうか。

虹色の金平糖なんかいいですね。

それとも。。。

もしもヒミツの製法でつくられた

淡雪のような口どけの

花のような香りの

夢見るような甘さで

一粒口にするとたちまち気分が晴れるような

そんなお菓子があったら(そんなのあるかな?)

ぴったりかな〜
.....................................................

今日もお読みいただきありがとうございます。

いつもたくさんの応援をありがとうございます!
(2008年の記事を更新したものです)
posted by おとめ at 17:45| 縮緬細工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする