2011年10月26日

古布バッグ・大正昭和レトロ・コラージュ風
ゆりかごの歌

PA252224.JPG
古布コラージュ風パッチワークバッグ
「ゆりかごの歌」
Collage bag "Old cradle song"

小ぶりのお散歩用ポシェット風。。。

105464875.jpg
↑裏側

揺籠(ゆりかご)の歌

作詞 北原白秋

作曲 草川信

(大正10年)


♪ゆりかごの うたを

かなりやが うたうよ

ねんねこ ねんねこ

ねんねこよ

105464816.jpg

ゆりかごの うえに

びわの みが ゆれるよ

ねんねこ ねんねこ

ねんねこよ

105464898.jpg

ゆりかごの つなを

きねずみが ゆするよ

ねんねこ ねんねこ

ねんねこよ

PA252223.JPG

ゆりかごの ゆめに

きいろい つきが かかるよ

ねんねこ ねんねこ

ねんねこよ

105464772.jpg


。。。。。。

しみじみと良い歌です。。。

メインの素材は戦前〜昭和20年代の

子供着物だった布です。

いつまでも 見つめていたい

かわいい スズメの赤ちゃんが

どこぞの宇宙の 苔むす安らかなな森で

幸せそうに眠っています。。。

つる草が優しくからんで

赤ちゃんを守ります。

愛らしいバッグが

できました〜。

*****

夜なべ仕事がたたって

病院の夫のベッドのそばで 

船をこぎこぎ 居眠りばかりです。

子守唄が必要なのは私かも(笑)

この辺でちょっとまたお休みしないとね♪

*****

素材:戦前〜昭和20年代子供着物、戦前庄内縞木綿、
大正無地木綿と銘仙、アンティークリボン&レース(フランス19世紀)など

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

いつも沢山のアクセスありがとうございます!

コメント欄は当分お休みさせていただいております。

申し訳ございません。
posted by おとめ at 12:34| 古布バッグ・ポーチなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

古布バッグ・大正浪漫・コラージュ
「風に吹かれて」

PA082193.JPG
古布コラージュバッグ「風に吹かれて」
Collage bag "In the Wind"
Oharame(ancient flower seller)


何やかやありますが 針仕事だけは

何が何でもやっています〜。

コラージュバッグがまたやっと完成しました。

2ヶ月もかかってしまった(><)

。。。。。


「花 いらんかえ〜

花 どうどすえ〜」

こんな売り声が聞こえた昔の京都。。。


大原女さんについては色々説があって

花を売っていたのは白川女さんで

大原女さんは「黒木召しませ〜」と

焚き木を売っていたのだとか。。。

いや大原女だって花も売っていたのだとか。。。

時には柴漬けなども売っていたのだとか

諸説ふんぷん。

どちらにしても大原の里から

往復20キロの道のりをですよ

頭に30キロも40キロもの荷を乗せて

売り歩いていたわけです。

どこまでも続く大原の街道を思い出します。

てか 柴漬け食べたい!(笑)

PA082213.JPG
きっかけになったアンティーク絵葉書です。

明治〜大正頃のもの

左が白川女さんで姉さんかぶりが特徴です。

右の大原女さんは地味な絣や小紋の着物の裾をからげて

赤いメリンスの帯やたすき

首にかけた白手拭が小粋な

典型的な大原女ファッション

うら若い 綺麗な大原女さんで

花を売っています。

このかっこいいお姿がお気に入りで

なんとか作品に活かしたいとずっと思っていました。

100年近く経ったものですので

写真の著作権の心配はまず無いと判断して

使わせていただきました。


この絵葉書を布にプリントして

布用染料で手彩色してから紗をかけました。

PA032196.JPG
絹やメリンスで花を作って囲んであげました。。。

PA082194.JPG
裏側です。

PA082173.JPG
好き勝手に色々くっつけて遊びました〜

爽やかな風に吹かれて

落ち葉を踏みしだき

飄々と歩く大原女さん

小鳥のさえずりや

川のせせらぎを友として。。。

PA082195.JPG
乙女な大原女さんのために

フリルで可憐さをプラス

自己満足ですが 

とてもお気に入りのバッグです〜

材料:モスリン、久留米絣、伊予絵絣、雪ん子絣、庄内縞木綿、
綿小紋、羽二重、銘仙など大正〜戦前の布を使いました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

毎度たくさんのアクセスありがとうございます!

コメント欄はお休み中です。ごめんなさい。




posted by おとめ at 12:24| 古布バッグ・ポーチなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

古布縮緬ミニチュアのおむすび

このところ更新が滞って申し訳ありません。
今まで撮っておいた写真などありましたので
そういうのを使ってできるだけ更新したいと思います。
宜しくお願いします。

世はまさに行楽シーズンですんで
b1ac.jpg
古布縮緬で小さな小さなおむすびです〜♪

海苔がパリッとしたコンビニのおにぎりもいいけど

あたしゃやっぱりおっかさんがその昔

エイヤ!っと結んでくれた

石のつぶてのようなおむすびが懐かしい。。。

♪おむすびころりん すっとんとん

コロコロ コロコロ ころがって

ネズミが拾って食べたとさ。。。

??だったかな〜

もう忘れちゃったとさ この歌

確か昔話であったっけな

山へ仕事へ出かけたおじいさんが 

おばあさん手作りの

おむすびの包みをあけて食べようとしたら

ころころおむすびが一つ

ネズミの穴に落ちた話

ネズミはおいしいおむすびのお礼に

おじいさんにつづらを二つ見せます。

大きなつづらと小さなつづら

正直じいさんは迷わず

小さい方をもらって

見事宝物ゲット!

私なら迷わずでかい方をとっちゃう。

だから今だにビンボーってか?(笑)

おじいさんのおむすびは

どんな感じだったのかな〜
4fa2.jpg
懐かしい竹の皮

写真ボケちゃった〜ごめんなさい。

きゅうりのおこうこが見えるかな?

塩昆布や沢庵もご一緒。

昔はなんでも竹の皮に包んでたっけ。

防腐効果があるなんて

ずっとあとになってから知った。

それから。。。キョーギってのがあったね。

肉屋さんではハムでもひき肉でも

上からぶら下がったキョーギをあらよっ!って

ひっこぬいて くるくるっと包んでくれた。

あのキョーギ(経木?)も今はないね。

森林伐採とかでダメなんでしょうね、やっぱり。

今じゃなんでもかんでもハッポースチロールや

プラスチックに入ってる。

野菜を買えばスチロール皿ばかり

たった一回の買い物でもひと財産出る。

こんなんでいいのかな〜。

毎日一億もの人間が捨てる

スチロールやプラのお皿。

ちょっと心配。。。てかすごく心配。

野菜はすべてバラで陳列

そこへ秤を置いていて お客に

セルフ計量させていた

ジュネーブのスーパー思い出しました。


それにしても。。。

良いものはどんどん消えていくのね〜
b347.jpg

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


いつも沢山のアクセスありがとうございます!

コメント欄はしばらくお休みさせていただきます。

申し訳ありません。m(__)m

posted by おとめ at 09:25| ままごと(縮緬ミニチュア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする