2011年01月28日

押し絵・古布縮緬「花びらうさぎのお雛様」

天から舞い降りてきたものは。。。
P1221217.jpg
古布縮緬の押し絵で作った

うさぎのお雛様です♪

それも花びらのうさぎ。

長いことかかって

やっとできました〜。

ラテン音楽のあとは

やっぱ日本的なのがいいわ〜。

毎年作るお雛様も さすがに

今年はムリかな〜

と思っていたので 

嬉しさも格別。

魔よけの金銀の鈴をたずさえて

福を届けにきてくれたお雛様。

このお雛様 壁飾りになっているので

狭い我が家でも大丈夫。

型紙は先日の花びらうさぎと同じです。

少しでも縁起が良いようにと

五色の豆粒みたいなお守り猿も

一杯つけちゃいました。

下げ紐(打ち紐を組みました)

についているのがそうです。

昔はあずき3粒包める布は捨てるな!

と言われたそうですね。

このお守り猿もそんな小指の先ほどの布で

作りました。

なんかごりやくあるかな〜。

P1221215.JPG
甘え顔のめびなちゃん

やっぱり顔を描くのが一番苦労(^^;

P1221216.JPG
ちょっとりりしいおびなちゃん

あくまでも「花びら」なので

重い衣装は合わないと思い

ちょうど大正の手刺繍半襟の

古びた切れ端があったので

それを使いました。

P1221219.JPG
過去に作りためておいたミニごちそうも

一杯飾ってあげました〜。

ご紹介しますと。。。

P1221207.JPG
こちらはお祝い重とひしもち

お重は4cm角くらいの大きさ。

お赤飯、鯛、紅白饅頭、

それに干菓子と飴。

P1221221.JPG
こちらはちょっとばかり早い

お花見弁当

お赤飯にさくらご飯

お煮しめに焼き魚

海苔巻き、桜餅などなど。。。

好きなもの一杯の詰め合わせ。

なんたって美味しいもの食べるのが

一番幸せよね。

ゆっくり召し上がれ。

P1221214.JPG
夫唱婦随のお雛様♪

これを見て主人の顔にも笑みが。。。

ガン退治治療は3回目までなんとかクリア。

でも副作用がひどくて4回目は

しばらく様子見ということに

ドクターストップかかってしまい。。。

でも本人はどんなに辛くても

最後までクリアすると

意気込みだけはすごい。

そんな折にやっとできたお雛様。

見ていると元気が出てきます。

今年はお花見ができるといいな〜

この花びらうさぎのように

軽やかな気持ちで。。。

絶対そうなると信じて これからも

がんばります〜!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪

🎀作品のご購入・ご質問などはショップ「乙女小箱」


posted by おとめ at 22:07| Comment(20) | TrackBack(0) | 縮緬細工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

古布縮緬・押絵「花びらうさぎ」

🎬風流?おとめ劇場
*〜とんでもない空想癖から生まれた詩やお芝居〜*

P1161199.JPG
うさぎは古布縮緬の押し絵で。。。


「花びらうさぎ」

おぼろ月夜に花びらが

ひとひら はらり 

また はらり

小さなうさぎがやってくる

花びらうさぎがやってくる

せつない心に 窓開けて

両手を闇に差し出せば

花びらうける たなごころ

ほんのりやさしく紅をさす

眠れぬ夜はひそやかに

かけてあげましょ まぶたにそっと

ひとひら ふたひら 花びらを

かすかに響くは銀の鈴

その音を聞けば思い出す

こんなこともあったよな

あんなこともあったよな

今はせんないことだけど

どうにもしようがないけれど

思い出せば胸に染む

遠い昔のねえやの声が

黄色い電灯あたたかく

火鉢のそばのものがたり

こっくりこっくり聞いていた

おやおや おねむだ ねんねしな

よしよし いいこだ ねんねしな

なんでもないよ へいきだよ

こわかぁないよ だいじょうぶ。。。

うさぎさんがいるからさ

花びらうさぎがいるからさ

ひとひら はらり

また はらり

遠い空から舞ってくる

(by おとめ)

P1161201.JPG
花びらうさぎの巾着です♪

布は大正〜昭和初期頃のもの

P1161203.JPG
裏にもひとひら

おぼろ月にはまだ早いけれど。。。

てか だいぶ早い(汗)

。。。。。。。。。。


幼い頃にいたねえやさん

私が11歳くらいまでうちにいて

両親の書店経営の手伝いや雑事などを

ひきうけてくれていました。

千葉の山奥出身で 体格が良く

大きな赤ら顔にニキビで

決して美人ではなかったけれど

目元はつぶらで どこか

このうさぎに似ていました。

年の離れた妹が生まれてからというもの

全く母親にかまってもらえず

叱られては泣いてばかりいた頃

幼い私の不満をやさしく

受け止めてくれたひと。

決して裕福ではなかったのに

家にはあと二人の地方出身の

若者が働いていました。

あの頃は「小僧さん」と

呼ばれていましたね。

もう一人思い出すのは

ある遠い親戚のおばあちゃん

まだ私は3つくらいで

綿入れのちゃんちゃんこなど着て

火鉢のそばでそのおばあちゃんの

お話を聞いています。

とても可愛がられたそうですが

私に思い出せるのは

そのおばあちゃんの慈愛にみちた

しわしわの優しい優しい笑顔だけ。。。

そんな思い出が重なった

花びらうさぎの詩です。

乙女チック病 再燃で。。。(笑)



毎日少しづつの夜なべ仕事で

やっと巾着ができました。

この花びらうさぎのテーマは

私の中では気に入ったもので

過去にも何かと作っています。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪

🎀作品のご購入・ご質問などはショップ「乙女小箱」



posted by おとめ at 12:06| Comment(12) | TrackBack(0) | 風流?おとめ劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

創作中。。。?

古布や縮緬にたずさわっていると

お正月も過ぎて 一息したとたん

なんだか浮き足立って色々作りたくなります。

が、そこはそれ 仕事を始め浮世のもめ事や

雑事や悩み事などなどに翻弄され

なかなか優雅に創作三昧とはいきません。

早く年をとって 隠居して (できるかな?)

ひなたで一日中うつらうつらしながら

春を思う猫の鳴声などできょとんと目を覚まし

「どれ。。。やるか」と の〜〜〜んびり

針仕事なんてエ 身分になりたいもんです。

今週はいろいろあって 針仕事の余裕は無く

アップリケ用の下絵だけやっとこさできました。
P1131191.JPG
こんな絵でも一応著作権発生してますので

よろしくお願いします(笑)

P1131188.JPG
相変わらず使用済み翻訳原稿の裏使用♪

うさぎはお腹一杯なんて言いながら

やはり好きなんでしょうね。

うさぎの楽隊シルエット。

描いては消しを繰り返して

とりあえず7匹完成。

どんな布でやるか思案中。。。

てか お雛様の時期だってば(汗)

主人は今日2回目の治療でこれからまた副作用が。

一回目の苦しみが和らいだと思うと2回目が来る

という治療なので辛いです。

お薬入れたその晩から発熱 疼痛 吐き気 食欲不振

ひざ関節に水が溜まっちゃったりします(;;)

ここでは書けない症状も。

あと4回、なんとしてもがんば!

また今のうちにブログ更新。

そしてまた先週はくーちゃんのワクチンの

時期だったもので摂取。ところが!

数日後に副作用が出現!日曜あたりから

ほとんど何も食べず心配でした。

以前の猫 タラちゃんもワクチンでは

死にそうになった事があるもので。

ワクチンは下手すると怖いです。

毎日のように笑わせていただいている

人気ブログ「ねこぼんのう ねこのめんまはねこじゃない」

めんまねえちゃんのめんまちゃんも

原因は違いますが このところ

体調具合が悪くて大変だったのに

思わずこぼしてしまい ご迷惑をかけてしまった。

でもやさしいねえちゃんは

さっそくコメントで対処法を教えて下さいました。

すぐにスープを薄めたものを 夜っぴて

少しづつスポイドで飲ませたところ

徐々に回復。次の日にはカリカリを5粒くらい食べ

今はすっかり元気をとりもどしました〜。

本当に感謝感激です。てのも くーちゃんは

病院が大嫌いなので(好きな子いるか?)

行かずに済んで本当によかった。

その上 日頃からモモに無視されて

遊んでもらえなかったりでストレスが最大限。
P1091172.JPG
ヒーターの前はなわばり争いの中心地

空太はお気に入りのバッグで防御

この仏頂面見てください。

時にはこんなアピールも↓

ラテンパーカッションがよく似合う(笑)

ホラうさぎも加勢でボンゴたたく
P1131189.JPG

ベンキョーしまっせ引越しのサカイ。。。(一体何年前だろ?)
P1131190.JPG

以前の記事でも書いたように空太は

くりちゃんが里子に行っちゃったトラウマもあるし

外で生まれていたら自然淘汰されてた

とお医者様にも言われた子なもので。。。

モモはモモでケガした時のトラウマか

くーちゃんが遊びにさそうと露骨に怒ったり

夜鳴きカンの虫(乳吐きはないけど)

宇津救命丸も準備(笑)

明け方など悪夢でうなされ泣くことも。

その度に起きてあやすこともしばしば。

あやすとモミモミして甘え ついほだされる。

PC261110.JPG
空太よりゴリちゃん(UFOキャッチャー出身)

PC261111.JPG
ぼーやよい子だねんねしな♪

でもモモは本当に可愛い子です。

朝はオハヨーのチューしようとするので

顔をそむけざるを得ませんが。

猫より人間が好きで 犬のような性格。

ただ。。。里子に行ったほうが

もっと幸せになるのでは。。。との考えを

まだ捨て切れません。

今ご近所のSさんと里親談義交渉中。

最近5匹中の一匹を亡くされたばかり。

Sさんはすべて野良ちゃんを拾って

飼っていらっしゃる私が心から尊敬する方。

くりちゃんの里親さんでもあり。

ただ。。。Sさんもオスを飼っているので

そこが問題で双方思案中です。

多分ボツかもしれないけれど

お話聞いてくださっただけでもありがたいです。

モモにとっても毎日くーちゃんとの葛藤が

すごいストレスなんだろうな〜。

P1091163.JPG
今じゃ筋肉質の堂々たる体格の美猫に。

歯は足りないけど(笑)

P1091170.JPG
古布のきれっぱしで遊んでも

けっこう絵になる子 やだ ポーズとってるよ。

手放したくないけど 幸せになってほしい〜。

雌ばかりのお宅とか

一匹だけ大事に可愛がってくださる方向きかも。

なんかうさぎの話がまた

猫話になっちゃいましたね。長々とスミマセン。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪



posted by おとめ at 22:24| Comment(10) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

古布押絵「蝶取り猫と鯛釣り猫」吊るし飾り

P1101182.JPG
古布縮緬の押し絵吊るし飾り
「蝶取り猫と鯛釣り猫」
Cats catching a fish and a butterfly
made from chirimen(crepe silk)


主人の一回目の治療が無事終了し

少しお熱も下がって やっと

食欲も出てきましたので、今のうちに

ブログ更新です♪

というのもおめでた物なので

お正月気分が抜けないうちに。。。

と思っていたのですが、

もうだいぶ抜けちゃいましたよね(笑)

ごめんなさい。

この作品は雑誌に載せていただいたものですが

ブログではご紹介まだだったので。。。

明治の古い縮緬と丸帯の端布を使いました。

昔のおもちゃに「桃取り猿」

というものがあり、弓の形をしていて

そこら辺で売っていたようです。

そんなオモチャにヒントを得て作りました。

猫だから蝶や鯛がいいかな〜と。

このモチーフは我ながらけっこう好きで

もう10年以上前に 

扇面+猫と蝶&鯛部分だけで

かんざしも作ったことがあります。

あるお店に委託をお願いしたところ

辻村ジュサブローさんのお店が

お人形の帯につけるとかで

買ってくださったそうです。

その頃ジュサブローさんのお店は

歌舞伎座の裏手にありました。

ジュサブローさんは憧れの人。

とても嬉しかったです。

ご購入下さったのはお店のスタッフさん

だったそうですがそれでも

嬉しかったです。

帯に挿すなんて さすがですね♪

そのかんざしも今度また

リバイバルで作りたいな と思ってます。

P1101183.JPG
押し絵部分はおめでたい松や梅の形

魔よけの鈴や宝船でダブルにおめでたく。

P1101180.JPG
裏側です。絹の穴糸で縫い取りしました。

扇面についているのはインドの鈴。

銀の鎖はペルーのもの。

P1101179.JPG
ゆらゆらするのでおもろ!

吊るし飾りと言うより

モビール感覚ですね。

P1101177.JPG
明治の鹿の子はなんとも言えず良い色合いです♪

透かし彫りのビーズは18世紀のアフリカのもの。

縮緬と不思議にマッチ。

P1101176.JPG
上の滑車もアンティークです。

ここの紐部分が明治の丸帯です。

この滑車 何に使おうかと

長いこと困っていたものですが

ぴたりでした。

それにしてもどこについていた滑車なのか

詳しい方がいらしたらお教え下さいね。

P1101181.JPG
全体の写真です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪

posted by おとめ at 12:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 押し絵時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

お餅にあきたら。。。

もういつの間にか七草ですね〜。

皆さんお餅はたくさん食べましたか〜。

古い川柳に

「もういくつ おあがりかと 聞き合わせ」

なんてね、江戸の昔から

皆にお餅はいくつ食べる?と聞いてから

おかみさんがこんがりと焼いて

お雑煮に入れて

みんなそりゃ沢山食べたらしいです。

私の小さい頃でさえお正月は

三日三晩お餅をあてがわれたものです。

お米屋から40cm角位の

まだ柔らかい大きなのし餅が届くと

母親は苦労して 菜っ切り包丁で

力を入れて角に切っていました。

それを家族で毎日毎日無くなるまで

お正月中に大事に食べるのです。

そんなレトロ人間ですから

うちも今年は去年と同じ

下町風のお雑煮一生懸命食べました〜。

けど うちみたいに少人数だと

お餅は残っちゃうもんですね。

そこで

こんなのいかが?
P1031156.JPG
細く切ったお餅を

こんがり焼いて

大根おろしとおせちの残りの

イクラをのせて お醤油ちょいとかけて

いけますよ〜♪

のりパラパラしてもよさそう〜

これも↓

P1031155.JPG
一口に切って焼いたお餅に

(まず焼くのがポイント)

チーズとベーコンをのせて

オーブントースターで焼いたもの

ピザみたいで主人も大好き。

写真とろうと思ったらもう半分無かった(^^;

ごめんなさい。

皆さんは残ったお餅どうやって食べてますか?

私は。。。

七草がゆに小さく切って入れたり

カラカラに干して油であげたり

そのくらいしか思いつきませんが

面白い食べ方があったら教えて下さいね♪

明日から主人のガン退治が始まり

6週間続きます。

なので更新が多少滞るかもしれませんので

何卒ご了承下さいませ。

お正月早々 ご心配ばかりおかけして

本当にごめんなさいね。

でも翻訳仕事とお針だけは

なんとかやるつもりです。

皆様も初仕事、お勉強など

お風邪をひかないよう頑張ってください〜〜〜♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪

posted by おとめ at 22:30| Comment(20) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

「アンコ椿は恋の花」古布うさぎ人形

🎬風流?おとめ劇場
*〜とんでもない空想癖から生まれた詩やお芝居〜*

新春特別エンターテインメント
昭和歌謡とともに。。。



P1021130.JPG

P1021131.JPG

お正月だというのに

物思いにふけるうさぎのアンコちゃん。

「一山あててくるぜ」と出て行ったきり

帰らぬ彼氏を待ち続けてはや2年

「待っているわ〜いつまでも」

と言ったはいいけど

まだ遠い空の下にいる彼氏。。。

♪着てはもらえぬセーターも

涙こらえて♪ 編んだのに〜↓
P1021147.JPG

💔



思わず

♪紺のもんぺに涙がほろり。。。♪
逢いたいなァあの人に(島倉千代子)

。。。。。

。。。。。

と そこへ ヒタヒタヒタと

何やら雪駄の音。。。
P1021134.JPG

「よう!」と肩をたたかれ
P1021135.JPG
思わずふり返ると。。。
P1021136.JPG

ありゃま〜!
P1021138.JPG

えっ?えっ? ちょーマジ?

夢にまで見た彼氏の飛平が

ほほえんでいます。
P1021140.JPG

♪待って 待って 待っているのよ

一人でいるわ〜〜〜♪

とばかりに毎晩枕を涙で濡らし

待ち焦がれた彼氏。

好きになった人(都はるみ)

身なりもすっかり立派になって

鉢巻もいなせな飛平

「ごめんよ 暮れに帰れなくて」

「これはほんの土産だ」
P1021137.JPG

P1021142.JPG
見るとまあ。。。どでかい鯛!

彼は船乗り 

アンコちゃんと祝言をあげたい一心で

男いっぴき

今まで荒海と戦っていました。
北島三郎「なみだ船」
(いかん。。。コロッケの顔が
浮かんできちゃった><)

嵐を乗り越え 大漁旗をかかげて

今朝悠々と港へついたばかり。

「待たせて悪かったな」

と言葉少なにあやまる彼氏。
P1021145.JPG

「それじゃ これからは。。。」
P1021143.JPG

「そう、ずっと一緒だぜ」

「うれし〜〜〜〜!」

とぴょん!と彼氏にしがみつくアンコちゃん。

恋する二人は

もう離れることはありません。

これから10年でも20年でも

毎日毎日一緒にいられるんです。

でも。。。

ほんとうの辛抱はこれから。。。

恋心なんて すぐに消えるもの

だからこそ美しいのでしょう。

晴れて夫婦になったらなったで

いろんな試練が待ち受けています。

それを乗り越えた時に

甘い果実が

芳醇なお酒になるように

二人の仲も本物となるのでしょう。

P1021146.JPG

よりそう二人の背中を

冬の日ざしがやわらかく

暖めていました。💓

ホラセーターも着てもらえたよ♪
P1021149.JPG
若干大きすぎのような(汗)

。。。。。

やっとできたうさぎ人形ですが

縫ぐるみはあまり得意でないのと

急いで仕上げたので お見苦しいところは

どうぞお許しください〜♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪











posted by おとめ at 09:18| Comment(10) | TrackBack(0) | 風流?おとめ劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

新年のごあいさつ

d9b4.jpg
OMM11_TE_0401.png

あけましておめでとうございます!

(*^◇^)/゚・:*【祝】*:・゚\(^◇^*)

皆様におかれましては

ますますご活躍 ご発展の

より良き年でありますよう

心からお祈りしております。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

。。。。。。。

あれ〜?

どっかで見たうさぎじゃないの?

なんて言わないで下さいね(笑)

なんとか時間を見つけては

お正月用のうさぎさん人形 

暮れのぎりぎりまで

作っていたんですけど。。。

間に合わなかった〜(^^;

なので急きょ

うさぎのバレリーナちゃんに

お助けいただきました。

肩紐などリリアンでつけたところが

若干。。。バージョンアップ

していなくもないですが(汗)

初稽古の真っ最中だったのに

ごめんね。。。

101210_03.jpg

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪


posted by おとめ at 11:42| Comment(8) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする