2010年12月30日

乙女心で年も暮れ。。。

〜年末のごあいさつに代えて〜
PC291120.JPG
当時の子供着物の布↑

昭和30年代のある日

学校帰りに本屋へ立ち寄った私は

家へ帰るなりすぐに自分の部屋へ。。。

セーラー服を着替えるのもそこそこに

読みふけったものは

週刊少女フレンド

ちばてつやの「ユキの太陽」の大ファンで

毎週の連載が待ちきれませんでした。

おてんばでお茶目な

ユキのキャラクターが大好きでした。

当時の勉強机↓
PC291126.JPG

壁には 苦労して作った

ビートルズの切り抜き帳が下がっています。

ジョン・レノンの似顔絵も

大事なオリンパスカメラも。。。

あ!インクつぼなんかもありますね〜。

本棚には学校の友達にすすめられて買った

秋元書房の「15才の頃」

アンネ・フランクを気取って

日記もつけていました。

アンネ・フランクの写真はこちら

この後しばらくして机の上には

おこづかいをためてやっと買った

ウエディングドレス姿のバービー人形もありました。

それから たびたび飾ったのは

黄色いフリージアの花。。。

今でもあの花の匂いをかぐと

あの頃がまざまざと蘇ります。

私が少女から乙女になろうとしていた

12才〜15才くらいの頃

やっと借金苦から開放された父親は

文房具屋をたたみ

会社経営を始めていました。

母親はパン屋をやって応援。

その開業については父の長兄が

某パンメーカーの社長と幼馴染みだったためか

何かと便宜をはかってくれました。

裕福な両親からの恩恵が薄かった父への

伯父のせめてもの施しだったようです。

私はよく店番をしていました。

店のラジオから流れていたのは↓


Non ho l'eta 夢みる想い 1964



究極の乙女歌 「夢見る想い」

歌っていたのは16才の

ジリオラ・チンクエッティ

店のカウンターに頬杖をついて

うっとり聞き入っていましたっけ。

あれからかれこれ半世紀近くがたち

大好きだったお人形も本も みんな

夢のかなたへ消えてしまったけれど

この曲だけは今も耳に残っています。

たぶん この先も一生大好きな曲です。

店先にはアルミの枠がついた

ガラスのショーケースが並び

ばら菓子が一杯入っていました。

私はお菓子をスコップで掬いながら

計りにかけては 外の道路を

ちらちら見ていました。

毎日お店の前を自転車で何回も通る

酒屋でアルバイトをしていた男の子に

恋してしまったのです!

ニキビ顔で手足がやたら長い子でした。

まさにあばたもエクボ(笑)

コーラが出始めたのもこの頃。

となりの中華屋のお兄さんが

毎日のように飲みにきました。

「今日はペプシにする?」と母親。

「いや、あれは甘いから

やっぱコカコーラでいいよ。

ドクターペッパーよりマシだけど」

なんていう会話が。

栓抜きを出そうとする母親より先に

引き出しの取っ手でプシュッと

かっこよく栓をぬくお兄さん。

ぜったい裕次郎を気取ってたな あれは。

ハンバーガーはまだまだ先の話。

母親はよくドッグパンに芥子を多目に塗り

いためたキャベツとハムをはさんだものを

売っていました。

今でもあの味が懐かしくて作ってみます。

美人だった母親も もう83才。。。

誰もが

貧しくても 楽しかった と言う

昭和30年代。

毎年 大晦日が近づくと 何故か

あの頃を思い出します。

思えば今の私の原点もあそこにある

という気がします。

自分の部屋といってもドアもない畳の部屋

隅っこの半畳ほどをカーテンで囲み

「瞑想コーナー」を作って

一人になりたい時にこもりました。

物が今のように溢れていなかったので

ありあわせの物で

あれこれ工夫しての飾りつけも楽しかった。

物は少ないほうが かえって幸せ

というのを教えてくれた時代。

手芸が大好きで

かぎ針でモチーフを編んだり

ビーズのがま口を作ったり

お人形を作って お友達にプレゼントしたり。。。

ジュニアそれいゆは過去のものとなり

かわりに「手芸の友」が創刊されました。

家の中には5,6匹の猫がウロウロしてました。

私は猫のヒゲをひっぱりながら

たくさんの本を読み たくさんのことを考え

たくさんの音楽を聴き たくさん笑い

友達とたくさんの映画を見ました。

飼っていたお母さん猫の「ドン」↓
PC291115.JPG

海外文通というものが学校で流行り

私も世界中に10人以上のペンパルができ

毎日のように海外から手紙が。

英語の勉強にも大いに役立ちました。

そんなこんなの 私の昭和30年代。。。

とても楽しかったけれど

一方では 始まったばかりの

人生というものにとまどい

時には悩み 傷つき

泣きました。 

今。。。つくづく思うに

人生がわかったようで

まだまだ 何もわかっていない

あの頃と全く変わらない

自分がここにいます。

アンネ・フランクは15才で

亡くなってしまったけれど

私はこうして生きていて

ほぼ2年に亘る夫のがん治療を始め

あれこれあったけれど ノー天気療法で

なんとか楽しくやってこれました。

。。。。。

人は。。。 思い出の中に 

辛かったことより

楽しかったことの方を見ると言います。

ならば

年を重ねることも 

きっと楽しみなこと。。。ですね。

皆様 今年も大変ありがとうございました。

毎日の応援クリックや

優しいコメントの数々には

本当に感謝に耐えません。

お心のこもった

プレゼントやカードまで下さった方々には

心苦しい限りです。

年末ぎりぎりまで主人のことなどで多忙につき

まだお礼もできず大変申し訳ありません。

年賀状も書けないありさまで。。。(汗)

来年早々また 治療が始まりますが

乙女力でがんばります。

そして もっともっと創作がしたいです!

皆様もどうぞ良いお年をお迎えくださいますよう

心からお祈りしております。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪
posted by おとめ at 12:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 猫と石蹴りとリリアンと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

やっとクリスマス気分♪

PC080994.JPG
古布縮緬で作った

玄関のクリスマス飾り

やっと飾りました〜♪

。。。。。

おかげさまで主人の手術は

うまくいきました〜。

皆様本当にご心配おかけしました。

m(==;)m

たくさん応援してくださって

本当に感謝に耐えません。

夫が戻ってきたときに

少しでも楽しげに見えるように

簡単な飾りつけをしました。

でもこうやって見ると何か寂しげで

Cam_7317.jpg
去年の方がずっと可愛かった(汗)

縮緬のツリー

Cam_5273.jpg
ブッシュドノエルや

Cam_5271.jpg
トナカイとサンタ

Cam_7246.jpg

テデイベア


Cam_7247.jpg
靴下

Cam_7237.jpg
ハートには二人の天使

毎年少しづつ

作りためていたのですが

今年は何もできませんでした〜。

じっと眺めていると

去年のことが次々と

思い出されます。。。

今では

PC020948.JPG
この子と(又の名を「葉隠れケイトー」)

PC020947.JPG
この子の(人呼んで「弱気なピンクパンサー」)

戦場になっているので

窓辺のツリーは

ご法度です(><)

まあ、仕方ないね。

とりあえず経過のご報告まで。

実は。。。

病室につきそいながら

ひそかに針仕事していました〜。

へへへ

何ができるかな〜。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪

posted by おとめ at 12:04| Comment(2) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

遠くの親戚より。。。で無事入院

皆様こんばんは〜。

いつも応援ありがとうございます。

おかげさまで

今日主人が無事に入院しました。

すでにお知らせしましたように

もう7回目なのでベテラン(?)です。

直前まで落ち込んでいた主人も

看護師さんに

「ポイントカードだいぶたまったかな?」

とジョークも言えるほどだったので

私も少しほっとしました。

PC030958.JPG
古いつきあいの

日本人の友人が主人に贈ってくれた

「マカ」

ペルー生まれの健康食品ですが

今じゃ世界で大ブレイク!

効能より何より

その心が嬉しかった〜。

パッケージ見るだけで

力が湧きそう。。。

アンデス地方にはまだまだ

知られていないマカ不思議なものが

たくさんあるんです!

。。。。。??

先日のこと

私が例によって もんぺ姿で

仕事をしていると

ピンポ〜〜ン と

誰か来ました〜。

玄関へ行くと 

すぐご近所で一人暮らしの友人が

満面の笑みを浮かべていました。

この人の笑顔は最高なんです。

その笑顔が見られただけでこちらはハッピー!

友人は玄関で立ち話をして

すぐ帰りました。

もっとおしゃべりしたかったけど

主人が色々大変なのを知っているので

ちょっと顔を見に来てくれた

といった風で

さりげない思いやりを感じました。

残していった小さな袋。。。

あけて見ると
P9220364.JPG
近所のお店で買ったミニパウンドケーキが二つ

その日は一日気分が最高でした。

また別の日。。。

夕食の支度をしていると

電話が。。。

同じ南米人のご主人をもつKさんからの電話。

久しぶりなので嬉しくて

しばらく話しました。

彼女は敬虔なクリスチャン。

旦那様も日本はかれこれもう

20年以上の滞在になるはずで

スペイン語の先生。

その間 体を壊して入院もされていたので

主人のことでは本当に親身になってくれ

最後に

「お二人のために祈ってるわ」

といわれた言葉が身に沁みました。

私には宗教のことはわかりませんが、

人が自分のために祈ってくれるというのは

最高に嬉しい言葉の贈り物ですね。

そして そして!

このブログでは

いつもいつも たくさんのコメントをいただき

顔も見たこともない私達に

ブログの読者の方やお友達

ショップのお客様などから

それは それは 

計り知れない励ましをいただいて

そのおかげで

再入院までの不安な日々を

何とか無事に過ごせました。

力づけられたお言葉は数知れず。。。

ともすればくじけがちにもなりましたが

その度に暖かい応援に背中を押され

本当に考えれば考えるほど

夫婦ともども

健康は失ったけれど

なんて人の情けに恵まれて

幸せなことだろうと思わずにはいられません。

本当にありがとうございました〜。

あとは手術がうまくいきますように。。。

でも先生はきっと大丈夫!と

おっしゃってくださったので どうか

皆様 あまり心配しないで下さいね!!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪

posted by おとめ at 21:34| Comment(2) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

古布押絵・縮緬のうたた寝ウサギさん

Cam_4990.jpg
グッド(上向き矢印)おや〜!枯れ葉の陽だまりにウサギさんがいますよ〜。
花の帽子も重たげに、うたた寝をしています。

。。。。。。。。

細切れの時間をつなげて

小物作りをなんとかこなしています♪

ウサギさんのブローチできました〜。

陽だまりでうとうとしているところです。

小春日和→陽だまり→うたた寝ウサギさん

と楽しく連想ゲームです。

これから動物たちには厳しい

冬将軍がやってきます(;;)

それまでの

束の間のあたたかさ。。。

楽しかった春の野原の夢を

見ているのでしょうか。

Cam_4947.jpg
グッド(上向き矢印)これは裏側にピンをつけているところ

Cam_4948.jpg
グッド(上向き矢印)夢路をたどるうさちゃん。何の夢を見てるのかな〜?

使った布は明治〜大正時代の古い縮緬です。
柄違いで5種ほど作ろうと思います♪
(ブログ容量の都合により2008年の記事の書き直しです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もお読みくださりありがとうございます。

posted by おとめ at 00:00| Comment(14) | 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

古布でシンプルポーチ「うさぎ柄」

*古布でレトロな柄を楽しむ

きょうは昨日に続いて

シンプルポーチのご紹介です〜♪

来年の干支はうさぎ

そこで。。。

うさぎ柄の大集合!

f22b.jpg
可愛いうさぎさんの携帯ポーチ

56d3.jpg
ぞうさんにのったうさぎさんなんて

大正時代ならでは♪

大好きな柄ですが

わりときつい色調だったので

淡い感じの銘仙をあわせたら

ほどよくなりました。

867e.jpg
裏側

こんなのも。。。

55e9.jpg
バネうさぎ??

奇想天外な柄がインパクト一杯。

うさぎのはねるオモチャでしょうか

大正モダニズムの影響が濃い

こんな突拍子もない図柄に

よく出会います。

8aeb.jpg
裏側。ラジオのマイク?

現代の布ではこんなオモシロさは

まず味わえません。

5821.jpg
こちらもオトボケな表情のうさぎさん

ダルマさんとミスマッチ。

2c1a.jpg
裏側 「コドモ」なんて書いてあります。

紙風船やパラシュートなどが時代ならでは。

9d4c.jpg
裏布もちょっと面白い柄で

遊んでみました。

紐先飾りも2色でちょっぴりコリコリ。

こちらは↓

7fcc.jpg
ちょっとそこまでお買い物のうさぎさん

d5e0.jpg
お供はアヒル?

これも強烈な配色の布なので

銘仙が脇役になって大活躍。

脇役あっての主役です♪

うさぎといえば。。。

そう カメさんですよね〜。

PC010943.JPG
うさぎとカメの柄も

昭和レトロな布の定番

原稿用紙に書かれた

童謡がいいですね♪

63f9.jpg
これもうさぎとカメ

bd73.jpg
カメさんに追い抜かれた

うさぎの表情がなんとも。。。

。。。。。

ジャン ジャジャジャジャン

ジャジャジャジャン

ジャジャジャ ジャジャジャ ジャジャジャ

♪じ〜んせい ラクありゃ 

苦〜もあ〜る〜さ〜

くじけりゃ だれかが

さ〜きにゆく〜〜〜

あ〜とか〜ら〜来た〜のに

お〜いこ〜さ〜れ〜

泣くのがイヤなら〜さあ〜ある〜け〜♪

この紋所が目に入らぬか!!

はは〜〜〜〜い

m(_ _;)mオ、オユルシヲ・・・

5dcb.jpg
後ろ側 ゴール?

このカメさんみたいに

なりたかったけど

今年の年の瀬も うさぎみたいに

せかせかして いつの間にか暮れ

いささか 息切れ状態です〜(汗)

でも 何はともあれ

大正〜戦前にかけての

こんな布たちも 今見ると

なかなかどうして 新鮮ですね♪

大正モダニズムには

本当に頭が下がります〜!!

リボン作品のご購入・ご質問などはショップ「乙女小箱」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪

posted by おとめ at 12:53| Comment(6) | 布たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

古布でシンプルポーチ「わんにゃん柄」

*2色使いでシンプルに

PC010941.JPG
鮮やかな昔の子供着物の古布たち

時々ふと思います。

この世に色彩というものが無かったら

どんなに寂しく

味気ないことかと。。。

冬の東京の街を歩いていると

黒っぽいコートが目立ち

(そのくせ自分も黒いダウンで)

何か気分まで灰色になりそう。。。。

そんなとき心慰めてくれるのが

上のような可愛らしい布たちです。

なかでも動物柄やお人形柄が大好きです。

PC010942.JPG
うふん 目の中に入れても。。。って感じ♪

犬や猫のわんにゃん柄は子供着物に多いです。

先日のスカートでもご紹介した

こんな昭和レトロな布たちで

ごくシンプルなポーチを作りたい!

でもそのままでは

まるで芸がありません。

そこで!

引き立て役の布が必要になります。

たとえばこんな布↓

PC010940.JPG

子供着物とは対照的に

おっかさんや大人のお姉さま達が着ていた

地味な小紋柄や大島紬など

シックな布たち

一見何の変哲も無いこうした布こそ

2色使いのポーチなどで大活躍!

まるでゲームみたいに

相性の良い二つの布を

あわせて遊び

↓今まで作ったわんにゃんポーチたちです〜

61da.jpg
子猫の携帯ポーチ

これは反対色がきき色になって

猫柄が一層ひきたっていますね。

17a5.jpg
うら側

もう一つ反対色の例を↓

3d4b.jpg
大事な大事な子猫ちゃんの布も

ペパーミントと暗いモスグリーンの

地味な格子柄をあわせて

53fc.jpg
猫の表情も生き生き  

なんてかわいいんでしょ

乙女〜な猫さん!

a923.jpg
裏側は薔薇の花

ちなみに口金はバネになっていて

こんな風に片手で開きます。
b236.jpg

こんどはわんちゃんの

デジカメ入れです

1b09.jpg
こちらは大島をつかってみました

851a.jpg
いたずらっぽい顔がたまりません♪

大島と犬の柄のダークな色調が

一層犬のしぐさをひきたててくれました〜。

ループエンドはブルーグレーの絞り布。

時にはむずかしいこともありますが

配色遊びをしていると

不思議と たくさん作りたくなります♪

がんばっちゃいましたよ〜

8a63.jpg
これは花柄の可愛い木綿友禅が

ほんのちょっぴりあったので

無駄なく使いました。

f08b.jpg
可憐な表情の猫さん

7b59.jpg
裏側は手まり

メガネケースです。

キルト芯が入っていてふっくら。

そして一番のお気に入りは。。。

bd47.jpg
子供達と猫

こちらは藍大島の端布を合わせました。

40eb.jpg
大正時代の子供も

こんな風に猫と遊んでいたんだな〜

d2e2.jpg
裏側は木馬で

少年の夢が一杯♪

。。。。。etc.etc.

心をうんと和ませてくれる古い布たち。。。

じっくり味わいながら作りました。

リボン作品のご購入・ご質問などはショップ「乙女小箱」
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪

posted by おとめ at 06:44| Comment(4) | 布たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする