2018年08月22日

アルプス乙女のこの頃です〜

CIMG8181.JPG
ベランダの花です〜


みなさまこんにちは!

とってもご無沙汰してしまいました。


猛暑の夏、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今度はまた台風がご両人そろってお見えのようで

まったく踏んだり蹴ったりですね。


大雨の災害が最小限に済むように祈ってやみません。

さて、わたくしことですが・・・


便りの無いのは良い便り、と申しますが

信州へ移って以来、見る物、聞くもの、味わうもの

そして出会う人々・・・すべてが新鮮で

おかげさまで元気に過ごしています。


こちらはお年寄り、てか、いえ、私よりも

一回りも二回りもお年上のお姉さま方やお兄様方が

とにかく元気いっぱいなんですね。


先日も80才をとうに超えたようなお二人のお姉さまが

長〜い歩道橋の雑草を、膝を曲げて、背中を丸めて

一生懸命取っていらっしゃいました。

大きな頭陀袋に雑草がいっぱいつまったものが

歩道橋のわきにずらりと並んでいました。


ボランテイアかお仕事かはわかりませんが、

私が感動したのは、そのお二人が楽しそうに

まるで姉妹のように楽しくおしゃべりしながら

その重労働をやってらした、という事です。


こんな感じでいつも皆さんのパワーには

病弱でいくじの無い私も元気をもらっています。


去年の夏は具合が悪くて寝込んだりもしていましたが

今年は水彩画の会に入ったり、俳句を楽しんだり

いろんなサークル活動を始めました。


お友達も一杯できましたよ〜。

食べ物もこちらはおいしいので少し太ったほどです。


CIMG8402.JPG
カサブランカも咲きました〜。

でね、ボランテイアもささやかながらしていますので

出かけることが多くなりました。


古布のお仕事も続けていますが、最近は

ちょっと目の方が弱くなりましてね。


細かな押絵やお細工がおっくうになってきまして、

もっぱら古布の服を創作しています。


こちらもデザインを考えたり、色んな工夫をしたりが

楽しくて、次々と新しい服が生まれそうです。


作品はもう一つのブログ、古布スタジオから見える月

にてご覧いただけます。


また乙女っぽい、可愛らしい作品が作りたくなったら

こちらのブログにもアップしますね〜。


それではみなさま、厳しかった夏もあとひと踏ん張り、

お互いに体に気を付けて乗り切ってまいりましょうね。

いつもありがとうございます。(^^)/*







posted by おとめ at 11:07| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

レトロなポーチ制作中

CIMG6577.JPG
定番品の制作中。

下町言葉で言うと「しっちゃかめっちゃか」状態(笑)

ヘタすると自分の座る場所も無くなります。


レトロなポーチはしばらくご無沙汰だったので

また作り始めました〜。


これがね〜あ〜た、もう大変なんですよ。

まず布探しでしょ、押入れをしっかきまわして

(ひっかきまわして)痛い腰をさすりながら

布探検で三日費やしました。


なにしろ人間が住んでいるのか布が住んでいるのか

わからない家だもんですから・・・


やっとこさ好みの布をチョイスしてアイロンかけ。

洗ってないものは手洗いします。


柄合わせをして布カット。

次に〜片っ端から接着芯、キルト芯を貼るんですが

これも一日がかりの作業。もう肉体労働じゃ。


いえ、こんなの肉体労働なんて言ったら、こちらでは

裏の畑を耕してる私より一回りも二回りも年上の

ご先輩たちに叱られちゃいますけどね。


まあ〜こちらのお年寄りのお元気な事!

同じ人類とはとても思えません(笑)


ともかくこの作業は絶対手を抜けませんね。

簡単なデザインほど実はごまかしがきかないのです。


ここで丁寧に芯張りをすることで、古い布をいたわり

長持ちさせるし、また、その時傷みや破れなどが無いか

点検します。


傷みがあれば繕ってから裁断します。

お値段は安くなっちゃいますけど私は傷みや汚れの

ある布もこうしてできるだけ使います。


ミシンで縫うまでに一週間かかります。

でも好きなことですからね〜。


可愛いレトロな柄を見ていると癒されますし、

色の組み合わせを考えるのは楽しいです。


でも売る時になるとこれがまた大変。

小学生で祖母に教わり初めて縫物をして以来

ミシンを踏んで半世紀、古布にたずさわって30数年の

このあたしでも、値段付けには苦労します。


大体ショップやヤフオクには1000円〜2000円台で

出しておりますが、レトロ生地って高いんですよう!

儲けなんて出ませんが、まあ自分も楽しんでますからね。


ヤフオクは私はたまにしか出しませんが、現在完全に

買い手市場で、手作り出品者さんは皆さん大変苦労

されていると思います。


中には本当に道楽人のような方が、けっこう

手の込んだ「作品」を物凄く安く売っていたりね。


とは言ってもね、中には生活かかって必死で

やってらっしゃる方もいるんで、あんまりべらぼうに

安くしてもその方たちにも気の毒だと思いますね。


なので私は高くもなく、安くも無い値段で

お願いしておりますよ〜。(買ってね)


それから著作権なんかの問題もあって、

ネットショップでは問題ないですが、ヤフオクでは

作家名ではなくIDで出品しますからね。

雑誌に発表されたデザインはその旨表記してます。


これは自分の著作権を守るというよりは

雑誌に載っているデザインを私がコピーして

販売していると思われない為なんです。


以前「和布くらふと」さんで小物やポーチを

数多くご紹介いただいたものですから。


誰だってない頭を振り絞って考えたデザインを

コピーされて金儲けされたくないですが、

それ以上に気を遣う事もあったりします。


CIMG6578.JPG

うふん、また可愛いのできました〜。

左は口元をかがった巾着でツバメのお母さんの柄。

右はバネ口金のポーチ。大好きな猫さんの柄です。

この柄ももうあと僅かです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いつもお越しいただきありがとうございます。

色々置いていますのでどうぞ。



posted by おとめ at 11:23| Comment(0) | 古布バッグ・ポーチなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

鉄腕アトムのブローチ

CIMG8878.JPG
懐かしいブラウン管TVに写ったアトムのブローチです。
Retro Astroboy brooch


♬空を超えてららら星のかなた

ゆくぞアトムジェットの限り

心やさし〜ららら科学の子

十万馬力だ鉄腕アトム〜♬


この歌大好きです。

時々料理なんかしながら口ずさんでます。


なんたって谷川俊太郎さん作詞ですから〜。

名歌ですね。


てなことでアトムのブローチ作っちゃいました。

懐かしいSONY?の小型ブラウン管TV

持ってたんですよ〜


そこに写るのはアトム

これは子供の帯だった布でした。

珍しいものです。


アンテナ作るの苦労しました(;'∀')

でも可愛いです〜

お客様からもご好評いただきました〜。

嬉しいです〜♬


もっといろんな形の作ろうと思います。

調子にのってます〜。

デニムに合いそうなブローチです。

10万馬力出ちゃうかも(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもありがとうございます。


色々置いていますのでどうぞ。




posted by おとめ at 10:44| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

昭和レトロで乙女なブローチ 「缶バッジ」

みなさん、こんにちは〜。

先日のレトロフィーバー以来熱が下がりません。

せっせとブローチづくりです。


これは缶バッジ↓

CIMG4495.JPG
ビンテージの缶バッジがあったので

上にコラージュしてまたレジンで閉じ込めました。

かわゆい〜♪


CIMG4494.JPG
だっこちゃん柄の生地があったのでこれも閉じ込めちゃった。


CIMG4431.JPG
お絵描きを閉じ込めました〜。


この前の続きでこんなのも↓

CIMG4602.JPG
これうちのカール人形ちゃんの写真です。

バックは古布やビンテージ布。

CIMG4605.JPG
ミルクのみ猫のレトロなイラスト

大人がつけるには超可愛らしいですけど

Gジャンとかデニムならしっくり合います。


こうやってレトロな世界を閉じ込めていると

昭和30年代の思い出が次々と浮かび

また少女時代に戻った気になります。

・・・・・・・・・・・・・・

いつも読んでいただきありがとうございます。











posted by おとめ at 17:07| Comment(0) | 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

乙女なブローチの世界

みなさんこんばんは〜♪

なたね梅雨で雨が降りがちなこの頃・・・


小さい頃、雨降りで家の中にいる時は

たいていぬりえやお絵描きをしていました。


そんな昭和レトロな昔を思い出していたら

またお絵描きがしたくなって、そこらへんの

ボールペンやサインペンで・・・

CIMG4580.JPG
ぬりえ風のいたずら描きをしていました。



昭和30年〜40年代に一世を風靡した

きいち風や少女漫画風など気の向くままに描いて

懐かしんでいたら、ふとこれを使えないかな〜

と思いまして。


パソコンで縮小プリントしたんです。

そしたらこれがまあ、面白いのなんのって。


もうハマりましたよ。

さっそくこれを「部品」にして、あれこれの材料を

ひっかきまわして作ったのがこれ↓


CIMG4404.JPG
手描きのイラストを縮小すると

ブローチに丁度のサイズになりました。


ベースに古布を貼り、その上にコラージュしました。

雨にぬれても大丈夫なように「ラミネートフィルム」

でしっかりと閉じ込めたレトロな乙女の世界です(^^♪


まわりはおフランスのアンティークレースで囲み

ビンテージ風のペーパーやお花のパーツなどで

可愛く飾ってあげました。


うらはこんな感じで↓

CIMG4405.JPG
合成皮革を貼ったのでしっかりとしてます。


CIMG4407.JPG
こちらは大正風の女の子。

まわりに錦紗縮緬とアンティークレースでトリミング

そして小さな小さな押絵をアレンジ。


CIMG4421.JPG
キューピーちゃん💛


こんなのも↓

CIMG4427.JPG
明治の女性が猫を抱っこしてます。

切り抜きの文字は夢二の詩の一節。

背景は贅沢にも江戸縮緬です。


巾着やバッグ、帽子につけたり、シンプルな

手編みのセーターやデニムの服につけたりと

色々楽しめそう。


その昔のまたむかし、これでも中学の頃は

牧美也子や千葉てつやなどの漫画家にあこがれて

描き方を自己流で勉強していたことがあったんです。


もちろん夢は破れましたけど、今はこんな

楽しみ方ができてとても嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもご訪問ありがとうございます。


お譲りもしています。

posted by おとめ at 21:33| 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

大正浪漫 乙女なブローチ できました〜

CIMG4552.JPG

4人姉妹がせいぞろい


けっこう時間かかっちゃったんですけど

花も盛りの乙女たちができました〜。


ではご紹介。


まずは長女さまから。

CIMG4503.JPG

いえ、一番はじめにできたんで長女なんですけど(;'∀')

あまり・・・深く・・・考えずにいきましょう(笑)


グリーンの地にオレンジ系のお着物がとてもきれい。

なんとなく落ち着いた中にも華やかな美人です。


お次は次女。

CIMG4549.JPG

ちょっぴり個性的でロマンチスト。

野の花が似合う自然体の人でもあります。


お次は三女のこの方。

CIMG4546.JPG

姉妹の中で一番思いやりが合って優しい人。

欠点は臆病で引っ込み思案なところかな。

楚々とした風情に日傘がよく似合います。


さてさて、最後は末っ子のこのかた。

CIMG4543.JPG

甘えん坊でちょっぴり泣き虫。

でも愛らしい性格で誰にも好かれます。


・・・・・なんて、なんて、勝手に想像してますけど

女性4人の姉妹って華やかですよね〜。


あの文豪の、ええと、谷崎さんも書いてます。

明治〜大正時代はけっこう子だくさんだったから、

4人姉妹なんてのもザラだったかも知れません。


あとオルコットの「若草物語」は有名ですね。

映画でも見ました。

私はたしか三女のジョーが好きでした。

末っ子のエイミーはまだ若いリズ・テーラーが

演じていたのかな。よく覚えてませんが。


コットンこばやしさんのこの布地、現代ものなのに

古い18世紀のレースや古布を合わせてもあらフシギ

全然違和感感じません。


このレースはジュネーブの義妹の家を訪れた時に

いつも近所やパリの蚤の市まで足を運んで

せっせと買い集めたものです。


それがだいぶたまってますので、ずっと

何かに使えないかな〜と思っていました。


綺麗なビーズも沢山ちりばめたんですよ〜。

ちょっと画像がわかりにくいですが・・・

画像クリックして拡大するとよく見えます。


西洋と日本がうまくミックスされた

大正浪漫の世界、大好きです〜。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもご訪問ありがとうございます。


お譲りもしています。




posted by おとめ at 14:34| 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

春を喜ぶお人形たち

CIMG4536.JPG
春のひざしにの〜んびりのお人形たち


あったかくなりましたね〜♪

東京の暖かさにどっぷりつかっていたせいか

信州の寒さはかなりこたえました。


あかぎれもかなり悪化して細かい作業もできず

辛い事もありました。


でももう春です〜!もうこっちのもんです(笑)

体も軽くなったせいか、片づけものをしてたら

古いコレクションが一杯出てきました。


引っ越しの片づけをするのが精いっぱいで

なかなか人形遊びもする気になれなかったのです。


でも部屋の中はもういっぱいいっぱいで

洒落た飾り棚もありません。


と、その時でした。

以前100均(ダイソー)の額縁と安い木材で

写真のようなプチ飾り棚を作っていたことを

やっと思い出したのは。


「あれを使えばいいじゃないのさ」

ぱち〜ん!

春の野辺のように霞のかかった私の脳内にも

やっと明るい電燈がともったのです。

さっそく実行。


きょえ〜かわゆい〜〜〜!と一人で感動。

ね、見て見て、とここで見せびらかしますね。


CIMG4537.JPG

大好きなキューピーちゃんやセルロイドのアクセサリー


このちっちゃな指輪、私の小指にもはまらないくらい

超ぷちサイズ。昔駄菓子屋に売ってたものです。


CIMG4538.JPG

まだ肌寒いのでカール人形ちゃんには

手製のワンピースの上にセーターも着せてあげたら

この場になじんで、もう動きたくなさそう。


CIMG4539.JPG

セルロイドの仲良し姉妹。

私と妹みたいです。


CIMG4540.JPG

セルロイドの犬。鳴きます。

ずっと猫だと思ってた(笑)


古びたセルロイドのピンクや赤は春のひざしに

とっても良く似合いますね!


ところで、先日の大正浪漫乙女たちも

あともう少しでできあがります。

お好きな方はお楽しみに〜〜〜。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもありがとうございます。

やっと本来のおとめに戻りつつあるこの頃です。







posted by おとめ at 10:37| Comment(0) | お人形たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

大正浪漫 乙女なブローチ

CIMG4503.JPG
大正浪漫な乙女のブローチです♪

Retro & girly brooch made with fabric upcycled etc.



なんだか〜春風とともに〜無性に乙女心がですね〜

再燃というか〜

こう可愛くてロマンチックで懐かしいものを作れ!

と言っているんですよ。


はい、私の中のもう消えかかりそうになっていた

乙女心がよみがえったみたいなんです〜。


それでこんなの作りました。

乙女の生地は現代布ですが、コットンこばやしさんの

ヒット商品で「乙女かるた」だったかな?


一目で気に入って購入してずっとしまっておいたもの。

もう今は作っていないと思います。


可愛い大正乙女たちがいろいろプリントされてて

このイラストレーターさんはどなたかな。

すごく好きです。


乙女のまわりに丁寧にアレンジしたのは、やはりずっと

コレクションしていたフランスのアンティークレースや

日本の古布です。


このレースと和布の組み合わせってずっと好きで

よく使います。


シンプルなブラウスやワンピースにつけてもいいし

銘仙のバッグとかにも可愛いかも。


あとちょっとキッチュな感じのお洒落が好きな人なら

アンティーク着物の帯の上のほうにちょこんとつけても

すごく可愛いと思います。

帯留というより帯飾りの感覚でどうでしょ?


この子が第一号ですが、まだ他の子も制作中ですので

後でアップしますね。

・・・・・・・・・・・・・

いつもご訪問ありがとうございます。


お譲りもしています。




posted by おとめ at 18:48| Comment(0) | 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

古布バッグ・昭和レトロ「路地裏の絵かきたち」

CIMG4390.JPG

レトロなコラージュバッグ
「路地裏の絵かきたち」


先日に本で紹介いただいたバッグ新作です。


三丁目の夕日という映画がありましたが

まさに自分が幼かった頃のそんな思い出が

一杯つまったものが作りたくてできたバッグです。


戦後の復興も一段落して、でもまだまだ町には

空き地があちこちにあって、開発もされていず、

狭い路地裏は子供たちの天国でした。


これからちょっとそんな場所へ行ってみませんか?

CIMG4391.JPG

昔の路地裏の子供たちを描いた絶好の布を

ずっと大事にしていましたが、今回ついにお目見え。


多分戦前の子供着物の布でモスリンです。

このとっておきの布を中心にすえました。


ちょっと昭和30年代よりは古いのですが、

どっちにしても昭和レトロです。


この柄は本当に良い絵で味わいがあると思います。

地面にチョークで、あの頃はローセキっていうのがあって

それでみんなよく絵を描いてましたっけ。


手が汚れると「紙せっけん」で手を洗ったり・・・

あっ、それから地面にこするといい匂いがする

「匂いガラス」っていうのもありましたね。


私もご多分にもれず、よく落書きはしました。

地面に丸を沢山書いて石蹴りもしました。


あきるとゴム飛びをしたり、マリつきをしたり、

男の子はベーゴマやビー玉を転がしたり、

路地裏はいつも子供たちの声で一杯でした。


CIMG4392.JPG

よく駄菓子屋に売ってたおもちゃの時計。

そのままくっつけました(笑)


CIMG4394.JPG

ボタンのループは大好きなマリービスケットではさんでます。


CIMG4396.JPG

こっち側にはへろへろ人形が〜当時物のビンテージです。

今へろへろ人形がブームになってしまって高価に。

もっとコレクションしたいけどなかなかです・・・


このへろへろさんは文化人形のミニチュアみたいなもので

私の頃より母の時代の乙女に人気があったようです。


CIMG4399.JPG

昭和30年代以前の子供たちの世界ではどうしても

キューピーさんがいないと片手落ちなのでフエルトに

描いてくっつけました。


やたら色々くっつけたバッグです(笑)

あの頃を思い出しながら思い切り楽しんで、

遊びながら制作していました。


他にもセルロイドの小さなピストルとか風船とか

「あ〜!これ持ってた!」ていうようなおもちゃと

ビンテージの洋服地やアンティークレースなどを

色々組み合わせるのが楽しかったです。

CIMG4393.JPG
前がゴテゴテなので後ろ側はシンプルです。


CIMG4395.JPG
懐かしい三輪車

てかこのブランケットステッチ自体懐かしいでしょ?


なんか年とともにどんどん子供に帰ってるような

そんな気がするこの頃です。


これからももっともっと古布で遊んで幼い頃へ

タイムスリップしようと考えておりますので

どうぞお楽しみに〜。
posted by おとめ at 21:07| 古布バッグ・ポーチなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

和布と手作り4

CIMG4225.JPG
エフジー武蔵「和布と手作り4」


みなさまこんにちは。

信州も長い長い冬のトンネルをぬけ

暖かい春の気配がやっとやってきました。


2月に発売になったこちらの本ですが

ご紹介が遅れましたが、最新の作品を

紹介していただきました。


今回もとても素晴らしい内容でして

古布好きな作家さん達の力作が満載です。


うっとり見とれる作品も多い中で

ちょっぴりお恥ずかしいですが

私のページは以下のとおりです:


CIMG4231.JPG
まずこちらはコラージュのベストです。

とっておきの猫の布をアップリケ。

久々に乙女らしい作品となりました。


デジカメが壊れてしまって間に合わせのカメラ

でとりましたので画像が悪いですね(;´Д`)


CIMG4226.JPG
こちらはコラージュのバッグ三点です。

左側が新作「路地裏の絵かきたち」です。

写真がほとんど見えませんのであとで

改めてご紹介させていただきますね。


CIMG4227.JPG
右側はすでにブログでご紹介しましたスカートで

子供着物やアンティークレースをコラージュ。

二つとも古き良き時代の大正浪漫溢れる作品です。


CIMG4229.JPG
小物作品も紹介していただきました。

お客様にもご好評の猫ちゃんブローチや

レトロなおきあがりこぼしなど・・・


CIMG4230.JPG
こちらは先日もアップしましたマリービスケットちゃんと

そのお仲間たちです〜。

このバックの色合いといい、文字のレトロ感といい

さすがエフジー武蔵さん、と、うなってしまいます。


ここ数年間は主人や母を亡くした悲しみから

なんとなくやる気を失くしていた作品作りですが

こうして見て見るとけっこう作ってますね、わたし(笑)


こんだけ作ればたくさんだじ、と信州弁でひとりごと

言っちゃったりしました。


いろんな手法もためしたくなってきたので

まずは小物づくりから〜ブローチとか〜を

せっせと試作する毎日です。


ブログにアップする時間が惜しくて、朝から晩まで

創作に没頭しています。

そんなわけで更新がなかなかできませんでした。


思うと、編集長のKさんとのメールでの打ち合わせで

その間に自分が作りたいもののイメージがどんどん

ふくらんでいくのを感じました。


あれもこれもとデザインが浮かび、デザインノートが

一杯になりました。嬉しい悲鳴です。

もちろん手は二本しかないのでどれだけのものが

実現するかは不明ですが。


私が古布に目覚めたばかりの30数年前はまだまだ

古布自体が珍しくて、何を作っても珍しがられました。


けれども今は作る人がこれだけたくさん出てきて

その中でマンネリ化せず、自分らしさを表現するのは

とても難しくなりました。


けれども、まあ、そう気負わずに、楽しみながら

私(乙女)らしいものをこれからも作っていけたらな〜

とやっと思えるようになってきました。


実にいつもお声をかけて下さるKさんのおかげです。

そして、今回もこんなに素敵に作品をご紹介くださった

編集スタッフの皆様、そしていつもブログに来て下さる

みなさまのおかげでここまでこれました。

本当にありがとうございました。


今回のこの一冊もとっても美しいご本です。

本屋さんで是非手に取ってご覧くださいね。










posted by おとめ at 11:34| 作品展・雑誌掲載など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

マリービスケットのブローチ

CIMG9064.JPG
マリービスケットのブローチ
Bisquit shaped brooch made from antique chirimen silk


皆さんこんにちは〜♪

もう松の内も過ぎて寒い日が続きますね。

ところで・・・・・


大好きなマリービスケットです。

食べられませんが(笑)


これはずいぶん昔に考えついて

当時はたくさん作ったんですが、

それを撮影のためにお皿に載せといたんです。


そうしたら手をのばして食べようと

した人がいたんです(笑)


近所のブティックでのお話ですけど。

懐かしい思い出です。


また作りたくなってやってみましたが

なにげないデザインですけど

ありそうで、ないでしょ?こんなの。


スカーフどめやセーターにちょっとつけると

可愛いんですよ〜♪


縮緬は色が淡過ぎたので紅茶でちょっと

染めてあります。


ビスケット食べながら、紅茶飲んで

その出がらしを再利用・・・

なんだか超エコですね(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもたくさんのアクセスありがとうございます。

ご質問、ご意見、コメントなどありましたら

ネットショップのお問い合わせより

お願いいたします。

Please feel free to leave comments 

from here.
posted by おとめ at 08:09| 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

親子猫のバッグ

CIMG9161.JPG
親子猫のバッグできました〜♪
Sashiko Bag'A mother cat & kitten'

久しぶりのバッグ作りです。

お母さんの背中あったか〜い!

と甘えている子猫ちゃん。


絣などいろんな古布に刺し子をしました。

この頃また刺し子がやりたくなったので

ちくちく、ちくちくしてたら面白くなって

こんなに刺しちゃった。

CIMG9163.JPG
後ろ側。ケータイ・スマホぽっけ付けました。

CIMG9165.JPG
飾り布をひらひらはさんでかわゆく。
プラス猫じゃらしを刺繍


刺し子って、アレですね〜、あのよくあるでしょ

梱包材のぷちぷちをつぶすの好きな人。

なんとなくあの感じに似てますね 笑


始めるとやめられなくなります。

CIMG9162.JPG

愛情込めていっぱい刺しました。


うちの親子は仲が相変わらず悪いので

困ったもんです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもたくさんのアクセスありがとうございます。

ご質問、ご意見、コメントなどありましたら

ネットショップのお問い合わせより

お願いいたします。

Please feel free to leave comments 

from here.
posted by おとめ at 17:46| 古布バッグ・ポーチなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

レトロなお弁当

CIMG8915.JPG
小さな小さな縮緬のお弁当
Tiny OBENTO with chirimen silk


懐かしい昭和のお弁当を作ってみました〜。

まだ小学生の頃は学校給食が始まったばかりで

週に何日かはお弁当を持って行った記憶があります。


冬の寒い日はダルマストーブのまわりに金網の棚があり

そこでいっせいにお弁当を温めたもんです。

お昼近くになるとぷ〜んとお弁当の匂いがただよい

腹の虫が頼みもしないのに泣いたっけ。


CIMG8917.JPG

当時のお弁当箱って女の子用はこんな花柄で

アルマイトっていうアルミの一種でできてました。

ただただ懐かしいです。


こちらのおかずはえ〜と、ごはんの上に梅干しのっけて

ゴマを散らしてあとたくあんでしょ〜

それから焼いた塩じゃけとヒジキの煮つけ

あとは大好きな玉子焼き〜〜〜〜


CIMG4861.JPG
こっちは蓋の無いバージョン作りました。

当時の定番だったうずら豆の煮ものも入れました。


今海外では日本のOBENTOが大人気。

私はちょっと食欲が無いときなどわざとお弁当箱に

おかずとご飯を詰めてみます。

そうすると同じ物でもぐっと美味しく感じるんですよ。

不思議ですね〜。


母親が商売をしていて忙しかったときなど

お弁当箱をあけるのが怖かったんです。

何故かって?

蓋をとると「真っ黒け」なんですよ。


べったり一面に海苔がのせてあって

あいだに醤油をからめた花かつおが

サンドイッチみたいにはさんであって

上にちょこんとたくあんが載ってました。


その時はもう恥ずかしくて恥ずかしくて

まわりのお友達の具沢山なお弁当が

心底うらやましかったです。


でも、今思うと忙しい中そうやって

正統派?ののり弁を作ってくれた母親に

感謝で一杯になります。。。


CIMG4862.JPG
裏側も可愛い子供着物の布で。

CIMG8916.JPG
こっちは猫さんの柄です。

食欲の秋。。。食いしん坊の私は

またおいしそうなものを続々作りそうです(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いつもたくさんのアクセスありがとうございます。

ご質問、ご意見、コメントなどありましたら

ネットショップのお問い合わせより

お願いいたします。

Please feel free to leave comments 

from here.
posted by おとめ at 10:13| 押絵のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

久しぶりの縮緬ミニチュア

CIMG8830.JPG

お裁縫箱の新バージョンです♪

まず箱を文箱型にしてみました〜。

こんな形のお裁縫箱むかしもってましたっけ。


セルロイドでできていて、かわいい花や

お人形の絵がついてました。


CIMG8831.JPG

次に「三の二」の縫い針もつけました。

中にちゃんと針が入ってます。

針金ですけど(笑)


なんか無性に小さなものが作りたくなって

またやってみたんですけど、

我ながら凝りすぎ!


指ぬき作る時は気が狂いそうになりました(爆)

・・・・・・・・・・・・・・・・


いつもたくさんのアクセスありがとうございます。

ご質問、ご意見、コメントなどありましたら

ネットショップのお問い合わせより

お願いいたします。

Please feel free to leave comments 

from here.

posted by おとめ at 08:42| ままごと(縮緬ミニチュア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

ポシェット「猫顔洗いの図」

CIMG7265.JPG
刺し子のポシェット 「猫の顔洗い」です。



皆さまずいぶんお久し振りです〜。

昨年こちらへ越してからちょうど一年になりました。


疲れが今頃出たのか、夏には2か月ほど

原因不明の感染症で寝込んでしまいました。

でも友人や身内の励ましがあって、なんとか回復

おかげさまで今では無事に過ごしております。


でも、なんですね、この年になっての引っ越してのは

新しい土地になじむまでだいぶかかりますね。


買い物するにもこのあたりでは皆さん車でして、

運転できない私はリュックをしょってよっこらしょっと

歩いて15分ほどのスーパーまで行かねばなりません。


東京にいた時は近くのスーパーは冷蔵庫のかわりで

何でもちょっと行けばコンビニも八百屋もあり

にぎやかで楽しいもんでしたが。。。


秋風の到来とともにふとそんな寂しさを感じる

この頃のおとめでございます。


まあ、そんな私を慰めてくれるのは、当然

相も変わらず二匹のひげのはえた相棒たちでして。。。

朝からドタバタ喧嘩をしたり、追いかけっこしたりで

騒々しいことでございまして。。。


いっしょうオムツのとれない赤ん坊みたいに

猫を飼うというのはけっこう手間がかかります。

トイレの掃除だけでもひと働きですが。


そうはいっても、猫が小春日和にのんびり

顔を洗っている図なんてのは、飼い主冥利に尽き

何度見てもいいものでございます。


CIMG7266.JPG


そんなわけで今回の作品は素朴なポシェット

「猫顔洗いの図」でございます。

ああ、やっと話がつながった (;´・ω・)


私はこの顔洗いをしている猫と言うのが

本当に好きでして、いつかも同じデザインで

こんなポーチ作りましたっけね〜。


前回の「お魚くわえた猫」とのおついで作ったような

感じでして、実はこれ古い野良着の袖の再利用なんです。


くたっとこなれた藍木綿にちくちく刺し子をして

柿渋染めした木綿布に手描きで猫を描き、また

その上から刺し子を入れてあります。

名付けて「刺し子絵」


この手法で色々これから展開していけたらな〜

と思っています。あくまでも相変わらず

思っているだけ〜ですけど(笑)


できあがったらとても可愛いので自分用に

欲しかったのですが。。。

ご購入いただいたお客様がことのほか

気に入って下さいました。

作者冥利につきますね。

ありがとうございます。

m(__)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いつもたくさんのアクセスありがとうございます。

ご質問、ご意見、コメントなどありましたら

ネットショップのお問い合わせより

お願いいたします。

Please feel free to leave comments 

from here.


posted by おとめ at 00:08| 古布バッグ・ポーチなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

春は名のみだけどね〜

CIMG7536.JPG
やっとチューリップの芽が出てきました♪

信州の春は遅いです。

小学生の頃みんなでチューリップの球根植えたっけな〜

花が咲いた時の嬉しさと言ったら!

ただ花が咲いただけで嬉しかったあの頃。

わけもなく楽しくて、自然も風もすべてと友達だった。。。

あれ以来ガーデニングきちがいの私。

CIMG7538.JPG
バラのクリムソングローリーが一番乗りで芽吹いてます。

赤い芽が綺麗です。バラは花が無くても

一年中こうして楽しませてくれます。

CIMG7537.JPG
追いかけるようにこちらも。

以前の屋上ガーデンに比べて狭いけど

狭いなら狭いなりに楽しめます。

CIMG7539.JPG
東京では冬中元気だったパンジーも

こちらでは縮こまっていますが

なんとか咲いてます。

フリージアも植えたけどこちらの寒さには勝てず

せっかく出た芽も枯れました。

色々今までとは勝手が違います。

こんなちっぽけなスペースでも

自然の摂理は働いていて

逝くものと残るものがあるんだな〜




posted by おとめ at 10:37| Comment(4) | おとめの庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

古布ポーチ〜お魚くわえた野良ネコの図

お魚くわえた野良ネコポーチ
A cat design sashiko tiny bag
CIMG7261.JPG

♪お魚くわえた野良ネコを追いかけて
はだしで飛び出す 愉快なサザエさん〜♪
てか〜

てな感じでゆる〜く刺し子して小さなポーチ作りました。

いつかもっと発展させたいな〜と思っていた
「刺し子」+「手描き」の手法でもって
なんとなく描いておいた野良ちゃんの絵。。。

やっと日の目を見ました。

柿渋染めした木綿布にへたくそな絵描きました。
その上から刺し子を刺繍感覚でほどこしています。

見てやってください、この意気揚々とした顔
CIMG7327.JPG

威風堂々とあわれなお魚ちゃんをくわえた野良さん
たくましく生きる漁村の子かも。。。

うちの猫といえば。。。
CIMG6883.JPG
新居が日当たりの良いことを幸いに
一日眠りをむさぼるていたらく

「おい!早く自分のごはんくらい
ゲットしてきなさいよ」と文句の一つも
言いたくなる貴族暮らし。

こっちのお嬢さんは:
CIMG6872.JPG
ただ今瞑想中。邪魔するなってか〜

はいはい、わかりましたよ。
今晩のごはんがお気に召しますように。

残さないで食べるんだよ!

CIMG7262.JPG
裏側です。
野良にしてはちょっと贅沢な食べっぷり。
魚の頭残したな?

ま、港じゃいくらでも獲れるってか〜
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ご訪問ありがとうございます。
いつも沢山のアクセス心から感謝申し上げます。m(__)m


posted by おとめ at 20:20| Comment(2) | 古布バッグ・ポーチなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

うちの招き猫

CIMG6907.JPG
古布の招き猫バッグです♪
"Manekineko"(good luck cat)bag
made from vintage kimono fabric

CIMG6908.JPG
↑大入り袋も下げて。。。刺し子もちょっと。

CIMG6911.JPG
↑ピンクの耳やほっぺ、肉球の布は
江戸時代の紅花染めの木綿というぜいたく者
pink cheeks and ears are from
very old fabric of edo period.

CIMG6909.JPG
↑後姿

実はね〜これまだ亭主が存命中に作ったもので

へそくり隠しだったんですよ〜
CIMG6910.JPG
Good for lottery ww...
でも〜幸か不幸かもうテキさんはいないから

今は宝くじ入れにしました(笑)

実は8月に母親もとうとう亡くなりまして

地方の妹家族のいる所へ越しました。

日本アルプス連山に囲まれた良いところです。
CIMG6869.JPG

朝目が覚めると目の前の植え込みに霜が。。。
CIMG6884.JPG

こんな綺麗なもの東京じゃ見られませんでした。

新居での生活についてはまたあとで書きますね。

とりあえず空気の綺麗な自然に囲まれたところで

いろんなイメージが湧き

また創作意欲が出てきました。

最愛の連れ合いが亡くなってもう二年半以上たち

その間精神的にもあちこちさ迷っていまして

とてもじゃないけどモノ作りは。。。という状態が

長いこと続きました。

とどめが母の急逝でして。

身も心も崩れそうになった時、こちらに

アトリエにぴったりの住まいが見つかりました。

まさに母の魂からのプレゼントでした。

こちらに越してから

綺麗な空気と水のおかげか

妹夫婦の優しい心遣いのおかげか

何か憑き物から解き放たれたような

悪い夢からさめたような気持ちになりました。

まだまだ悲しみに負けそうになりますが

やっとまた色々作っていこうという気に。。。

手仕事をしていると本当に癒されます。

下町おとめがアルプスおとめになりました〜♪

まだまだ引っ越し後の片付けや雑事に忙しく

なかなか今まで東京でお世話になった方々に

ゆっくり連絡もできず申し訳なく思っています。

皆様これまで色々とありがとうございました。

深くお礼申し上げます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
posted by おとめ at 10:22| Comment(8) | 古布バッグ・ポーチなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

「和布と手作り」着せ替え人形

皆さまお久しぶりです。
長いこと更新できず申し訳ありませんでした。
先日本屋さんへ何気なく入りました。

それでとても素敵な本があったので手にとりました。
「和布と手作り」(株)エフジー武蔵
ふむふむ。。。洒落た装丁だこと。
CIMG5919.JPG

手に取ってすぐに作り方頁を見るのが
私のクセです。
CIMG5922.JPG

あれれ。。。なんだか見たことあるような。。。
お人形の着物?
CIMG5920.JPG

びっくりしてもう一度最初から見ると。。。
なんと一ページ目に自分の作品が(笑)そういえばそうだった。
これは自分が作った着せ替え人形とそのお衣装だったっけ。
ご親切な編集部の方からご依頼を受けて。。。

とやっと思い出して、何だかとてもハッピーに。
すっかり忘れていたんです。本当に。。。

お人形が大好きな私が気の向くままに
古い縮緬100%で作った着せ替え人形。

もうすぐ主人の三回忌で、なんだか落ち着かず
悲しみで一杯でした。
桜と共に散っていった夫。。。
お人形遊びもする気にはなれませんでした。

でも今日はふと現実に帰りとてもハッピーに
なりました。
そうだ、ブログで早速紹介しなくては。

人生色々ありますが、辛い思いも楽しい思いも
全部自分次第なのかな〜と思える
今日この頃です。。。

CIMG5921.JPG
裏側にもお人形載せていただきました♪

着物リメイクのお洋服もとても素敵な記事が多くて
魅せられました。
また頑張る気力が湧いてきました♪

編集部の皆様、読者の皆さま
本当にいつもありがとうございます。
これからも宜しくお願い申し上げます。

posted by おとめ at 20:55| Comment(2) | 作品展・雑誌掲載など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

古布・昭和レトロな子供着物でスカート

♪おうまのおやこはなかよしこよし

いつでもいっしょに

ぽっくりぽっくりあるく〜〜〜♪

。。。。。。。。

。。。。。。。。

えっ? やっぱ古い?(^^;)

だって 私は

レトロな乙女ですもん〜。

今も昔も変わらない子供達。。。

f196.jpg
戦前(1930〜40年頃)の古布。モスリンです。

ビンテージ(Vintage)布というのでしょうか。

アンティークとまではいかないのですが

こんなレトロで可愛い布が大好きです〜。

特に子供の柄や

動物柄など。

ほとんど大正〜戦前頃(1920〜1940)

の子供着物の布ですが

見ると買わずにいられません。

一杯集めました〜。

その中から特に大切な布たちを

パッチワークしてみました。

たとえば。。。

こんなのや

ae77.jpg
大好きな猫や犬 それに

夕焼けこやけの

童謡の文字が見えますか?

b916.jpg
こんなのも。。。

ぬいぐるみのトラがいいですね♪

229a.jpg
水遊びの子供達もかわいいでしょ。

好きな布をつなげて

798c.jpg
つなげて。。。

eb63.jpg
ほつれたところや

汚れなどは

アンティークのレースや

リボンで隠しました。

それが

ついでに可愛いアクセントにも。。。

実はこれ

afcf.jpg
スカートでした〜。

8fb4.jpg
反対側

なんだか とっても

幸せな気分になれるスカートです。

子供着物を服にするのは

ちょっとむずかしかったのですが

どうしても作りたくて。。。

裏地もつけて 

一年中着用できるようにしました。

色をシックに抑えたので

なんとかこの年でもはけるかな〜?(笑)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
posted by おとめ at 22:41| Comment(2) | 古布の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする